『忙しいのに儲からない』歯科医院の院長への5つの処方箋 ①

busy

“近”がお会いした歯科医院の院長に

 

「どんなことで悩んでいますか?」

 

というような質問したり、アンケートをとったりすると、

コンスタントに票を集める答えがいくつかあります。

そのなかの1つが

 

 

『忙しいのに儲からない』

『働いている割に手元にお金が残らない』

という、収入と働く時間のバランスについてのものです。

 

 

これは傍から見ると贅沢な悩みに聞こえますが、

本人はものすごく悩んでいたりします。

 

 

閑古鳥が鳴くような医院ではなくなったけど…

というステージの院長がよく抱えている問題の1つです。

 

 

我々の仕事は患者を治療してなんぼという側面があります。

どんなに優れた知識や技術を持っていても

患者が治療をさせてくれなければ

それらを持っていないのと結果は同じです。

 

 

ですから、まずは患者をたくさんにするという戦略は

やり方に巧拙があったとしても根本的には間違ってはいません。

患者が多くなって初めてわかってくることもあります。

 

 

勤務医時代との違い

 

勤務医時代には基本的には診療に関することだけを

きっちりとすればそれで良かったはずです。

スタッフや後進を指導する立場だったとしても

それはあくまでも診療に関することに限定されていたはずです。

 

 

いざ開業してみれば、診療に関する指導はもちろん、

給与計算、シフト、相互の人間関係、人格

学習・成長のカリキュラム、慰労・福利厚生、

モチベーションの維持・刺激…

 

 

スタッフや勤務医に関わることだけでも

やらなければならないことが山積しています。

 

 

この他にも税務、財務、設備管理、渉外、

地域活動への参加、広報、営業などなど

数え上げればきりがないほどあります。

 

 

そのすべてを院長1人でやろうとするのは

さすがに無理があります。

そこで仕事をスタッフ、外部スタッフ、

専門業者等に委任していくわけです。

 

 

ただし、そこは金銭を対価に…となります。

院長の診療以外の仕事が減る分、

収入からお金が減っていくわけです。

 

 

こうして患者が増え、

アポイントがそこそこ埋まってきた時に

感じ始めるのです。

 

 

『忙しいのに儲からない』

『働いている割に手元にお金が残らない』

『勤務医以上に働いているのに…』

 

 

個別の事情が違いますから一概には言えませんが、

借入金の支払いを除いた院長の収入が

だいたい800万円くらいになってくると

『働いている割に…』と感じてくることが多いようです。

 

 

こういったステージになった院長が

次に打つ手というのはどういうものになるでしょうか。

これが今回のテーマになります。

次回から順番に全部で5つのことをお話しする予定です。

 

 

このステージにいる院長には特に効果的ですが、

別のステージで停滞している、

あるいは何かを変えたいと感じている院長には

大いに活用できることばかりです。

お楽しみに。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

このように、本来の仕事である診療が忙しくなると

診療以外の他の仕事をこなしていくのが

プライベートであるはずの時間に食い込んできて

多忙感が倍増していくことになるわけです。

 

 

そこで仕事を手放していって…

となって本文のようになるのですが

なかなか手放さずにいる院長もいます。

手放さない理由は2つです。

 

 

1つは自分でやった方が早くて正確なこと。

院長になる方は基本的には優秀ですし、

「自分の城」ということでモチベーションも高いので

肉体的に頑強なうちはできてしまいます。

 

 

ではもう1つの「手放せない理由」とは

どんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です