チャンスが向こうからやってき続ける歯科医師の条件

chance

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

日本の歯科業界メーカーやディーラーの本社・支社が

集中している地域というのがあります。

東京の花見のメッカの1つである上野公園の南側あたりです。

 

 

集まっているのには理由があります。

相互に協力しやすいということもそうですが、

何より「歯科大学に近い」のです。

 

 

東京には4校の歯科大学がありますが、

こちらも神田川沿いに集中しているのです。

 

 

それ故に、どの大学にも顔を出しやすい地域に

(利便性の問題から)自然発生的に

メーカーやディーラーも集中してしまったのでしょう。

 

 

先日、機会を得てクインテッセンス出版の

佐々木会長にお会いする機会を得ました。

 

 

本社ビルに伺ったのですが、

やはりこちらも「集中地域」にある

落ち着いた雰囲気のあるビルでした。

 

 

佐々木会長自身も丁寧で静かな物腰の方で

“近”のようなものに対しても

出迎えや見送りなど過分に応対していただきました。

 

 

こういう姿勢には学ぶべきところがあるな、

チャンスを掴む方、舞い込み続ける方には

こういうところに秘訣が隠されているなと感じたので

今日は「チャンス」の話をしてみます。

 

 

チャンスを掴む歯科医師、チャンスがやってくる歯科医師

 

あなたは、チャンスを掴む歯科医師、

チャンスがやってくる歯科医師の条件とは

なんだと思いますか?

 

 

  • 行動が早いこと。
  • チャレンジを絶やさないこと。
  • 素直であること。
  • 現状に満足しないこと。
  • 自分自身を振り返ること。

 

 

などなど色々あると思います。

チャンスを掴む歯科医師として、

チャンスがやってくる歯科医師として、

これらは重要ですし必要なことだと思います。

 

 

でも、

 

 

これらは実行することなわけですが、

それを行っていく際の心の置き方、

つまりマインドセットこそが最も大切な条件だと

“近”は考えています。

 

 

 その条件とはなにか、

 あなたはなんだと思いますか?

 

 

チャンスを掴む歯科医師、

チャンスがやってくる歯科医師に最も大切な条件…

 

 

それは、

 

 

自らを『低き』に置いておくことです。

 

 

 

何かを教えてもらったなら

「勉強になりました。ありがとうございます。」

 

 

何かしてもらったなら

「お世話になりました。ありがとうございます。」

 

 

親切にしてもらったなら

「助かりました。ありがとうございます。」

 

 

自らを『低き』に置いていたなら

素直に口に出せる言葉ではないでしょうか。

 

 

何かをしてもらって当たり前になったり、

お礼を伝えなかったりしていないでしょうか。

 

 

自らを『低き』に置いていたなら

感謝の気持ちはいつでも出てくるものです。

礼儀の正しさにも繋がるものです。

 

 

基本的なことではありますが、

あなたが礼儀正しく、感謝を素直に示すからこそ

相手はチャンスを渡してみようと思うのです。

 

 

そして、あなたに役に立ちそうなことを

教えてあげようと思うのです。

 

 

当然ですが、自らを『低き』に置いていたなら

相手に対する姿勢やちょっとした言葉遣いにも

相応のものが滲み出るはずです。

 

 

FacebookやLINEなど気軽に繋がれるだからこそ、

こう言った『基本のキ』が際立つのです。

 

 

畏敬の念

感謝する気持ち

 

 

慣れてしまっていないでしょうか?

 

 

せっかくあなたのために何かしてくれた…

自らを『低き』に置くことを忘れると

お礼や感謝する気持ちが湧かなくなり、

相手を敬うこともなくなってしまいます。

 

 

もしそうなってしまえば、次のチャンスは…

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

一旦開業してしまえば、

我々歯科医師は一国一城の主です。

歯科医学的にも経営的にも責任者です。

 

 

その瞬間からビジネス上のほぼ全てのことが

自己責任となるわけです。

自らを『低き』に置くことが難しくなってきます。

 

 

実は歯科医師の人生において、

ある環境の変化もさらに伏線となって

自らを『低き』に置くことを難しくしています。

 

 

その伏線となっている環境の変化とは

どんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です