ほとんどの歯科医院の院長が見て見ぬフリをしたくなること

誰かに使われる

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

開業をして院長になった…

ただそれだけのことで

『自分は自立している』『独立している』

と勘違いしている歯科医師は少なくありません。

 

 

 

確かに自らが院長になることで

上司もいなくなりますし、

勤務先の歯科医院で気苦労を背負い込むことも

面倒な患者を押し付けられることもなくなるでしょう。

 

 

 

それこそ「自営業」「自由業」の

最大の魅力ともいえます。

自分の采配で歯科医院を切り盛りしていく…

 

 

 

確かにいろいろなしがらみからは自由になりました。

でも、結局、患者にいいように使われる…

隙あらば営業しようとする業者と渡り合う…

行政や厚生労働省の通達に対応を追われる…

スタッフの管理にいつまでも振りまわされる…

 

 

 

単に命令する人、関わってくる人が変わっただけで

結局内実は何も変わっていない…

そういうことは非常に多いものです。

 

 

 

幸か不幸か、多くの院長はその現実に気付いていません。

いや、あえて気付いていないフリをして

遊んでいるor逃避しているだけなのかもしれません。

 

 

 

あなたにも歯科医師になった理由、

独立開業した理由、開業してやりたいこと…

理由というのはいろいろあると思います。

 

 

 

千差万別、100人院長がいれば100通りの

開業した理由があるはずです。

そしてその中には

 

 

 

『誰かに使われたくない』

 

 

 

というのは決して小さくない

理由のひとつとしてあなたの中にもあるはずです。

 

 

 

第3者として冷静に自分のあり方を見てみたとき、

あなたが独立した歯科医院の院長にも関わらず

『誰かに使われている』なら、

その現状を打破することが必要ではないでしょうか。

そしてそのためには、何が必要となってくるでしょうか?

 

 

 

それにはまず、

 

 

 

『自分が誰かに使われている』

 

 

 

という現実に気付くこと・認識することです。

気づけない限りはそこから抜け出すことは

決して出来ないものです。

 

 

 

その現実に気付けば、

抜け出す方法を考えることができます。

 

 

 

考えることができるようになって

考え続けることができれば

いつかは必ず答えは見つかります。

 

 

 

歯科医師は本来科学者です。

解決すべき問題や命題が明確に示されれば

その解決に向けて行動していくことを厭いません。

 

 

 

少なくとも診療上で生じた問題に関しては

このように行動をして問題を解決してきたはずです。

 

 

 

『独立したはずなのに自分が誰かに使われている』

という問題も問題自体に気づいて認識すれば

解決は時間の問題になるはずです。

 

 

 

もしあなたが、

 

 

 

・いつも忙しくて時間がない

・患者主導で医院が運営されてしまっている

・利益が頭打ちになって思うように伸びていかない

・一生懸命にやっている割に手元にキャッシュが残らない

・歯科医院を経営していることに漠然とした不安を感じる

 

 

 

ということであれば、

『独立したはずなのに自分が誰かに使われている』

という現実に気付いていないからかもしれません…

 

 

 

 

 

スタッフにはもうこれ以上振り回されたくない…

あなたがそう感じているなら

ぴったりのコンテンンツがあります。

 

自信の新作ウェブセミナー 視聴申し込みはこちら

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://wp.me/P6asQv-dc

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

患者、業者、行政、スタッフ…

あなたが「使われてしまう」可能性があるのは

あなた以外の全ての人でもあります。

 

 

 

その中でも特に実害が大きいのは

患者に使われてしまうことです。

 

 

 

一言でいうと

『あなたのステイタスが下がる』のですが

そこでなにが起こるのでしょうか。

 

 

 

ステイタスが下がることで生じる実害を

考えてみてください。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です