歯科医院のチラシ・フライヤー・パンフレットにある3つのアキレス腱

weak-links

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

先日、これから開業しようという

新進のドクターと話す機会がありました。

 

 

“近”も自分の開業当時を思い出して

懐かしさやプレッシャーなどを思い出しました。

 

 

中でも真っ先に思い出したのは

当時、医院見学に伺わせていただいた

ある先輩歯科医師の言葉です。

 

 

 

その先輩の歯科医院は

“近”の記憶では見学に伺った時点で

確か開業3〜4年といったところだったと思います。

 

 

いろいろと話を聞きましたが、

その途中で何度も聞かされた

 

 

『楽しそうだなぁ、いいなぁ』

 

 

という発言が今でも耳に残っています。

 

 

その当時は

「なにを言っているんだ、この人は?」

「やること、決めることが多すぎて

ちっとも楽しくなんかない!!」

と思っていました。

 

 

しかし、これから開業しようというドクターに対して

“近”が話したことはやっぱり

 

 

『楽しそうだなぁ、いいなぁ』です(笑)

 

 

もちろん、建設的なアドバイスはたくさんしましたが、

結局、先輩と同じことを言っていることが

おかしくもあり、不思議な感覚もアリで

1人、記憶の中と現実を脳内で行き来しながら

普段では得がたい一刻を過ごさせてもらいました。

 

 

そこでいろいろと記憶を刺激されて

いろいろなことを思い出しましたが、

当時、誰も教えてくれなかったことがあります。

 

 

経験できかったことを思い出すという

ちょっとおかしな話ではありますが、

このことは今でもあまり語られることが無いようなので

今回はこのことをお話ししようと思います。

 

 

 チラシ・フライヤー・パンフレット

 

 

あなたの歯科医院でもこれらのものを

全部ではないにしても準備していることでしょう。

 

 

チラシ・フライヤー・パンフレットに

正確な定義があるかどうかは知りませんが

“近”は以下のように使い分けています。

 

 

チラシは主としてポスティンング・

ダイレクトメール・新聞折込みなどに使います。

 

 

大きさはA4またはB51枚。

裏面もつかうことがあります。

 

 

基本的にはあなたの歯科医院の

商圏プラスαに無差別に投函していくことになります。

 

 

フライヤーは主としてあなたの歯科医院以外の

提携先の店舗に置くことになるものです。

 

 

大きさはA5、A6、B5、B6、はがき大あたりになります。

興味を待った方にお持ち帰りいただくものとなります。

 

 

パンフレットは主にあなたの院内で

来院した患者に直接手渡し、

または手に取ってもらうものになります。

 

 

大きさはA4からはがき大まで何でもアリです。

自由度が最も高く、配布のコストがほとんどありません。

 

 

いずれににせよ、どこかの業者に作らせているにしても

あなた自身でパソコン等を使って印刷するにしても

そこには主に3つほど弱点が存在しています。

 

 

 チラシ・フライヤー・パンフレットのアキレス腱①

  〜情報が陳腐化していく〜

 

チラシ・フライヤー・パンフレットは

どんなに一生懸命作ったとしても

完成した瞬間から【情報が古くなっていく】という事です。

 

 

具体的にいうと、あなたの歯科医院には

毎日違う患者がそれぞれの問題を抱えて来院します。

 

 

その1人1人の患者のニーズや質問を受けて

診療メニューやその内容、アピールポイントは

日々変わっていきます。

 

 

しかし、その変化に

『印刷してしまったもの』はついていけません。

 

 

自作のものであればある程度は対応可能ですが

それでも即時性という点では決して良いとはいえません。

 

 

歯科医院の院長がよくやることですが

チラシ・フライヤー・パンフレットを増刷する時に

『以前と同じ内容で!』と作成してしまいがちです。

 

 

本来は決してあり得ないことです。

全く修正が必要ないのであれば

それは成長・発展も全くないと

自ら発信するようなものです。

 

 

 チラシ・フライヤー・パンフレットのアキレス腱②

  〜簡単に修正できない〜

 

 

チラシ・フライヤー・パンフレットは、

ホームページやブログ、院内掲示と違い、

1度大量に印刷してしまうと

気軽に修正する事ができません。

外注していればさらに修正が困難になります。

 

 

そのため、チラシ・フライヤー・パンフレットを

作成する際に特に注意すべき点は、

医院の基本情報・メニューの金額などが

間違っていないか、抜け落ちていないかの確認を

何重にもすることにあります。

 

 

 チラシ・フライヤー・パンフレットのアキレス腱③

  〜情報量に限界がある〜

 

 

チラシ・フライヤー・パンフレットに

何を記載しているでしょうか。

 

 

医院の理念・アピールポイント・特典

医院の立地や電話番号などの基本情報を

記載しているのではないでしょうか。

 

 

しかし、それ以外に

本当は伝えたい内容はないのでしょうか。

もっと詳細を知ってほしいことはどうでしょうか。

 

 

そういったことがある場合、

あなたはどうしていますか?

 

 

最近では、

【続きはWEBで】【詳細は○○で検索】

というフレーズが多いですよね!

 

 

つまりチラシ・フライヤー・パンフレットは、

紙面に記載できる情報量がが限られているのです。

詳細を伝えるのは苦手なツールともいえるのです。

 

 

こういった印刷物は大量に作成するほど

1部あたりのコストは安くなります。

しかし、上記のような弱点が存在するので

消費の見込みを立てることが重要となります。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

チラシ・フライヤー・パンフレットには

多少の差こそありますが、作成に際して

共通している大事なことがあります。

 

 

患者に情報を伝達するツールとしての

特徴ともいえることです。

その共通する大事なこととはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ   

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です