『忙しいのに儲からない』歯科医院の院長への5つの処方箋 ③

USP

歯科医院の院長の収入と働く時間のバランスについて

関連した問題の打開策について話しています。

 

『忙しいのに儲からない』

『働いている割に手元にお金が残らない』

 

といった感覚をあなたが持っているなら注目です。

 

 

前回、最初の打開策として

「安売りしない」ことを掲げました。

同時に料金を上げただけでは患者は納得しない、

ということもお伝えしました。

今回はそれを受けての話です。

 

 

『忙しいのに儲からない』歯科医院の院長への処方箋 

その2  「他とは違う」をわからせる

 

 

これも『差別化』とか『USP』を作れという

よくある話と似ています。

真剣に取り組んだことがある方ならお分かりでしょうが、

作るのが大変な割にすぐ真似されてしまうあれです。

 

 

我々は歯科医師として歯科医療を提供していることには

あなたも“近”も近隣の競合医院も変わりありません。

この状況であなた独自のものを打ち出せといわれても

それは作るのが大変なはずです。

作れたとしても変わりがあまりなければ真似るのも簡単です。

 

 

ではどうすればいいのかというと、

方向性としては2つあります。

 

 

1、あなたのキャラを立てる

 あなたの治療はあなたのバックグラウンドに

治療技術をのせたものです。

治療そのものに明確で分かりやすい違いを出せないなら

あなたの内面を違いとして押し出します。

 

 

人生観、経営理念、診療方針…

あなたの性格や考え方があるからこそ

今のあなたの歯科医院の診療スタイルになっているはずです。

 

 

そこを明確に言語化することで

あなたの治療はあなたのキャラがあればこそのものだと

患者に納得させるのです。

 

 

患者には「同じ治療でもあなたの治療を受けたい」と

思ってもらうことの理由付けをするということでもあります。

 

 

2、新しい価値観を提出する

 先ほどの方向性があなたの中から出てきたものとすれば、

こちらは患者の中にあるものということができます。

 

 

患者には「歯医者とはこういうもの」

「歯の治療はこんなもの」という常識や思い込み

特殊な経験を拡大解釈していることなどがあります。

 

 

そういった価値観を刷新するということです。

実際には刷新というよりもみる角度を変えるとか

盲点になっていたことに着目するということになります。

 

 

「こう考えれば問題は解決するのに…」

「こうすればもっと簡単なのに…」

「ここを変えれば楽で効果的なのに…」

 

 

有名なのは『治療から予防へ』というやつです。

このことについても具体的な話はいくらでもあります。

 

 

ある意味、切り口と見せ方ですから、

歯科医院としてのモットー・コンセプトといえるくらいの

大きなものを掲げた方が活用しやすく

真似しにくいものとなります。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

2つの「違い」を作る方向性は

相互に影響を及ぼし合うこともあります。

 

 

「自分の人生観に共感してくれる患者とは…」

「患者の価値観を時分よりにシフトさせたい…」

 

 

どちらから考えても

同じ答えにたどり着くこともあり得ます。

ですから、考えやすい方向から考えてみてください。

 

 

一般的にはあなたのキャラ側から考えた方が

楽で的確なことが多いようです。

どちらも考えるほどに深い話になっていくのは

全く同じなのですが、キャラ側に偏るのはなぜでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です