以前は正しかったが今では間違いになってしまった歯科経営の常識

変わってしまった常識

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院を経営していく際に、

以前ならそれが正解だったけれど

今では間違いということがあります。

 

 

以前は正解だったからこそ

先輩歯科医師の話を鵜呑みにして

あとで大変な思いをする院長が後を絶ちません。

 

 

先輩としては正しいと信じていることを

アドバイスしているのですから

悪気がないこととはいえ、ひどいものです。

 

 

その

「正しいことから間違いに変わってしまったこと」とは

一体何なのでしょうか?

 

『正しい→間違い』に変わってしまったこと

 

【治療の技術が高ければ経営もうまくいく】

 

 

患者は我々が提供する『歯科医療サービス』を

事前に使ってみたり、試してみたりなどで

実感することができません。

 

 

ですから、あなたが行なっている広告や

ホームページで発信しているメッセージ、

さらにはあなたがどんな人なのかというような

 

 

間接的かつ、なんとなく良さそうかなぁという感覚で

来院する決断や高額の治療を受ける決断を

しているに過ぎません。

 

 

『どれがよいか』ではなく、

『どれがよさそうか』というのがポイントです。

 

 

つまり、あなたが歯科のある分野で

最も優れた技術を持っていたとしても、

患者に「他の歯科医師の方が技術が高そう…」と

『思われて』しまえばそれまでだということです。

 

 

【治療の技術が高ければ経営もうまくいく】

ということを至上命題にしているのは、

 

 

患者にその「技術の高さ」を知ってもらおう、

「技術の高さ」の価値を理解してもらおうという努力を

放棄している、ということに等しいのです。

 

 

先日、新規歯科医院の開業のサポートを

ビジネスとして行なっている方と話した時も

同様の話になりました。

 

 

そちらに開業の相談に来られたある勤務医の方は

ハンドスピードの速さや

専門家としての勉強量を誇るばかりで、

 

 

患者をどうやってよび集めるのか、

近隣の競合歯科医院に勝てるウリは何か、

収益を上げ続ける「飯のタネ」はどこか、

 

 

などの質問には全く答えられず終いで

その夢想っぷりや無謀さに

もう笑うしかなかったそうです。

 

 

【治療の技術が高ければ経営もうまくいく】教の方に

患者の呼び込みや強豪との差別化など

いわゆるマーケティングやセールスを推奨すると、

たいがい嫌な顔をされます。

 

 

「”近”も歯科医師です」というと共感どころか

『医療人としての魂を売ったハンパ者』として

さらに蔑まれることもあります。

 

 

でもこれは、大きな誤解。

 

 

本来、マーケティングやセールスというのは、

「無理やり売り込む」とか、「拝金主義」とか、

「ホスピタリティを否定するようなもの」とかではなく、

 

 

あなたの技術を含めた歯科診療の素晴らしさや

あなたの歯科医院が提供するサービスのよさを

余すことなく患者に伝える活動をいうものです。

 

 

歯科医院の経営そのものについては

開業すれば嫌でも直面することになります。

 

 

それでも、これまでに散々刷り込まれてきた

【治療の技術が高ければ経営もうまくいく】

という呪縛から逃れられない院長がたくさんいます。

 

 

”近”は技術を高めることを否定しているのではありません。

それがそのまま経営の成功につながると思い込んで

技術にしか目を向けないことが

もはや間違いになったと告げているだけです。

 

 

仮にあなたの技術が日本一であっても

患者にそのことが伝わっていなければ

患者にとってのあなたはその他大勢の歯科医師と

なんら変わりがない存在なのです。

 

 

これはあなたの意識に関する問題です。

意識しなければ求めることもなく、

求めなければ与えられることもありません。

 

 

あなたの意識はどこに向いていますか?

そしてそれは偏ってはいませんか?

ひょっとすると、あなたの心の奥に

刷り込まれたものに向いてはいませんか?

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

歯科医院の院長が持っている

歯科医院経営に対する関心の度合いは

総じて低すぎるというのが現状です。

 

 

特に患者に自分が届けたい情報を

しっかり届けるスキルに関しては

全く注目されていません。

 

 

その証拠に

『どこかに良い歯医者さんはないかしら?』

という患者の声はいろいろな経路から耳に入ってきます。

 

 

歯科医院や歯科医師の情報を求めている患者に

欲しい情報が届いていないということです。

 

 

『患者に情報をしっかり届ける』ために大事なのは

次の3つのことだと言われています。

 

 

1、何を伝えたいのか、その内容を吟味する

2、どの手段(媒体)を使って伝えるかを正しく選択する

3、〇〇伝えたいのかを明確にする

 

 

この3番目の〇〇には何が当てはまるでしょう。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です