ハロウィンの仮装から学ぶ歯科医院の「幅」の拡げ方

ハロウィンコスプレ

日本でもイベントとして、また季節の恒例行事として

がっちり定着した感のあるハロウィン。

あなたも町中や電車内で仮装した方(主に若い女性)を

目にすることがあったかもしれません。

 

 

 

ハロウィンの性格からか、

仮装はホラー系が大半を占めているようです。

でもその次にくらいに人気なのが

ディズニーのキャラクターですね。

もはや仮装の王道といえます。

 

 

ディズニーといえば、こんな話をご存知でしょうか?

ディズニーランドのキャスト(従業員)のなかで、

清掃を担当している方の話です。

 

 

発端

アメリカでのディズニーランドの開業当初、

彼らの役割は純粋に敷地内をきれいに保つことでした。

 

 

現在ではあなたもご存知のように、

清掃以外にも道案内をしたり、

パフォーマンスをしてみたりして

むしろプラスαの方が大きいくらいの仕事ぶりです。

 

 

こんなに大きく業務が変わった発端は

あまりにも道を尋ねるお客さんが多いことでした。

 

 

ここで彼らは自分たちを単なる清掃員ではなく

お客さんの問題を解決するコンシェルジュであると

定義をし直したのです。

 

 

再定義

そしてさらには、『お客さんの不安・不満を取り除いて、

もっと楽しんでもらう』ことに

自らが積極的に取り組み続けた結果があの姿なのです。

 

 

お客さんが困っていそうなら進んで声をかけ、

アトラクションの行列が長時間になれば

退屈しのぎに地面にほうきと水で絵を描く…

 

 

これらはすべて、『自分が何をする者なのか』を

再定義したからこその成果です。

これは誰にでも起こしうることです。

 

 

歯科医院の場合でも

例えば審美歯科のドクターがいたとします。

『審美性と機能性を備えた口腔を作る』

   ↓

『機能的で美しい口元を現実化する』

   ↓

『食事を美しく摂ることを実現する』

 

と、こんな感じで自らの再定義ができれば

食事のマナー教室を開催してみたり

美しい箸の使い方をレクチャーしても

矛盾や方向性のブレを感じることはありません。

 

 

あなた自身が提供できなければ

外部の講師を呼んでくることだってできます。

 

 

あなたが何者でどういうポジションをとるのかを

考え直すことができれば

歯科医師としてのあなたの幅も

仕事やパフォーマンスの幅も

確実に広がることになるでしょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

あなたが何者でどういうポジションをとるか…

これはあなたが得意なことや興味があることに

少なからず影響されます。

 

 

ただしそれだけでは

独りよがりになってしまう可能性があります。

そうならないためには、ここにある要素を加えます。

その要素とはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です