タイプ別!歯科医院経営の攻略方法

歯科医院経営者のタイプ

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

“近”は今でこそ、

コンサルティング関係のことを仕事の中心にしていますが、

以前はあなたと同じように

診療と歯科医院経営を仕事の中心にしていました。

 

 

 

当時はちょっと長めの研修旅行だったり

GWや年末年始のように休診がしばらく続くと

『気合いを入れて前歯部の支台歯形成でもしたいなぁ・・・』 

なんてコトが頭に浮かんでました。 

 

 

 

頭に浮かんでから苦笑してしまうのですが

歯科医院を経営していく上では

いろいろな局面があるわけですよね。 

診療しているのはもちろんなのですが、他にも 

 

 

 

患者と会話を交わしていたり・・・、 

スタッフに指示を出したり・・・、 

レセプトのチェックをしたり・・・、 

業績の数値を会計士と一緒に検討したり・・・。 

 

 

 

しかしまっさきに思い浮かぶのは診療のことなのです。 

“近”は基本的には技術者タイプというか、

職人タイプの歯科医師なのだなと

妙に納得をしていたものです。

 

 

 

診療からある程度距離をおいている今でも

たまに同じようなことを思い浮かべますから、

人の根底にあるモノはちょっとやそっとでは

きっと変わらないものなのでしょう。

 

 

 

そんな思いが交錯して

つい苦笑いになってしまっていたわけです。 

 

 

 

当然ながら、

“近”のような職人タイプとは別のタイプの先生もおいでです。 

“近”はその人たちを事業家タイプと呼んでいます。 

 

 

 

この2つの呼び名で

だいたい得手不得手がわかろうかと思います。

いろいろな場面で違いがあるわけですが、

今回は 診療所の形態にからめたお話をしましょう。 

 

 

 

職人タイプのドクターはこんなことを考えます。 

 

集中して診療がしたい…

その他のことはスタッフに任せたい…

権限も与えるから自己裁量で上手くもらいたい… 

役立ちそうな診療機器なら高額でもほしい…

経営って面倒だからどうにかならないかな…

スタッフの管理もだれかにまかせられないかな…

 

こんな感じです。 

 

 

 

歯科医師会や勉強会で話してみると 

似たり寄ったりの職人タイプ先生は結構いるようです。

 

 

 

そして診療所の形態ですが、 

職人タイプのドクターは分院展開をあまり考慮しません。 

なぜなら気を配る場所が増えてしまうのですから。 

 

 

 

それよりも今の診療所を高いレベルで安定化させて、 

自分の好きな治療をやりたいと思うようです。 

 

 

 

事業家タイプのドクターは 

患者数を増やして平均化することで、

最適化した診療を 提供しつつ

経営を安定させたいと考えるそうです。 

 

 

 

理屈はとても良く理解できるのですが、

分院展開をしてまでは…といったところです。 

 

 

どちらがいい悪いもないですし、 

経営の有利不利もありません。 

経営は自己責任ですから

あなたの好みでイイですし、

それを貫く方法もあります。

 

 

 

さて、あなたはどちらのタイプですか? 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

実はもう1点、経営に重要なあるところにで

職人タイプと事業家タイプに違いが出ます。 

どんなところだか思いつきますか?

 

 

 

自分のことは当たり前すぎてわからないこともで

 こうやって比較の対象があると

コントラストで思いつくものです。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です