時流に乗る歯科医院経営のあり方 ④

トレンド

治療法も、集患方法も、システムもスタッフ管理も

歯科医院経営に関するあらゆることで

『流行』に乗るか乗らないかは常に悩みの種です。

 

 

最終的にはあなたが決断することですが、

その一助となるよう、このシリーズでは

「流行」そのものについて話しています。

 

 

『流行』は『ファッド』『ブーム』『トレンド』の

3つに分類することができます。

今回は最も重要な『トレンド』の話です。

 

 

時流に乗る歯科医院経営のあり方 その3

『トレンド』

トレンドは流れの事を意味する言葉です。

流行の中でも長いスパンにわたって続くものです。

おおよそ3年からそれ以上続きます。

 

 

ブームやファッドのように短期的なものではなく、

傾向とか流れといった意味合いがあります。

 

 

例えば、患者の身体への負担が小さい治療は

近年支持され続けられています。

これは時代の趨勢といえます。

 

 

短期的にはこれに反するような治療がもてはやされても、

長期的には身体への負担が小さい治療への支持が

おおきくなってきています。

 

 

トレンドは社会全体で議論を引き起こすような

大きな影響力を持ったような流行です。

流行の期間でいえば、3年以上の長期にわたります。

 

 

歯科医院経営においては例えば、

「情報発信」もトレンドの1つです。

この発信した情報を患者に届けるメディア(媒体)にも

トレンドがあります。

 

  • 電話帳→ホームページ→スマートフォンサイト
  • テキスト→静止画像→動画

 

流行というよりも時代の流れといった感じになるのです。

このような流れをトレンドといいます。

 

 

流行がファッドになるのか、ブームになるのか、

それとも比較的長期間のトレンドになるのかは

誰にも分からないのが現実です。

 

 

「息の長いトレンドになりそうだから…」と考えて

最新機器を導入したら、「ファッド」で終わってしまう…

後に残ったのはほとんど使われないがらくたと

それにかかる毎月の費用負担だけだった…

といった事もあり得ます。

 

 

トレンドには、それがトレンドだとわかった時点で

基本的には素直に乗っかるべきです。

先行者利益がとれればベストですが、

そうでなくともリスクとリターンのバランスが

悪くはないからです。

 

 

もちろん『絶対』はありませんから

トレンドの見極めには十分な注意が必要です。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

歯科医院の経営戦略として、

「ブーム」か「トレンド」か、明確でない時点で

あえて乗るということはありえます。

 

 

「ファッド」でさえなければ

なんとか投下資金は回収できる見込みが

ついた段階で参入・導入するのです。

 

 

そこには「流行」とは別の戦略もあるのです。

これがあるから「流行」に関しては

やや大胆になれるその戦略とは

どんなものでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です