周りからの批評が気にならなくなる、あなた自身への2つの質問

2Questions

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

 

我々の歯科業界というのは

それなりに歴史もある分、

かなり保守的なところがあります。

 

 

“近”がアドバイスを求められて

それに答えても

 

 

『周囲のドクターから反発がきつそうで無理です』

『他はそんなことどこもやってないですよね?』

『周りからのクレームや批判が…』

 

 

みたいな理由で結局実行しない…

 

 

他よりも目立つようなこと、

業界のおかしなところを修正するようなこと、

ちょっと違う独特なマーケティング、

 

 

こういったものを提案すると

多くのクライアントが二の足を踏みます。

 

同業歯科医師からの批判

 

これが歯科医院経営、マーケティング、

ひいてはビジネスのブレーキになっている方が多いです。

怖がっている、恐れているといってもいいでしょう。

 

 

でもそこで恐れることは間違っています。

“近”からすれば、同業歯科医師から批判されたら

むしろ「よしっ!」と思うほどです。

 

 

なぜなら同業歯科医師にイラっとされるほど、

他とは違う独自のメッセージを

患者に届けることができている、

ということだからです。

 

 

そして、それだけ感情を動かせているのですから

患者の感情も動かせています。

その結果として患者がこれまで以上に

あなたの歯科医院に訪れてることになります。

 

 

『それは頭では分かっているんだけど…』

 

 

実際実行するとなると躊躇してしまって

やっぱり同業歯科医師からの批判・批評で動けないなら…

 

 

次の2つのことを自問自答してみてください。

きっと今までよりも

同業歯科医師からの批判・批評が怖くなくなります。

 

 

まず1つ目の質問

「批判してきそうなその先生は儲かってますか?」

 

 

あなたを批判しそうなのは誰でしょうか?

ちょっと思い浮かべてみてください。

彼は儲かっていますか?

 

 

たいして儲かっていなくて余裕もないはずです。

儲かっていないドクターと同じことをやっていたら、

あなたも当然、儲かりません。

 

 

「これまでとは違う成果を出したい」

というのなら同業歯科医師からのたわごとなど

放っておけばいいのです。

 

 

同業歯科医師と仲良くしてはいるけれど

不満だらけの生活がいいですか?

 

 

同業歯科医師に多少嫌われても

充実した歯科医師人生を送りたいですか?

 

 

もしあなたが後者なら、

同業歯科医師なんて気にする必要はありません。

 

 

そして2つ目質問

「誰のために歯科医院経営をしているのですか?」

 

 

ここまで儲ける、儲けるというと

金の亡者で物欲まみれ、私利私欲を優先して

歯科医院経営をしなさいといっているように

感じるかもしれません。

 

 

しかし、それは違います。

同業歯科医師の批判を受けることというは

我々の歯科業界の当たり前を破壊して

患者に還元するようなものがほとんどです。

 

 

業界の悪習慣を断ち切る工夫だとか、

これまでないがしろになっていた部分に力を入れるとか、

 

 

それを行えれば当然、あなたは儲かりますが

同時に患者にとってのメリットも非常に大きいわけです。

 

 

あなたは誰のために

歯科医院経営をしているのでしょうか?

一も二もなく患者のため、であるはずです。

 

 

もしそうでなければ、

今すぐあなたの歯科医院をたたんでください。

 

 

同業歯科医師が怖くなったら、

この2つの自問自答をしてみてください。

あなたが同業歯科医師の側に立つことは

意味のないことだと気づくはずです。

 

 

そもそもあなたにお金をもたらしてくれるのは

患者以外の何者でもありません。

少なくとも同業歯科医師ではないですよね。

 

 

喜んでもらうべきなのは誰でしょう…

同業歯科医師ではなく、患者です。

歯科医師をしていれば当たり前のことです。

 

 

同業者批判を恐れる人は

その当たり前が見えなくなっているだけです。

 

 

そして、批判をする側に成功者はいません。

成功者は常に批判される側…

 

 

成功の暁には賞賛されるかもしれませんが、

その途中経過の段階では

ボロクソに叩かれたりすることは

歴史上の例をいくらでもあげることができます。

 

 

世間なんてそんなものです。

あなたが成功してしまえば、

誰もあなたを批判しないばかりか

手のひらを返すように歩み寄ってくるものです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

ここまでだと

頭の中の気づいていなかった部分を

掘り起こしたにすぎません。

 

 

今後の行動はあなた自身で考えるというのが

この手の話のオーソドックスなパターンです。

 

 

しかし、それではつまらないので

行動のヒントを差し上げましょう。

 

 

ある種の患者を増やしていくようにすることで

同業歯科医師の批判が

どんどん気にならなくなっていきます。

どんな患者を増やせばいいでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です