成功している歯科医院の本当の要因がわかりづらい3つの理由 ②

患者との関係性

 

 成功している歯科医院を見学に行っても

その本当の要因がわかりにくいという話をしています。

最初の1つが我々が歯科医師であるからこその要因。

 

 

 

すなわち、エビデンスに基づくことや形のあるものに

無意識に注目して、それ以外が目に留まりにくいことがあります。

今回は2つ目の要因について話しましょう。

 

 

成功している歯科医院の本当の要因がわかりづらい理由 その2

そのとき以前に勝負が決まっていることがある

 

 

前回の「見えにくくなっている」という話にも

一部通じていますがあえて別立てにしました。

 

 

この感じはちょっと料理に似ています。

日本料理が西洋料理に比べて単純だと

西洋料理至上主義のかたははよくいいます。

 

 

その理由を尋ねると

「刺身なんて切って並べるだけでしょう」とか

「だいたい、だしでさっと炊くだけでしょう」とか

結構失礼なことを言います。

 

 

刺身にだって実際には〆たり、漬けたりの下拵えがあります。

だしだって、鰹節だろうが昆布だろうが

そこまでにするのに手間も暇もかかっています。

 

 

ただ、調理の場面を見るだけでは

窺い知れないというだけです。

逆に言えば、準備の方に手間や暇をかけているので

調理の場ではシンプルに行われているのです。

 

 

こういうことは見学先の歯科医院でも起こっています。

技術のことならよくありますよね。

 

 

簡単そうにやっているのを見て、

自分にもできそうに思えても

実際にトライしてみると難しかった…

まさに歯科医師あるあるです。

 

 

簡単そう、普通そうに見えているのは

その前にしっかりとした準備・下拵え・工夫などが

存在しているからと考える方が無難です。

 

 

歯科医院で実際に「それ以前」として存在しているのは

『ラポール』『ステイタス』『立場』などといった

『ドクターと患者との関係性』です。

 

 

同じドクターが2人の患者に全く同じ対応をしたとします。

しかし、『ドクターと患者との関係性』が異なれば

患者の受けとりかたや評価が大きく違ってきます。

 

 

このことはあなたもよくご存知のことのはずです。

関係性という「そのとき」以前のことで

勝負は決してしまっていることが多々あります。

 

 

しかも「関係性の醸成」が行われている場面は

前回お話ししたように「見えにくい」ものです。

いわば、ダブルで隠されているのです。

 

 

これを短時間の見学で完全に把握するのは

相当難しいことでしょう。

…………………………………………………………………………

追伸

さて、今回のシンキングタイムはお休みです。

その代わりに今回のテーマに関連した

情報をお知らせしておきます。

 

 

『患者との関係性』をもっと良くしたいけれど

どうすればいいのかわからないという方には

これがいいと思います。

 

 

好評を博した無料の動画セミナーです。

見えにくいものを見やすくするのに役に立つはずです。

手前味噌ですが、なかなかの内容です。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://lpsl.consultant-dentist.com/webseminar/

 

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です