歯科医院の院長が飛躍するのに必要な4つの自由 ⑧

空間的自由

院長が獲得すべき『4つの自由』について話しています。

『時間的自由』『対人的自由』『経済的自由』

これらを獲得することにより、あなたの『意思』の

比重が高まり、選択が可能になります。

 

 

今回は最後の『空間的自由』についてです。

ここには歯科医師独特の事情が絡んできます。

 

 

歯科医院の院長が飛躍するのに必要な4つの自由 その4

『空間的自由』

 

 

我々が歯科医師として診療をしようとすれば

空間的な束縛を受けざるを得ません。

なぜなら、診療はパソコン1台あれば

どこでもできるものではないからです。

 

 

あたりまえですが、最低限の設備は必要です。

基本的には診療室を構えなければ診療ができません。

 

 

勤務医でも診療は可能といえば可能ですが、

これまで話してきた「自由」のコトを考えると

「束縛」「限界」が大き過ぎて、検討に値しません。

 

 

あなたもいろいろな理由を持って開業に踏み切ったはずです。

ただし、一旦開業してしまうとおいそれとは移転できません。

設備に対して資金を投下していますし、

せっかく覚えてもらった存在感もご破算です。

馴染んでくれていた患者も手放すことになってしまいます。

 

 

従って、何か大きな目的がない限りクリニックの場所=『空間』は

あまり自由にはできないということになります。

 

 

しかし、あなたの歯科医院であれば、

それこそいくらでも居心地を良くすることはできます。

設備、人員配置、システム、運営…

工夫の余地に限りはありません。

 

 

またこれとは別に、

医院の場所柄によって患者層が良くないと嘆いたり

患者の懐具合に限界を感じてイラついたり、

そういうことが起こる場合もあります。

 

 

そしてつい「1等商業地に分院を…」と考えがちです。

よほどしっかりした事業計画と

施策のノウハウがあれば別ですが、

望みの地域に分院を出したとしても

分の悪いバクチ程度にしかなりません。

 

 

あなたの望む属性の患者を呼ぶことも

懐の暖かい患者を呼ぶことも要は工夫次第です。

その証拠にそんな1等地でなくとも

自費専門で経営している歯科医院が

いくらでもあることをあなたもご存知のはずです。

 

 

何をしたらいいかがさっぱりわからないという方は

まずはあなたが何を実現したいのかを

はっきりさせるところから始めていただくとよいでしょう。

 

……………………………………………………………………

考えてみましょう

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

家を建てる時によくいわれることですが、

「1度建ててみないと結局よくわからない」というのは

歯科医院の開設についても間違ってはいません。

 

 

内装業者が主導して行なわれることが多いので

大きなハズレはないかもしれませんが、

ベストかどうかはまた別の話です。

 

 

どうしてそうなるかというと、

ドクターには従業員の立場での使いやすさ・使い勝手は

想像のレベルでしか理解ができていないからです。

 

 

しかも優秀なスタッフのことほど

ドクターの想像のレベルを遥かに越えることが多くなります。

ドクターには理解できないことがいろいろとありますが、

最もネックとなるのはどんなことでしょうか?

 

 

実際に内装業者にもわかっていないので

どこに頼んでもその解決策は示せません。

さて、それはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

 

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.