歯科医院の院長が飛躍するのに必要な4つの自由 ⑤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
対人的自由

歯科医院の院長に限らず、全ての経営者が獲得を目指すべき

『4つの自由』について話しています。 

このうちの『時間的自由』を獲得することによって

あなたはあなた自身の「意思」を具現化できることになります。

診療,分院展開、趣味、家族との時間、子供のイベント…

何に時間を使ってもあなたの自由です。

 

 

『対人的自由』では、「依存」を無くすことによって

あなたはあなた自身の「意思」をねじ曲げることがなくなります。

何かに頼っている状況はそれだけであなたの自由を奪います。

今回の話は『対人的自由』のもう1つの側面についてです。

 

 

歯科医院の院長が飛躍するのに必要な4つの自由 その2

『対人的自由』はあなたの感情が最優先される

 

 

1、スタッフ・勤務医

 

あなたは院長で経営者です。

人事の決定権はあなたにあります。

 

 

どんなに優秀だろうと、どんなに患者受けが良かろうと

あなたが気にくわなければやめてもらうべきです。

 

 

もちろん、労働争議に発展させてしまうのは

第三者か介入してきたりして面倒が拡大します。

その点はそれなりのテクニックが必要になりますが、

それでもやめてもらう方向に持っていくべきです。

 

 

これはあなたの医院を担当する外部スタッフだろうと

出入りの業者の担当者だろうと同じことです。

嫌いな人間と一緒にはよい仕事はできません。

 

 

2、患者

 

患者も同じです。

係わり合いになりたくない、診療したくない患者は

排除する努力をするべきです。

穏やかに、かつ自主的に転院してもらうのがベストです。

 

 

あなたにも経験がおありでしょう。

ちょっとした親切心を出して診てあげたら

しつこく無駄な質問をしてくる、文句が多い、

金払いが悪い、キャンセルや変更を繰返す…

 

 

あなたにとっても経営にとっても

得になることが全くありません。

人件費や効率を考えたら赤字です。

 

 

あなたもスタッフも、たまたま同席した他の患者まで

不快な気分にするくらいなら、あなたの独断と偏見で

イヤな患者は切ってしまうことです。

あなたにはそうする権利も義務もあります。

 

 

上記のどちらも大人気ないと思われても

気にすることも構う必要もありません。

 

 

あなたは医療人でなおかつ経営者なのです。

あなたはわがままで良いのです。

わがままを通すための「治療技術」であり、

「接遇・接客」であり、「設備・システム」です。

 

 

あなたを支持してくれているたくさんの常連患者を

もっとあなたのファンにするためにも

困った患者は気後れすることなく排除しましょう。

 

考えてみましょう

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

飛び込みの新患と予約の患者が同時に来たら

どう対処するか…

よく話題になることではありますが、

今回の話の流れなら「予約の患者優先」の1択です。

 

 

もちろん、その時点であなたを含めた診療体制に

新患を受け入れるキャパシティがあるなら

受けて良いでしょう。

 

 

しかし、予約の患者にしわ寄せが来るようなら

新患にはキャパがある時間帯まで待ってもらうか

予約を取り直すことが基本です。

 

 

正体不明で予約も取らずに来院する新患の方が

面倒な患者であるリスクが高いのですから、

あえて火中の栗を拾う必要はありません。

 

 

しかし、こういった基本的な対処よりも

もっと有効な対処があります。

それはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

 

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

   

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*