浴衣をピシっと着ることから学ぶ行動と目標を結びつける方法

浴衣と花火

“近”の現在の住まいは東京なのですが、

そこそこ有名な花火大会の会場の近くでもあります。

当日は自宅に居ながらにして花火が楽しめる…

と喜ばしいのですが、残念ながらそうはいきません。

隣接しているビルがちょうど景観をさえぎっていて

「音は聞こえど姿は見えず」状態…

 

 

全く見えないわけではありませんが、

花火の端っこだけみても、イマイチ盛り上がらないのです。

 

 

“近”の住まいのような微妙なスポットもありますが、

街としては普段の数十倍の人が花火見物に訪れます。

 

 

飲食関係の店は軒並み店先でテイクアウトのフードや

飲み物類を販売します。まぁ、かきいれですね。

道路も一部は交通規制がされて見物に提供されます。

ということで、路上はかなりの人間でごった返すことになり、

時間帯によっては身動きがとりにくいほどになります。

花火見物

 

 

こうなってしまうとちょっと可哀想なのが浴衣の女性です。

満員電車並みの混雑でもみくちゃ…

暑さによる発汗…

自分で着崩れを直せない…

着慣れていない浴衣による緊張も相まって

せっかくの愛らしさが半減してしまう方が続出します。

 

 

これは、避けることができないものなのでしょうか?

こういう状況になることは現在であれば

多少調べれば比較低簡単に手に入る情報です。

気にして調べたりはしないのでしょうか?

 

 

なんのために?

浴衣を着て花火を見に行く…

そのこと自体が目的だから、混雑は不可抗力。

こういう考えもあります。

 

 

しかし、友人、彼氏、その他、

人の目を少しでも気にするなら

着崩れたりしない方がいいに決まっています。

そういった目的なり条件なりがあるなら

それなりに考える方がベターだというのが“近”の意見です。

 

 

目的・目標を明確にする・・・「目的」

満たすべき条件・要件を分析する・・・「条件」

行動計画を立てる・・・「立案」

実行する・・・「実行」

 

 

花火の浴衣であれば

「目的」可愛い浴衣姿を○○にみせる

「条件」着崩れる要素を排除する

「立案」混雑の激しい場所を避ける

「実行」ルート、時間を事前調査してから決める

 

 

という流れとなるわけです。

これはどんなことでも、

例えば    歯科医院の経営でも全く同じです。

 

 

深掘りしていく

実際には浴衣の例ほど単純ではないので

「立案」段階で出てきた「行動計画」を

目的に再度放り込んで掘り下げていくのですが、

階層が深くなっていくだけで

やっていることは同じです。

 

 

「目的1」経営を安定させる

「条件1」1日25万円をコンスタントに売り上げる

「立案1」1日の患者数を××人以上にする

・・・・・

「目的2」1日の患者数を××人以上にする

「条件2」1日のメンテナンスの患者を○○人以上にする

「立案2」1日△△人にメインテナンスの話をする

・・・・・

 

 

このようにして目的・目標を行動に落とし込んでいくのです。

目的・目標を決めるだけでは行動に落とし込めません。

 

 

あなたが掲げている目標は行動にまで落とし込めているでしょうか。

この機会にもう1度見直してみましょう。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

 

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「目的・目標」は立てることに意義がある…

そういう意見もあります。

それは今回の話と矛盾なく受け入れられることです。

 

 

今回、掘り下げていく過程で「立案」したことを

1つ階層を下げて「目的・目標」にしました。

 

 

最後まで掘り下げて

あとは行動あるのみとなった「立案」を

最終的な「目的・目標」に掲げれば

何の矛盾もなく受け入れられるはずのことです。

 

 

思いついた目的・目標を『掘り下げる』ことで

『行動』に結びつけるやりかたです。

これとは逆に思いついた目的・目標から

『抽象度を上げる』ことでわかることもあります。

 

 

「立案」を行うことで

達成される「目的・目標」を考えるという

いわば逆方向への考察によって

「目的・目標」は明確化されていく効果があります。

 

 

ではこの『抽象度を上げる』ことで

最終的にはっきりすることは何でしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

 

==========================

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください