『ターゲットを絞る』ことは歯科医院経営にプラスに働くのか ⑤

ターゲットを決める

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

すっかり日が長くなってきました。

朝も明るくなるのが早いです。

ちょっと早起きしてお散歩するにはいい季節です。

 

 

ただ、その気持ちがいい散歩も

ルートはどうしてもワンパターンになりがちです。

何となく歩いているといつものコースを

無意識に選択してしまいます。

 

 

聞くところによると脳は緊急時に備えて

極力余裕を持とうとするそうです。

つまり、サボろうとするということです。

 

 

考え事をしながらでも

自宅から最寄り駅まで歩けるのは

この機能のおかげでもあるわけですが…

 

 

今回の「ターゲット」に関しても

「脳を使う」という側面があるものです。

 

 

診療も経営も慣れてしまうと考えなくなります。

「ターゲット」は定期的に見直す必要のあるものですから

脳の活性化にも役立ちます。

 

 

 ターゲットの決め方

 

ここまでの結論として

『ターゲットはもっと絞った方がいい』

ということはまずまず納得できたと思います。

 

 

ではこの「ターゲット」はどのように決めていけば

将来に繋がる『使えるターゲット』になるでしょうか。

 

 

そこには「考えぬく」ことが必要なので

早々簡単にはいきません。

そしてきっと改善が必要になります。

 

 

それでも手順通りに進めていけば

方向性は間違いない「ターゲット」が決まります。

 

 

【ターゲットを決める手順その1】

あなた自身の内面を探る

 

 

あなたには歯科診療において

できることがたくさんありますよね。

歯科医師なら誰でもできることもあれば、

できる方が限られるようなこともあるでしょう。

 

 

その中からあなたが心からやりたいこと、

取り組んでみたいこと、得意なこと、

行っていて楽しいこと、好きなこと…

などを洗いざらい書き出します。

 

 

訪問診療、インプラント治療、予防歯科、

他業種連携、外科手術、根治…

何でも考えつくだけ書き出してください。

 

 

さらにこれは「あれば」ということですが、

あなたの人生において達成したいこと、

欲しいもの、なりたい姿なども書き出します。

 

 

別に人に見せるわけではないので

正直に書いて大丈夫です。

豪邸が欲しいでも、多店舗展開の理事長でも

田舎暮らし、外国暮らしでも何でもアリです。

 

 

書き出すだけ書いたら、Best3を選んで下さい。

無理に3つにする必要はありません。

理想は診療に関すること1つ、

人生に関すること1つか2つです。

 

 

【ターゲットを決める手順その2】

患者の悩み・問題・望みを探る

 

 

あなたは患者ではありませんが

患者の思いを想像して書き出します。

とりあえずの目標は100個です。

 

 

痛い、腫れた、噛めない…

最初は思いつくまま書き出してみましょう。

患者の主訴のレベルで結構です。

 

 

そこそこ書き出すと手が止まるはずです。

そうなったら、1つ1つの問題に対して

想像と連想を広げていきます。

 

 

「噛めない」→「何でも不自由なく食べたい」

→「美味しく食べたい」→「家族と同じ物が食べたい」

→「一緒に食べたい」→「家族団らんしたい」→「…」

 

 

こんな感じでどんどん広げていくのです。

思いついたことは全部書き出します。

(※ 参考:マインドマップ)

 

 

「噛めない」の例でも

新たに5つの悩みや希望が出てきました。

こんな感じでどんどん増やしていくのです。

 

 

ポイントは患者にとって明るく楽しい希望まで

想像することです。1つの出発点から

いくつも希望が出てくることもあります。

 

 

慣れてくると300個くらいは

それほど苦労なく出てくるようになります。

 

 

出そろったら、こちらもBest3を選びます。

あなたが積極的に関与したいこと、

あなたにしかその問題が解決できないようなこと、

そんな観点から選んで下さい。

 

 

【ターゲットを決める手順その3】

すり合わせる

 

 

あなた自身と患者の両方を探ったので

その接点を探っていきます。

 

 

患者の希望と

あなたのしたい治療や達成したいことが…

 

(続く)

 

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回話したようなことを直感的に

かつ一足飛びにできる方というのもおられます。

 

 

そういう方にとっては焦れったい話だとは思います。

ただ、このように公開している情報では

再現性が求められると“近”は考えています。

 

 

一部のできる方には有効で、そうでない方には理解不能では

情報を発信している意味が薄れてしまいます。

 

 

ではそのような「できる方」、

「焦れったい思いをしたくない方」は

その方自身はどのように考えて行動するとよいのでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です