行政に無意識に依存するのはもうやめよう

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
小さな歯科医院、クリニックの集患コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

こんな記事をみつけました。
我々も医療従事者である以上、考えてみるべきテーマです。

 

医療費の膨張が止まらない

「金の切れ目が命の切れ目」なのか

 【一筆多論】河合雅司

医療費の膨張が止まらない。
平成23年度に病気やけがの治療で医療機関に支払われた
医療費の総額が38兆5850億円に上り、
5年連続で過去最高を更新した。

 

政府の推計では、団塊世代が75歳以上となる
(平成)37年度の給付費は54兆円だ。
どこかで抑制しなければ、国民皆保険は崩壊しよう。

 

なぜ医療費はこうも膨れるのだろうか。
大きな要因の一つは高齢化の影響だ。

 

年を重ねれば、誰しも病気やけがをしやすくなる。
それも大病が多い。

 

1人あたりの医療費は65歳以上が72万900円。
65歳未満の17万4800円に比べ4倍以上の開きがある。

 

とはいえ、高齢者数の増加はどうにもならない。
できるとすれば健康づくりだ。

 

「平成24年国民健康・栄養調査」は、
糖尿病が強く疑われる人と予備軍とで
2050万人と推計する。

 

前回19年調査と比べ約160万人減ったが
成人の5人に1人である。
国民意識をさらに高めていくしかない。

 

一方、「高齢化」と並んで医療費を押し上げているのが、
新技術、薬、高度な検査機器の開発・普及といった
「医療の高度化」である。

 

あまり知られていないが、医療費増加要因としては
高度化によるところが一番大きいのだ。

 

医療の進歩はありがたい。
ひと昔前なら諦めるしかなかった病気で
助かるケースが増えてきた。

 

いつの時代も、少なからぬ患者が
祈る気持ちで新薬・新技術の開発を待っている。

 

だが、画期的な技術や新薬の開発にはコストがかかる。
当然、その代金は高くつく。

 

財務省によれば、
22年度の医療費の自然増約1・3兆円のうち、
高齢化の影響は約0・6兆円、
高度化による押し上げは約0・8兆円だ。
自然増以外では、診療報酬改定分が約0・1兆円である。

 

高度化が医療費を膨らますのは値段の高さだけではない。
高度医療を必要とする患者は、
複数の大病を抱えている場合が多い。

 

先端医療技術で1つの重病が治り、
命を永らえたとしても、
結果として闘病生活が長引くことになる。

 

医療政策に力を入れる安倍晋三政権は、
世界最先端の医療が受けられる社会を目指すとする。

 

資源小国の日本にとって技術革新は不可欠であり、
世界最先端を追求することは重要だ。

 

同時に、保険医療でどこまでカバーするか
「折り合い」を考えなければならないということである。
もちろん過剰な医療をスリム化することが大前提となる。

 

ここまでは、「医療」を成長産業とする経済産業省と、
国民皆保険維持に頭を悩ます厚生労働省の
意思疎通が十分とは見えない。

 

ある会合で、国立大医学部教授が
「高齢者が運び込まれたとき、
『この患者に高度な医療を施して、
あと何カ月余分に生かすことができるか』と考える。

 

限りある医療資源ならば
若い命を優先して助けたい」と明かした。

 

別の医師は
「『お金の切れ目が命の切れ目』は冷酷な現実。

 

そろそろ『そこそこの医療』とは何かについて
考えるときだ」と言い切った。

 

到来する「患者激増時代」に備えて
医療費の伸びをどうするのか。

 

医師たちのこうした問題提起に、
目を背け続けるわけにはいかない。

(論説委員)

 

理想は我々医療機関側も、患者側も、
社会保険支払い側も政府も、厚生労働省も
ガラガラポンで意識を転換することでしょう。

 

関係者がそれぞれ不満を持ちながらも
大前提・大方針のために納得して動く・・・
少なくとも“近”はそう思います。

 

でも無理でしょうね・・・

 

「医療改革」なんて言ってますが、
どうせ決まりません。

 

仮に決まったとしてもずっと先のことでしょう。
お上の通達で医院経営が楽になるのを待つ…
そんな夢物語に期待するのはナンセンスです。

 

もう関係各位に頼るのは辞めましょう。

何のために独立開業したのか?
自らの裁量で歯科診療と経営を
行っていくためではなかったのですか?

 

『お金の切れ目が命の切れ目』は冷酷な現実。
その通りだと思います。

 

特に歯科では、問題を解決するために
複数のグレードの異なる治療方法を提示することは
しごくあたりまえで普通のことです。

 

ドクターのポリシーによって
いくつかの選択肢は最初から提示しない場合もあります。
患者が特定の治療方法を強く希望する場合もあります。

 

そんな場面に日常的に接している我々にとって
「お金で診療の質が変わる」コトに
大きな抵抗はそれほど無いはずです。

 

あなたも患者も、
一番抵抗が少ない「保険診療」を妥協しながら行って、
保険制度の愚痴をこぼすのは辞めましょう。

 

少なくとも、「あなたが考えるベストの治療」を
金額にかかわらず提案しましょう。

 

あなたはどんな診療・治療がしたいのですか?
はっきりさせた方が身のためです。
治療費がかかるかどうかは二の次にして、です。

 

「衣食足りて礼節を知る」
「貧すれば鈍する」
と言う言葉もあります。

 

院長のあなたが満たされなければ
『ホスピタリティを前面に出した歯科医院経営』なんて
タダの根性論で掛け声ばかりになります。

 

大事なのは『あなたが何をしたいのか?』です。
診療でも、人生においてでもいいでしょう。
考えて決めることです。

 

決めたらその次には
人生においてのことなら
実現のための行動プランを組み立てる。

 

診療(仕事)においてのことならなら
その量と質、報酬のバランスを考える。

 

最終的には、決めたゴールから逆算して
日常の行動にまで落とし込んでいきます。

 

関係者が決めた方針に従って診療をするのではなく、
自ら立てた方針に従って診療・人生を組み立てていく。

 

人任せでない分シビアになるはずです。
「自分探し」などという浮ついた言葉で
片付けてしまいたくはありません。

 

自分の気持ちや感情を把握する・見える化する。
まずはそれでイイと思います。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「何がしたいのか」
なかなか考えが転がっていかないあなたには
とっておきのハンドルがあります。

 

“近”のクライアントは「これで思考が廻った」
という方がたくさんおいでです。
さてそれはどんなハンドルでしょう?

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。
会員限定の無料メルマガで話しています。
https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

※ 3営業日以内に返信いたします。

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.