歯科医院運営が軌道に乗ったら考えるたった1つのこと②

拡大路線

写真や映像ではなく、実際に自分に目で確かめて

初めてわかることはたくさんあります。

同様に、見ただけではわからないこと、

やってみて初めてわかることもたくさんあります。

歯科医院の経営もそうです。

やってみて初めてわかるコトだらけといってもいいくらいです。

 

 

この文章を読んでいるあなたは

基本的には歯科医院の院長であるはずです。

ですから、あなた自身の経験に照らし合わせることが可能です。

今回の話についてはいろいろなことを思い起こしながら

聞いてもらうと理解がしやすいはずです。

 

 

見えない分かれ路

開業してからだいたい1〜3年後くらいに

経営方針、診療方針に関わる分岐路にさしかかります。

これにはほとんどのドクターは気付きません。

気付かないことには理由があります。

 

 

気付けない理由

 もともとこの路は存在していませんでした。

存在しているのはせいぜい近々の20年くらいです。

ですから、開業年数の長くなった経験豊富な先生は

一切のアドバイスをしませんしすることもできません。

 

 

だいたい2000年以降に開業した院長には

気付くチャンスはあったはずですが、

それ以前だと気付けという方が無理なのです。

 

 

歯科医院の経営が比較的楽な時代には

もっと有利で簡単な路を進むことが正解であり

この路には先というか未来が存在しなかったのです。

 

  • 景気がいい
  • 物価に対して診療報酬が高額
  • 競争が激化していない

 

こういった好条件が全てなくなり、

閉塞した状況が継続されたからこそ「アリ」になった路です。

 

 

好状況下の路

これは『拡大路線』1択です。

好状況というのは「需要と供給」でいえば

「需要>>供給」ということです。

 

 

資本経済の原則は「拡大再生産」です。

資本を投下して事業全体の規模を大きくしていきます。

事業規模を大きくして『収支の差』を増大させます。

 

 

すなわち、「収入」も「支出」も大きくしていくわけです。

この時、「収入」の伸び率と「支出」の伸び率とでは

支出の伸び率の方が高くなります。

なぜなら、支出には「固定費」があるからです。

 

 

「固定費」は「収入」が大きくても小さくても

一定額が支出されるものです。

テナント料や人件費がこれに当たります。

そのために『収支の差』=利益は

事業規模の「拡大」によって増大していきます。

 

 

従来からの手法なのである意味わかりやすいですね。

しかし、好状況はバブルの崩壊とともに吹き飛びます。

さらに低迷状況が常態化する事態となってしまいました。

 

 

そこで低迷状況下に対応した手法が

新たな路として登場してくるのです。

この続きはまた次回に話していきます。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

従来からの「拡大路線」は以前よりも難しくはなりましたが

決して間違った手法ではありません。

言い換えれば、以前よりも「リスク」が

跳ね上がっているために利益の確保が難しくなったのです。

 

 

このはねあがった「リスク」とはどんなモノでしょうか?

これについては、従来の拡大路線に慣れている

開業年数の長い院長の方が答えやすいかもしれません。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

 

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください