あなたのモチベーションを高く保つちょっとした工夫 ①

motivation

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

「モチベーションを保つ」

 

 

“近”はスタッフを含めた他人のモチベーションを

完全にコントロールしようとすることは

どうせムリだから手出しをしません。

 

 

もっとも、主たる目的としていなくても

副次的にモチベーションが高まる結果に

なることはあります。

 

 

ただしそれが一定の割合や確率で

起こるとは言い切れないので

再現性のある施策としてはやっていないということです。

 

 

このように他人のモチベーションは

コントロールしようとは思いませんが

自分自身のモチベーションは別です。

 

 

『モチベーションをいかに高く保つか』

にはいろいろと工夫をしています。

 

 

我々歯科医院の院長は

「歯科診療」の知識や技術を学んだり、

実際に自分の歯科医院に導入することに関しては

モチベーションを高く保てている方が多いものです。

 

 

しかし、「歯科医院経営」に関することには

『どうにもモチベーションを保てない』

『何とかならないか』

と相談を受けることもしばしばです。

 

 

たとえば『自費診療を増やす方法』のような

経営セミナーに参加したなら、

あなたのモチベーションは上がります。

 

 

ですが、そのモチベーションは

セミナー参加直後が最大で、

終了とともにアッという間に下がっていきます。

 

 

セミナー当日、家に帰った頃には

Maxだったころの半分以下に下がり、

翌日には、

『昨日の盛り上がりは幻だったのか?』

というような状態になることもよくあります。

 

 

そして日々の診療や生活におわれて、

そのモチベーションは下がったまま…

なんてことになっていないでしょうか。

 

 

 

“近”は、歯科医院経営を成功させるためには、

「歯科医院経営に対するモチベーションの維持」が

できるかどうかがとても重要だと考えています。

 

 

今、現在のあなたの状況は、

大体毎日“近”からのメルマガが届いたり、

Facebookなどからブログに行って記事を読んだり

することができます。

 

 

“近”のことを知らない歯科医師よりも、

モチベーションを維持しやすい状況にあります。

 

 

ですが、想像してみてください。

“近”との関係性がなくなって

歯科医院経営に対する刺激が全くない状況を。

 

 

今、想像している以上に

停滞感やトラブルが発生すると考えて

間違いはありません。

 

 

よほど強い意志を持ったかたでなければ、

せっかくセミナーを受けても

モチベーションは一瞬上昇した後

すぐに急降下してそのままです。

 

 

そうなれば、

歯科医院の経営改善など夢のまた夢です。

 

 

“近”の顔見知りの中にもそんな人が

たくさんいるのでよくわかります。

そしてそういう院長が次にすることもわかります。

 

 

モチベーションが下がってしばらくすると、

また同様の経営関連のセミナーに参加するのです。

 

 

そして、

「参加したこと自体に満足する」という、

全く意味のない悪循環を繰り返してしまいます。

 

 

そうなってしまわないように、

モチベーションが下がらない工夫と努力が必要なのです。

 

 

“近”自身、人並みの意思の力しか持っていませんから

モチベーションを高く保つために、

いろいろと工夫と努力をしています。

 

 

そのおかげで、たとえ苦手な分野に取り組む際にも

ずっと高いモチベーションを維持できています。

ではどんな工夫と努力をしているのか?

 

 

実際にはいくつかの簡単なことを組み合わせて

意思の力を使わなくても

高いモチベーションをキープしているだけです。

 

 

そこで今回の話ではその

『簡単な工夫と努力』について

詳しくお伝えしていこうと思います。

 

(続く)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

本文中でも少し触れましたが、

“近”は他人のモチベーションについては

管理できないというかあきらめているところがあります。

 

 

もちろんスタッフ、従業員には

モチベーションを高く保って

仕事に取り組んでほしいとは思っています。

しかし、これは感情というか好みなんかと同じです。

 

 

セロリが嫌いな人に

おいしいセロリの料理を出すことはできても

確実にそれを食べさせたり

好きにならせたりすることはムリというものです。

 

 

では現実問題として、

歯科医院の経営者・リーダーとしては

従業員の何を管理すればいいのでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です