一般向けの歯科記事から患者を増やすたった3つのコツ 4/5

あなたがみつけた歯科に関する記事を活用して

いかにして患者の来院を促すについて話しています。

例として引用した記事はこちらです。

『症状消えても完治ではない 歯の健康は「メンテナンス」が肝心』

・日刊ゲンダイ 2015年5月12日 (全文はこちら)

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/159663/1

 

記事に補足する形で患者の感情を動かし、なおかつ、

あなたの歯科医院に通院を促さなければなりません。

そのために「歯科医院を受診する理由」と

「あなたの歯科医院を受診する理由」を示すコトを話しました。

 

 

さらに「患者のとるべき行動」と

「あなたの医院の対応」を細かく示すコトを話しました。

今回は3番目にして最重要のコツです。

 

 

一般向けの歯科記事から患者を増やすコツ その3

やったらどうなる?やらなかったらどうなる?

 

 

患者があなたの医院に来院して治療等を受けたらどうなるか?

受けなかったらどうなるか?他の医院ならどうなるか?

こういった『○○したら(しなかったら)××になる』を

患者に実感できるレベルで示します。

 

 

たいていの場合、記事で強調されているのは

○○する←→○○しない,うれしい結末←→イヤな結末

これらのどちらかだけです。

 

 

例に挙げた記事でいえば、

「メンテナンスを受けない」と「美味しく食べられない」

となります。

 

 

あなたは「メンテナンスを受けない」どうなるのかを

具体的にイメージさせる言葉で補足します。

 

 

「腫れて膿が出ます」よりも「口臭がキツくなります」

と、した方が良いですし、さらに良いのは

「お友達やお孫さんが離れていきます」のような表現です。

 

 

確実にイメージができて、“心の痛み” “喜び” “つらさ“

“楽しさ”などを言い表す言葉を探しましょう。

 

 

さらにあまり記事では言及していない

「メンテナンスを受ける」とどうなるのかを

同様にイメージできる言葉で言い表して下さい。

 

 

どちらか片方だけよりも対比させながら話す方が、

患者の感情は大きく動きやすくなります。

同じ動くにしてもその振れ幅が大きくなります。

 

 

患者のその時に感じるであろう気持ちを

代弁するようなつもりで言葉をつないでいくと

患者の心にあなたのメッセージが

届きやすくなっていきます。

 


 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回の話も応用範囲が広いものです。

例えば、治療内容の説明に『対比』が使えると

良いものはより素晴らしく、悪いものは悲劇的に

患者に伝わるようになります。

 

 

さらに我々歯科医師が耳にタコができるほど

あらゆる場面で言われ続けているコトの

解決策にもなります。

 

 

ではその「言われ続けていること」とは

どんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

(ここは考える時間です)

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

 

考えてみましたか?

 

本日はこれにて終了です。

 

でもお別れの前に・・・

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

==========================

 

 

“近”が深堀して出した答えは

毎日発行している会員限定日刊メルマガ

(登録はこちらから)

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

ここで話しています。

答え合わせをしたいと思われたら登録いただき、

確かめてみることをオススメします!

 

 

 

そして

 

 

 

あなたの歯科医院の繁盛と

あなたの成功を真剣に願っています!!

 

おなじ歯科医師同士、苦労が他人事と思えない分だけ、

報われる日が1日でも早く訪れてほしいと

心から思うわけです。

 

=============================

 

以上、参考になったでしょうか。

 

これまでにも、日常の中から歯科医院経営のヒントを掘り出しています。

「気付き」にまとめておりますので、読み流すと楽しいかもしれません。

 

==========================

 

ありがとうございました。

 

 

近  義武

 


 

もしあなたに質問・疑問等がありましたら、

遠慮なく“近”までお問い合わせください。

 

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

患者説明についてもさらに詳しく話していますよ。

コアな話題を配信中です。

 

興味が湧きましたら登録をして下さいね。

 

■「会員限定メルマガ登録」

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今なら無料動画セミナーをもれなく進呈!


 

P.S.

会員登録は無料です。

メルマガはいつでもストップできます。

お気軽に登録して下さい。

 

 

P.P.S.

歯科医院経営、集患・増患のお手伝いをしています。

 

 

先生を信頼してくれる患者さん、

あなたの歯科医院が大好きなお客さん、

仕組みでシッカリ集めていますか?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

歯科医師

歯科医院経営アドバイザー

新患獲得・集患増患コーディネーター

 

intellectual(インテレクチュァル)

代表  近  義武

 

 

■「お問い合わせ」

↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

 

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

応援、ありがとうございます!

是非クリックして下さい。

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

  

=========================

 

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー