歯科医院運営が軌道に乗ったら考えるたった1つのこと⑤

目標をどこの据える?

 

歯科医院の経営は、好状況下ではみんなが同じ

『拡大路線』の戦略で問題ありませんでした。

しかし現在は低迷状況下なので、

個々の状況に対応した手法を模索しなくてはなりません。

 

 

 

1つは来院患者数が少ない前提で「設備」「運用」

「人員」などを構成し直す『縮小化』です。

 

 

開業時なら最初から面積も小さく、

ユニットもスタッフも極小にするイメージです。

改装時には面積は減らせませんが、

ユニットを減らして、撤去スペースを

有効に活用化する方向になります。

 

 

「入り」に合わせて「出」も縮小することで

キャッシュフローに余裕を持たせ、差益を確保しやすい反面

1日の診療可能患者数に限界を自ら設定してしまうため

患者増に対応が難しいことと、そこから利益を増やすには

患者の1回あたりの治療時間を短縮するか、

患者あたりの単価を上げるかしかないことになります。

 

 

もう1つは現在あるリソースの

最大活用を目指す『効率化』です。

リソースとはあなたのスキル、知識、スタッフ

設備、機器、既存患者など持っている資源を指します。

 

 

「効率化」ではそのリソースを遊ばせずにいかに使い切るか、

活用するか、利用できるものはどうやれば活かせるか、

ということから診療体制、システムを構築していきます。

 

 

1つの行動に多数の意味を持たせられるか、

1度にいかに多くの仕事をするか、いかに早くこなすか、

ということを重視するので、人材によって成果が左右されます。

 

 

優秀な人材を確保できれば「習熟」でさらに効率化するので

大きく発展する可能性もあります。

しかし、優秀な人材が流出してしまうと

根底から組み立て直しを余儀なくされ、

経営が危機的になる危険もあります。

 

 

さらに患者の絶対数は効率化のためには必須です。

そこが達成できる目処がたたなければ

「効率化」は実現がおぼつきません。

 

 

あなたの歯科医院経営がそこそこ軌道に乗ったときには

その先をどちらに舵を切るのかを考えなくてはなりません。

これまででしたら「拡大路線」しか道はありませんでした。

そちらに進むのが正解であり、議論の余地もありません。

 

 

現在のような低迷状況がずっと続いていたからこそ

このような別の道が生まれたといってもいいものです。

それでも今までとは違う形のリスクはあります。

 

 

「拡大路線」の最も大きな利点は

右肩上がりの経済状況なら成長し続けられることです。

しかも見慣れた(よくわかっている)手法です。

 

 

これに対して「縮小化」「効率化」は

低迷状況に対応しているので成長には限界があります。

 

 

経済の原則でいえば『好況』『不況』は必ず変遷します。

『デフレ』はそう長くは続きませんし

『インフレ』の方が発生しやすいことになっています。

 

 

しかし歯科業界的にはバブル崩壊後はずっと

『デフレ』『不況』が続いたままです。

どこかで経済状況は変わるでしょうが、

経済状況を読み切ることはほぼ不可能です。

 

 

あなたがどういう状態を目指すのか、

どういうリスクなら負えるのか、

裏目に出るとどうなるのかなどを理解して

あなた自身が道を選ばなければならないのです。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

今回のシリーズは考えるタイミングとして

『運営が軌道に乗ったら』としてあります。

ではこの『軌道に乗ったら』は

どんななタイミングを指すのでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

毎月必要なキャッシュフローの10%を

毎月貯蓄できるようになる

 

 

もっと厳しい条件はいくらでも付けられます。

ただこのあたりで調子に乗り始めることも多いので

ここで考えてほしいということです。

 

 

ちなみに次のチェックポイントは

『6ヶ月間収入がなくても

あなたの家庭と診療室が維持できる額の貯蓄』です。

 

 

話を戻します。

まにはともあれ、キャッシュフローの10%を

貯蓄できるようになったら、自分が目指すものを

じっくり考える時間を持つことが大切です。

 

 

目指すものが決まれば

進むべき道も自ずと絞られます。

 

 

ここにたどり着くのであまりにいっぱいいっぱいなら

最悪「院長」をやめて「勤務医」に戻るということも

検討の対象になります。

 

 

そうはなりたくないですから、

10%位貯められるようになったら

「拡大路線」にいくのか、そうでないのかだけでも

立ち止まって考えてください。

 

 

どう考えていいのかわからないのなら

あなたの状況や考えを整理してもらえる方に

手伝ってもらうのも一手です。

 

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

 

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.