歯科医師がステイタスを上げて得られる3つの効果 2/3

ステイタスアップの効果

『歯科医師のステイタス・社会的地位』について話しています。

以前に比べるとずいぶんと下がってしまいましたが、

それでも繁盛している歯科医院では

院長は、総じて『ステイタス』を高く保っています。

 

彼らは『ステイタス』が高いことで得られる効果を

感覚的に理解しているからです。

ここでは、『ステイタス』が高いことで得られる効果を

きちんと整理していきます。

今回はその2つ目の効果についてです。

 

あなたが「ステイタス」を上げて得られる3つの効果 (2)

医療収入が毎月予測できる形で増える

 

 

あなたに対する信頼度があがりますから、

あなたやスタッフが今まで通りに説明をしても

全ての診療の成約率が上昇します。

 

 

自費診療、ロングスパンのブリッジ、歯周外科、矯正

ホワイトニング、インプラントなど

保険の適用かどうかに係わらず、付加価値のより高い治療が

成約することになります。

 

 

このため、1回の治療で歯科医院が得ることができる

患者一人当たりの売上=平均患者単価が上昇します。

 

 

また患者からの信頼が厚いために

患者の通院継続率や治療完了率が上昇します。

同時にリコール率やメンテナンス移行率、

メンテナンス継続率なども上昇します。

 

 

逆に中断率やキャンセル率は低下します。

予約の変更、遅刻、無断キャンセルなども減りますから、

患者の数としては、実患者数、のべ患者数ともに

増加することになります。

 

 

要するにアポイント帳が1ヶ月分程度は

常にびっしり埋まることになるということです。

 

 

この結果、単位期間(1ヶ月とか1年間とか)の

患者単価、患者数ともに増加することになります。

 

 

総医療収入=総売上=患者単価 x 患者数で表わせますから

総売上は大きく増加することになります。

 

 

特に、メンテナンスは患者数が積算していきます。

増えれば増えた分だけ上積みされていくものです。

メンテナンス継続率の高さという裏付けがあれば、

毎月月初に一定額の売上の発生が約束されます。

 

 

メンテナンス1回あたりの医療収入は大きくないにしても

患者数が多くなればそれなりのボリュームになります。

それがある程度、予測可能な状態になりますから

歯科医院経営は安定したパフォーマンスを

出しやすくなっていきます。

 

 

もちろん、一朝一夕にはここまでのことは実現しませんが

『ステイタス』を上げることには

ここまでのインパクトがあることを

覚えておいて損はありません。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

勘の良い方はもう既に気付いているかもしれません。

実は『ステイタス』を上げることの可能性には

まだ先が存在します。

 

 

『ステイタス』が最重要の要素として機能している

あるシステムがあるのですが、

それはどんなシステムでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

 

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください