歯科医院のスマートフォン対応サイトとは?

こんにちは、歯科医師でコンサルタントの 近  義武 です。      

今日は、”近”が監修している

【スマートフォン専用サイト作成】について話しましょう。

「スマートフォン専用サイト」と「スマートフォン対応サイト」を

混同して認識されている方がおいでのようなので詳しく解説していきます。

 

 

【スマートフォン専用サイト作成】

その前に、

スマートフォンによる集患を考える先生の大多数は

すでに歯科医院のホームページをお持ちであるはずなので、

ホームページを持っている前提で進めていきますね。

 

 

お持ちでない先生で詳しい話をお聞きになりたい場合には、  

お問い合わせの質問フォームからお尋ねください。  

多数の方から同様の質問がに上るようでしたら

記事としても公開いたします。      

 

 

話をもどして、歯科医院のホームページをお持ちである場合、  

集患へのアプローチのスマートフォンに対応への方針は

3つのパターンが考えられます。    

 

 

  1. 特に何もしない。  
  2. 既存のホームページ(以下HP)を改造する。  
  3. 新しくスマートフォン用のホームページを作成する      

 

 

1、特に何もしない場合

スマートフォンで既存のHPにアクセスすると、

既存のHPが単純に縮小されて表示されます。  

サイトは既存のHP1つだけのままになります。        

 

 

2、既存のホームページを改造した場合   

ブラウザの横幅サイズにあわせて

表示が変化するようになります。

レスポンシブWebデザイン(=RWD)といいます。  

 

 

スマートフォンでアクセスすると

HPのレイアウトが自動的に調整されて表示されます。  

サイトは既存のHP1つだけのままになります。

 

 

1つのままですが、様々なデバイスに対応します。 

パソコンでアクセスすればパソコンの幅で、

スマートフォンでアクセスすればスマートフォンの幅で、

タブレットでアクセスすればタブレットの幅で表示されます。      

 

 

3、新しくスマートフォン用のサイトを作成する場合

あらたにスマートフォン専用サイトをつくって

既存のHPにリンクさせます。

 

 

スマートフォンからアクセスがあった時だけ

新たに作成したサイトを表示させます。

これを「リダイレクト」といいます。

 

 

 この3つのパターンを

「専用サイト」「スマートフォン対応サイト」

という観点で分類してみましょう。

 

 

 

サイトの種別

スマホ対応 

なにもしない

兼用サイト

既存HP改造RWD

兼用サイト

⭕️

新規作成リダイレクト

専用サイト

⭕️

 

既存のホームページをRWDに改造したものは  

スマートフォン対応サイトだがスマートフォン専用サイトではない。  

ということになります。      

 

 

「スマートフォン対応サイト」と

「スマートフォン専用サイト」はイコールではない。  

 

 

このことだけをしっかりご理解いただければ、

まずはよいでしょう。      


 

以上、参考になれば幸いです。

歯科医院の医院長先生が知っておきたい

経営やお金に関する知識やノウハウを

会員限定メルマガの中でお話ししています。

 

 

こちらに登録してお確かめ下さい。

会員限定の無料日刊メルマガでもっと詳しい話をしています。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です