歯科医院の院長が飛躍するのに必要な4つの自由 ④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
依存しない

歯科医院の院長に限らず、全ての経営者が獲得を目指すべき

『4つの自由』について話しています。

 このうちの『時間的自由』について

獲得すべき理由や得られる未来を話してきました。

今回から『対人的自由』について話していきます。

 

 

歯科医院の院長が飛躍するのに必要な4つの自由 その2

『対人的自由』は依存しないところから

 

 

「誰かに依存する」というのはいろいろなパターンがあります。

まずはわかりやすい例から行きましょう。

 

 

1、スタッフ・勤務医

 

誰でも優秀なスタッフは欲しいものです。

“近”だってそう思います。

しかし、その優秀なスタッフに頼るような

診療体制にすることはしません。

 

 

もしそのスタッフが急にやめることになったら

リカバリーが大変ですし、やめられては困ると思って

言いたいコトも言えないような状況は避けたいからです。

 

 

あるスタッフにしか使えないような診療体制上の

重要な機器やシステムが存在するなら

診療はそのスタッフに依存していることになります。

 

 

2、紹介患者

 

あなたは来院する患者のうち、どれくらいの割合の方が

「紹介患者」なのかを把握していますか?

そして「紹介患者」の方達がそれぞれ誰に紹介をされて

来院しているのかを把握しているでしょうか?

 

 

実際調べてみると紹介をしてくれている患者は

ほんの数名に限られているはずです。

コンスタントに紹介をし続けてくれるとなると

さらに限られてきます。

 

 

それが立った1人に集中していてしかも相当数にのぼっていたら、

あなたの歯科医院経営はその人に依存していることになります。

 

 

その人の機嫌を損ねたり、単なる気まぐれだったりで

患者の紹介をやめられると、そのとたんに

あなたが困ってしまう様な状況は決して作ってはいけません。

 

 

3、金主

 

あなたに出資をしてくれている人物がいるとします。

その方が放任主義であれば問題はあまりありませんが、

経営に注文を付けてくるようなら厄介です。

 

 

完全に無視するわけにもいかず、

あなたは対応に苦慮するコトになります。

これも金策をその人物に「依存」した結果ということができます。

 

 

このように歯科医院経営に多大な影響を及ぼしていたり

なくなると非常に困ってしまうようなことを

ある人物の動向に委ねてしまっていると

それは『依存』というコトになります。

 

 

あなた1人で複数の『依存』を抱えていることもありえます。

事あるごとにあなたの『意思』はあなた以外の人間に

左右され、ねじ曲げられるということです。

 

 

その状況は『自由』にはほど遠いものです。

代替となるシステム・経路・方法などを用意して

「依存」を解消すること一歩ずつ進めていきましょう。

 

考えてみましょう

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「依存」は人的なものに限らず、あらゆることに対して

発生する可能性があります。

例えば「収入」の大部分をインプラント治療からえているなら

それも『依存』ということができます。

 

 

インプラントの売上を伸ばすコト自体は

決して悪いことではありません。

しかしそればかりということになると、

何かあった時のリスクが高いということです。

 

 

『依存』はいつの間にか、しかも徐々に

形成されていくこともありますから、

医院の状況は定期的なチェックと分析が不可欠です。

 

 

なんだか面倒で手間がかかりそうに思えますが、

実は意外と簡単にできるものです。

それはあるモノを探せば良いだけのことです。

 

 

みつかればそれは『依存』もしくはその成りかけです。

みつからなければ一安心できます。

この探すべきあるモノとは何でしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

 

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*