歯科医院の経営・集患・マーケティングを他人任せにしない

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

“近”はもっぱら、院長の歯科医院経営に関する悩みを
解消することを仕事にしています。

 

それゆえに、歯科医院経営に関するセミナーを
開催する機会も多いのですが、そんな折に、
院長の代わりにスタッフが参加されることがあります。

 

「Web担当だから」、「広告宣伝部長だから」、
「事務長だから」、「経理担当だから」
「患者管理を任せているから」…

 

『院長である私の代わりに学んで来てくれ!』
というわけです。

 

一見非常に合理的かつ効率的に思えますが、
しかし、それはやめた方が無難です。

 

歯科医院のマーケティングや経営に関することは、
経営者である院長自身がしっかり学びましょう!
というお話です。

 

マーケティングや経営はスタッフに任せない

細かい技術的なことや単なるノウハウであれば、
スタッフに直接学ばせて、そのまま任せてしまっても
特に問題が出ることはありません。

 

例えば、WordやExcel、PowerPointの使い方とか、
メールマガジンの発行の仕方とか、
好感を持たれる話し方とかであれば
実用的なスキルですから、能力向上、大いに結構です。

 

ですが、集患やマーケティングのことは、
歯科医院全体の経営に関わること。

 

歯科医院全体のことを考えられるのは、
経営者であるあなた以外にはいません。

 

それを期待して事務長を雇用している院長もおいでですが、
あなた以上にあなたの歯科医院をどうしたいのかを
わかっていることはありえません。

 

この点は、あなたが経営責任者であるうちは
どんなことがあっても変わりようがない事実です。

 

ですから、事務長に限らず、
顧問の税理士だろうが、スタッフだろうが、
歯科医院全体のことや経営の関することは
あなたと同等に考えろということ自体が無理なのです。

 

集患やマーケティングに関することは
歯科医院全体の経営に関与してくる部分が特に大きい分野です。

 

いくらスタッフがマーケティングのことを学んでも、
あなたに変わって経営全体のことまで考えた上で
学んだ知識などを実行に移すことはできません。

 

ですので、マーケティング、集患、経営などのことは、
経営者であるあなた自身がしっかり学んでおくべきなのです。

 

あなた自身がしっかりと学んだ上で、
やるべきことをスタッフに指示するようにしましょう。

 

仮に、
「いやいや、幸いウチのスタッフは優秀だから、
マーケティングも集患も任せられるんですよ〜♡」
という院長はもっと事態は切迫しています。

 

そんなに優秀なスタッフであれば、
そのスタッフはいずれ独立してあなたの元を去ります。

 

そうなれば、あなたの元には
何の知識も、経験も、積み上げたモノも、
何も残っていません。

 

全てがゼロ、集患も経営も一からやり直しです。
ちょっと不謹慎ですが、それは不慮の事故で
明日起こることかもしれないのです。

 

そうでなくても、そのスタッフが
あなたの引退するまであなたの傍らで
勤め続けてくれると考えること自体が甘すぎです。

 

 マーケティングや集患は業者に任せない

たいていの院長が
やらかしてしまいがちなことがあります。

 

それは歯科医院のサイトやホームページ、
Facebookやアメブロのページを
制作業者に丸投げしてしまうことです。

 

そのような制作業者の仕事は『制作すること』です。
あくまでもこちらが指示したことを、
その通りにやってくれるだけです。

 

いくら「マーケティングのことを知っています!」
「集患のことはお任せください!」という業者であっても、
あなた自身にマーケティングや集患の知識がなければ、
あなたが意図したような結果の出る制作物は実現しません。

 

『あなたの』歯科医院経営について
彼らは何も知らないのですから当然の帰結です。

 

せいぜい、これまでの経験から知り得た
歯科医院経営の一般的・平均的なパーツを
寄せ集めて適当にまとめた制作する程度です。

 

実際のところ、マーケティングのこと、集客のことまで
責任をもってやってくれる制作業者はほとんどありません。

 

本当に責任を持って行おうとするなら、
相当な時間をかけてヒアリングやミーティングをしたり、
あなたの歯科医療に関する思い入れなどを
わかりやすい言葉にする作業を支援したりして
「効率的には悪すぎるようなこと」をしなくてはなりません。

 

高い料金を払ったからといっても、
そこまで期待できる制作会社は非常に稀です。

 

せいぜい、SEO対策をやってくれたり、
PPC広告を出してくれたりするくらいです。
まぁ、それもテンプレな作業だけですが…

 

