歯科医院の院長が技術や知識と並行して身につけるべきこと

study

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

我々歯科医師という生き物は

自分の治療技術や専門分野の知識を深めることに

一般の方からすれば驚くほどのめり込んでいます。

 

 

そしてそれらがあれば、

患者は後からついてくる…

そういういう勘違いしている方も少なくありません。

 

 

しかし、それは間違っています。

 

 

誤解を恐れずにあえて言うならば、

 

「技術や知識を幅広く身につけているが

患者が来ていない、経営が苦しいという院長より

 

技術や知識の幅は狭くとも

患者が来て、経営がうまく言っている院長の方が

技術や知識を活かす力は高い!」

 

 

なぜなら・・・

我々歯科医師の仕事というのは

患者の問題を解決してナンボだからです。

 

 

いくらハンズオンなどで技術やノウハウを学んでも、

それはあくまで実習のレベル。

 

 

実際に患者に対するものとは違います。

細かい検討や工夫、試行錯誤して、

はじめて実践力として身に付くものです。

 

 

擬似的な体験をいくら重ねても

本当の患者に対するものとは

やはり違うものなのは

あなたも十分にご存知のことです。

 

 

経営がうまくいっていないということは、患者の数が少ない…

うまくいっているということは、患者の数が多い…

おおよそこのようにいうことができるわけですから

後者の方が当然患者の問題解決能力は高いのです。

 

 

こう言うと「私の方が知識も腕もある!」と

前者に当てはまる院長は反論します。

 

 

でも、よく考えてみてください。

大量に勉強して得た技術・知識のうち、

どれくらいを実践に使っているのでしょう…

 

 

あまり使われていないはずです。

 

 

その技術や知識を発揮するための機器が

半年もせずに埃をかぶった…

 

 

よく聞く話ですよね。

 

 

ほとんど使わないはずの知識を増やし、

技術をどんどん高めていくというのは、

ある意味過剰投資です。

 

 

ハエを追うのにミサイルを用意するようなものです。

追い払うなら手だけでも十分なはずです。

 

 

ただしそこには

『患者の問題解決をしてあげたい』

という考えがあることが大前提です。

 

 

それさえあれば最低限の技術・知識をもって、

たくさんの患者の問題解決に

尽力することでいい。

 

 

最低限の技術・知識を

実際に活用するすべを身につけていけます。

 

 

そして、もちろんわからないことや

望まれることが出てくればその部分を勉強…

 

 

これをひたすら繰り返していけば

その結果として患者の問題解決能力は

嫌が応にも高まっていきます。

 

 

我々歯科医師の仕事は

医療の提供ではなく、

患者の悩みや問題を解決することだと

改めて認識してほしいものです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

歯科医業が問題解決業であるなら

ほとんど使わないはずの知識を増やし、

技術をどんどん高めていくというのは、

一種の『無駄』です。

 

 

確かに適応症の患者がいつ来てもいいように

怠りなく準備するというのは素晴らしいことです。

技術や知識の習得が重要なことを否定しません。

 

 

しかし、習得と同時に

それを発揮する機会の創出にも

気を配ってみていただきたいのです。

いわゆる『採算性』と呼ばれる部分です。

 

 

一昔前の歯科医院の経営環境においてなら

何を勉強しても採算が取れました。

 

 

歯科医院数が圧倒的に少なかったために

勉強・習得した技術や知識を発揮する機会、

(すなわち患者数)を労せず得られたからです。

 

 

現在はそうはいきませんから

考え方も変えなくてはなりません。

 

 

矯正治療を行わない歯科医院があるように

ある分野の治療は一切行わないというのも

有力な考え方の1つです。

 

 

当然他にも有力な考え方がいくつかありますが、

その1つを考えてみましょう。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

 

P.S.

 

現在の患者を集める手法に手詰まり感があるなら

こちらは悪くないかもしれません。

 

『次世代型集患』

【詳細】

https://www.facebook.com/events/1530460610298689/

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です