あなたの歯科医院に質の高い患者を集める5つの方法 ③

技術の偏重

あなたの歯科医院に質の高い患者を集める方法について

話をしています。

再現性にフォーカスして「集患の仕組みを作ること」が

重要でしたね。

 

 

 

ここでいう『再現性』とは条件を整えて、プロセスに従って

タスクを遂行すれば、一定の結果が常に得られること、になります。

 

 

集患の仕組みを理解してこれを作り上げることで

改善可能で継続的に患者を集め続ける手段を

手に入れることになるのです。

そのための第1歩として

「条件」を整えることについて今回はお話しします。

 

 

あなたの歯科医院に質の高い患者を集める方法その2

パラダイムをシフトさせる

どんなパラダイムをどのようにシフトするかの前に、

有名なマーケティングの逸話があるので紹介します。

 

 

ゲーリー・ハルバートという世界一と呼ばれた

コピーライターのセミナーでの話です。

 

 

ゲーリーはセミナー参加者にこんな質問をしました。

「私とここにいる君たち全員がハンバーガー屋を始めて、

誰が一番売れるかを競争したとする。

あなたならその競争に勝つためにどんな”条件”が欲しい?」

 

 

「隠し味に使う秘密のソースが欲しい」…

「最高の牛肉が必要だ」…「最高の場所」…

「最も低価格で売ること」…いろいろな意見が出ました。

 

 

これに対してゲーリーはこう答えたのです。

「よろしい。あなたたちにその条件を全部そろえてあげましょう。

その代わりに、私はたった一つだけ欲しいものがある。

それだけで私はあなた達全員に勝つ事ができますよ。」

 

 

「一体、何が欲しいんだ?」その場の受講者が尋ねました。

「私がたった一つだけ欲しいもの…それは…」彼は答えました。

 

「腹を空かせた群衆だよ!」

 

 

さて、あなたは患者が来ないと、

「技術不足」「設備不足」と思ってしまい、

「技術向上」「治療環境改善」にばかり

意識が向いていないでしょうか。

 

 

あるいは、繁盛している他の競合医院の様子を見て

「あんな腕で大したことない治療をしやがって」

「その場所なら繁盛して当たり前だ」

と感じていないでしょうか。

 

 

もちろん、「技術」や「環境」が

重要だということには異を唱える気はありません。

ただし、多くのドクターは「技術・環境志向」に

極端に偏ってしまっているのです。

 

 

つまり、「自分」もしくは「自分の医院」を

向上させれば患者が来てくれる、という考え方です。

このパラダイムを変える必要があるのです。

 

 

そもそも「技術」「環境」が良いのは大前提

 あなたの歯科医院に質の高い患者を集めたいのであれば

「技術」「環境」がある程度「良い」というのは

大前提の話であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。

少なくとも、「技術」「環境」が

歯科医院を経営するに足るレベルであることは大前提でしょう。

 

 

質の高い患者を集めたいのであれば、「技術」「環境」は

あるレベルまでは必要不可欠ですが、そこから先は

質の高い患者を集めるために特有の

「技術」「環境」とは別のことが必要になるのです。

 

 

この認識が大変重要な「条件」なのです。

この認識がないままでいくら施策を打っても

「再現性」は得られません。

 

 

いつ行っても一定の成果に結びつく

「再現性」を確保するために

この『条件』は外せないのです。

 

 

再現性を確保する条件が整ったところで、

次回は「集患の仕組み」のプロセスを話していきます。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

実際にこのような「経営」「集患」の話は

歯科大学でも勤務先でも

聞いたことがない方がほとんどでしょう。

 

 

現在でも「技術」を磨きさえすれば

患者はあとから来てくれるものと

信じて疑わないドクターは山ほどいます。

 

 

ではなぜそれがまかり通ってきたのでしょうか。

大多数の認識を常識とするならば

「技術が良ければ患者が来る」という

間違った常識が作られてしまったのはなぜでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です