とにかく、もっと大きな『集客の仕組みづくり』や
『経営的な影響』『今後の経営の方向性』などのことまで
考えられる制作業者は全体の1%もいないでしょう。

 

そんなレアな業者を血眼になって探すよりも、
あなた自身が経営やマーケティングを学んで、
彼らに的確な指示ができるようになる方が
何倍も簡単で、何十倍も有益です。

 

そしてこのことは
制作業者に限ったことではありません。

 

マーケティングや集患のことを
業者に丸投げすることは、
ある意味お金をドブに捨てているようなものです。

 

業者がどこかから引っ張ってきたり、
思い込みで開発したりしたノウハウやシステムに
あなたの経営の方を無理に捻じ曲げて、
はめ込まれるだけになります。

 

うまくいく確率は低いですし、
うまくいったとしても「たまたま」偶然。

 

何でうまくいったのかを業者すら解析できません。
当然そこには普遍的なノウハウの蓄積はありません。

 

業者に丸投げしている限り
その業者がコケたり、状況が変わっても、
あなたには何の対処もできないことになります。

 

あなたが経営や習慣の知識やノウハウを持っていて
作業を外注することは何の問題も生じません。

 

仮にその業者が倒産しても、作業を行える別の業者を
探してまた外注すればいいだけです。

 

経営やマーケティングやそれを含めた全てを
業者に丸投げしないようにしましょう。

 

 マーケティングや経営はコンサルタントに任せない

『集患の仕組みづくり』や『歯科医院経営のノウハウ』を
教えてくれるコンサルタントはたくさんいます。
“近”もその一人です。

 

ですが、そういったマーケティングや経営のコンサルタントに
全て丸投げして任せてしまうのは止めましょう。

 

実力のあるコンサルタントであれば、
仕事を任せれば成果を上げてもらえるはずではあります。

 

しかし、コンサルタントに丸投げすると
その人がいなくなった途端に何もできなくなって
元の木阿弥に戻ってしまう歯科医院が結構あります。

 

例えば、以下は“近”ではなく、集患代行をしている
知り合いのコンサルタントの話です。

 

集患代行を任されている間は、患者をしっかり集めて
売上も上がるように持っていくわけです。
仕事ですから当然と言えば当然ですし、ここまではいいです。

 

ところが、契約が終了してその方が手を引くと同時に、
患者数も売上も元の通りに戻ってしまう医院が多いそうです。

 

その原因は、コンサルタントに任せっきりで、
集患のノウハウがその歯科医院に残っていないからです。

 

再度同じ成果を出そうと思ったら、
またコンサルタントに依頼しなければならないわけです。
それこそ、コンサルタントに手を引かれたら終わりです。

 

コンサルタントの立場からしてみたら、
お客さんに依存されるのは嬉しいことではあります。

 

しかし、コンサルタントとして、これを狙って行うのは
“近”は「何だかなぁ…」と思ってしまいます。

 

契約期間の間に私からノウハウそのものを学んでもらって
作業を外注できるようになればいいじゃないですか。

 

いつまでも同じ問題を抱えたままで
高額のコンサルティング料を支払い続けるのは
経営者として全く成長がないということになります。

 

コンサルティング料は別の問題の解決に
投下すればどんどん成長していくことができます。

コンサルタントからやり方を学ぶことは正解です。
ですが、丸投げして任せるのではなくて、
あなた自身がやり方をしっかり学ぶようにしましょう。

 

コンサルタントがいなくなっても
成果をだせるようになることが大切です。

 

 経営・集患・マーケティングはあなたが学ぶ

「経営のことは煩わしいから…」
「マーケティングはよくわからないから…」
「医療従事者には必要ないから…」

 

よく聞く言い訳ですが、歯科医院の院長が
そんなことを言っていてはいけません。

 

「公共性の高いといわれる歯科医院」の経営者としては
むしろ無責任と言われる部類の発言です。

 

今回お伝えしたように、
経営者自身が学んでいかなければ何も前進しません。

 

経営・集患・マーケティングを学ぶことは、
歯科医院の院長としても、経営者としても
優先して取り組むべき課題だと認識してください。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

経営コンサルタントに丸投げしてしまうと
楽だけどノウハウの蓄積や問題の解決方法が
いつまでたっても身につかないという話をしました。

 

コンサルタントに丸投げする弊害は
実は他のところにも出ます。

 

丸投げして「失敗を自覚した」院長は
むしろこちらを問題視するケースの方が
多いかもしれません。

 

ではその「わかりやすい丸投げの弊害」とは
どんなことでしょうか。

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です