患者が集まらない歯科医院の院長が持っているたった1つの思い込み

集患の意識

 

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

『もっと患者さんに来てほしい!』

『アポイントが埋まらない…』

『レセプトの枚数を増やしたい…』

 

 

 

患者を集めることに苦労をしている歯科医院は多いものです。

 

 

 

現在、全国にある歯科医療機関数は

 

約6万9千!

 

 

 

同じく歯科医師数は

 

約11万人!

 

 

 

ザックリ、30年で2倍になっています。

 

 

 

鈍化したとはいえ、

歯科医師数は毎年約2千人増え続けています。

日本の人口のピークは過ぎ去り、

減少に向かうことが予想されています。

 

 

 

単純に考えて、

今後患者が自然に増えることは期待ができません。

 

 

 

自然に患者は増えそうにない…

でも患者の数は増やしたい…

 

 

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

答え:何らかのアクションを起こすしかない

 

 

 

 呪縛からの解放

 

 

この話を始めると、決まってこう言われます。

 

 

 

「質の高い診療をし続けていれば、

口コミで患者は増えていく!」

 

 

 

「歯科医師は治療が本分で

患者集めに奔走するものではない!」

 

 

 

確かに30年前ならそれでよかったはずです。

来院患者数のポテンシャルが単純に現在の2倍です。

物価と貨幣価値と診療報酬の推移まで考え合わせれば

まじめに診療するだけで十分成功できたでしょう。

 

 

 

しかし、現在は状況が全く違います。

歯科医師過剰といわれてもう久しいのです。

ワーキングプアの職業とまでいわれる有様です。

 

 

 

あなたがどんなに素晴らしい技術と

高潔な人格をお持ちだとしても

30年前と比べれば半分しか患者は来ないのです。

 

 

 

あなたが自分をいじめるのが好きなドMだったり

苦しむ自分が好きなナルシストなら話は別です。

変化する勇気のない方も同じです。

 

 

 

そういう方々は何のアクションもとらないほうが

むしろ幸せなのかもしれません。

その幸せを大事にしてください。

 

 

 

しかし、あなたが今の状況に満足していないなら

30年も昔の呪縛から解放されるべきです。

 

 

 

口コミだけに頼れる程、

現在の歯科医院経営を取り巻く環境は

決して甘いものではありません。

 

 

 

『何らかのアクションをしなければ患者は来ない!』

 

 

ということを

まずは心の奥底に刻み付けなければなりません。

 

 

 

診療だけしていればそれで幸せになれた時代は

もはや遠い過去のお話です。

 

 

 

この悲しい現実に向き合わなければ

我々は明るい未来へ1歩も踏み出せないのです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

嫌なことを言いやがって…

 

 

 

こう思う方もおいででしょう。

しかし、現実というのは

いつでも残酷で厳しいものです。

 

 

 

歯科医師不足の時代から過剰時代へ

たった数十年で変わってしまうなんて

誰にも予測できなかったことです。

 

 

 

ここからもう一つ、歯科医院経営の

残酷で厳しい実態が浮かび上がります。

 

 

 

残念な歯科医院の院長にならないためにも

知っておいたほうがいい

もう一つの残酷な実態とは

どんなことでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です