あなたのモチベーションを高く保つちょっとした工夫 ④

切磋琢磨

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

大型連休などが近づくといつも言うことです。

『体を休めるのも家族サービスも大事』

『でも普段取り組めない課題に挑戦するチャンス!』

 

 

行楽地はどこへ行っても大混雑です。

出かけた先でゆっくり・のんびりは期待できません。

どちらかというと疲労が増すような・・・

 

 

しかし、家族との思い出はプライスレスです。

どこで折り合いを付けるかはあなたにお任せします。

 

 

ただし、GW、お盆、年末年始以外に

あなたの好きな時期にある程度まとまった期間の

休暇が取れるなら話は別です。

 

 

旅行も話題のスポットへのお出かけも

その時にすればいいことです。

無理に大混雑に突入していくことはありません。

 

 

それが可能な状況を作り出すためにも

やるべきことを着実にこなしていくことが必要ですし、

そのためのモチベーションの維持が重要になるわけです。

 

 

今さらですが、何事も意思の力だけに頼るやり方は

たいていの場合、尻つぼみになります。

 

 

ダイエットに取り組んだことのある方は

イヤというほど実感していることでしょう。

 

 

ですから今回の話は「意思の力に頼らない」

モチベーションの維持の仕方!

という側面を持たせています。

 

 

 モチベーションを高く保つ工夫その3

  〜セミナー参加者の仲間を作る〜

 

 

  • セミナー終了直後から復習する
  • スケジュール管理をする

 

 

これまでに紹介した工夫が

自己完結したものだったのに対して、

今回の工夫は他人を巻き込むので

ややハードルは高くなります。

 

 

しかし、それを補って余りある効果があります。

単発の(1回完結の)セミナーでは厳しいですが、

コースで複数回の受講があるセミナーなどでは

懇親会などに参加すれば、さほど難しいことではありません。

 

 

もちろん、会話を交わす仲になるだけでは

モチベーションを保つことに寄与しません。

どうするかというと、あなたの「スケジュール管理」を

手助けしてもらうのです。

 

 

具体的には週に1回、

先週取り組んだことの結果と、

来週取り組むことの予定を、

報告しあうようにするのです。

 

 

1週間の計画を発表することで、

必ずやらなければならない環境をつくり、

報告するためにも頑張る効果があります。

 

 

1対1でもいいのですが、複数人でチームを作ると

みんなで切磋琢磨していく雰囲気も生まれて

なおいっそう良くなります。

 

 

相手からも活動報告が入ってくるので、

努力の様子や結果を聞いて、

やる気を生み出す効果もあります。

 

 

モチベーションが下がった時でも

同じ立場で頑張る仲間の院長の姿は

あなたを鼓舞する力があります。

 

 

さらに言えば、人数の分だけ、

得られる経験値が増えます。

 

 

それぞれが自分の課題に取り組み、

結果を報告しあうので、成功も失敗も

全員でシェアすることになります。

 

 

自分だけでは気づけなかったであろうことを

指摘されることも多々あります。

 

 

メールだけでなく3ヶ月から半年に1回くらい

皆で集まって情報を交換するのもいいでしょう。

 

 

ぜひあなたから積極的に声をかけて、

お互いに切磋琢磨できる仲間を見つけてください。

 

 

ただし、1つだけ注意点があります。

実際に“やる気のある院長” を選ぶことです。

誰とでも仲間になればよいわけではありません。

 

 

『セミナー内容を実践する』

『学んだことを現場に活かす!』

 

 

と本気で決意している院長先生と

仲間になってください。

 

 

できない理由を探すような方や

愚痴を言うような方は

正直、マイナスにしかなりません。

 

 

慰め合うだけの仲間はむしろ

足の引っ張り合いになるだけです。

お互いに高めあえる仲間を見つけてください。

 

 

今はインターネットがありますから

居住地はどこでもあまり関係ありません。

 

 

仲間がいるのといないのとでは、

得られる結果は全く変わってきます。

 

 

今後のセミナーへの参加時には

このことをしっかりと覚えておいて、

これまでとは違った気構えで臨んで下さい。

 

 

そして、互いのためになる

仲間を見つけてください。

本当に、強く、強く、おすすめいたします。

 

(終わり)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回の話を聞いたある先生から

こんな質問をいただきました。

 

 

「この先ずっと週1で報告し合うのか?」

「期間を定めなくていいのか?」

 

 

当然、セミナーの内容やボリュームにもよります。

仲間となった皆さんの事前に持っている知識や

スキルも全く同じではありません。

 

 

ですから、まずは半年を目安に

スタートしてみることをオススメします。

 

 

半年あれば、大体セミナーの内容を

消化できるというのが1点。

 

 

そしてあともう1点、半年にする理由があります。

それはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です