競合歯科医院からの批判が怖い…そんな思いを払拭するための考え方

あなたはどこに目を向けて日々の診療・歯科医院経営に
取り組んでいるのでしょうか・・・

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

素直に耳を傾けるべき話というのは、
どんなところにも存在するものだというのは真実です。

 

だからと言って、なんでも真に受けてしまうのも
やはり問題があります。
特に気をつけたいのは他の院長からの批判です。

 

このことは診療に関しても、
歯科医院経営に関しても当てはまりますが、
歯科医院経営に関しての批判には
相当気をつけなくてはなりません。

 

批判の内容に関しては
批判の根拠が明確で的を射ているものなら
ありがたく受け取ればいいですし、
的外れであればほぼ放置で構わないというものです。

 

ただ、歯科医院の院長の中には
『批判そのものを恐れている』
という方が相当多くいるのです。

 

このことがとりわけ歯科医院経営の成長や
ビジネス的な飛躍の足を引っ張ります。

 

他の歯科医院、歯科医師よりも目立つようなことや、
歯科業界の因襲的なことを打ち破るようなこと、
毛色の違う集患や患者へのアプローチ、などを
私からクライアントの院長に提案すると
多くの院長が最初は二の足を踏むことがよくあります。

 

私に向かってはっきりとは言いませんが、
同じ歯科医師や院長の批判を
心の底で恐れているのです。

 

その批判が正しかろうと、そうでなかろうと、です。

 

しかし、そんな風に批判を恐れることは間違っています。
もし批判されたなら、ガッツポーズの1つでもして
「よしっ!」と思うべきです。

 

理由は簡単です。
同業の院長たちから批判をされるほどの、
他の歯科医院とは明確に異なったメッセージを
発信できている、ということだからです。

 

歯科のエキスパートたちを
「批判」という行動に駆り立てるのですから、
患者もそれ以上に感情を揺さぶられているはずです。

 

そのメッセージに共感して
行動を起こす患者が少なからずいることになります。

 

こう言われても

「理屈では理解できるがやっぱり怖い…
他の院長の批判を考えると行動できない…」

というのなら、次の2点を考えてみてください。

 

 あなたの歯科医院経営は誰のため?なんのため?

『患者のため』
『患者に良質の歯科医療を提供するため』

ですよね。

 

少なくとも
『同業の院長のご機嫌取りのため』ではないはずです。

 

『お金のため』という方でも、
そのお金をもたらしてくれるのは患者です。
同業の院長先生ではありません。

 

だとすれば、喜んでもらおうとする対象は
誰になるかは自明ですよね。

 

ビジネスとしても、医療従事者としても
喜んでもらうべきなのは患者です。

 

歯科医院経営者としては当たり前のことです。
他の院長からの批判が怖いという方は
それを失念してしまっているのです。

 

 批判している方ってどんな人?

あなたを批判する院長はどんな人でしょうか…
そして、その方の歯科医院は
患者に支持されて繁盛しているでしょうか…

 

ちょっと関係者を当たってみれば察しはつくと思います。
おそらくそれほど患者からの支持を受けてはいません。
場合によっては過去の遺産でしのいでいるだけかもしれません。

 

そんな院長のやり方と同じことをやっていたら、
あなたも当然、患者に支持されません。
台所事情も苦しいことになるでしょう。

 

競合の歯科医院とは違う成果を残したい、
もっと患者に支持されたいなら
同じでありたい院長の戯れ言なんて
そのまま放っておけばいいのです。

 

ヘタレな歯科医院の院長と仲良くして
傷を舐め合っていたいですか?

 

患者に支持される歯科医師になり、
そんな歯科医院を経営したいですか?

 

もしあなたが後者で、
同業者よりも患者が大事なら、
競合の院長の批判など気にする必要はありません。

 

そして、これは世の常とも言えることですが、
批判をする側に成功者はいません。
成功者も革新者も常に批判される側にあります。

 

突き抜けて成功した後には賞賛されますが、
そこに至るまでは徹底的にけなされます。

 

世間なんてそんなものです。
あなたが成功してしまえば、批判も影を潜めます。

 

競合する他の歯科医院の院長から
批判を受けるようなアピールやメッセージというのは
患者にとってメリットが大きなものが多々含まれます。

 

歯科業界の当たり前をひっくり返して
患者に還元するようなものが多くあります。

 

業界の悪習慣を断ち切るだとか…
これまでとは違う価値観を提供するとか…

 

同じことをしているだけでは
同じ成果しか得られないということを
改めて認識しておきましょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「横並び」に価値があり、そのことが利益になる時代が
かつてあったことは否定しません。

 

時代はもはや変貌していますが、
考え方がそのままという方がいるのは
ある意味仕方のないことです。

 

かといってそういう方の批判を
全て真っ当と捉える必要もないということです。

 

ただ、正直、「真正面からの批判」よりも
批判の受け手としては対応に困ることを
されることがあります。

 

私も何度か悩まされた記憶があります。
対応に苦慮する「されると困ること」とは
どんなことでしょうか。

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください