人あたりの良い院長は得をする〜すぐにできる5つのコツ〜(上)

人当たり1

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

現代社会は、人とのつながりによって成り立っています。

これは“歯科医院”という小さな社会においても同様です。

 

 

そして人当たりがいいドクターは、

基本的に嫌われることがあまりないため、

診療であろうが、診療以外のことであろうが、

円滑にコミュニケーションをとることができます。

 

 

つまり、患者ともスタッフとも業者の担当とも

良好な関係性を築くことができるということです。

当然ながら、人間関係において

大きな悩みを抱えることはあまりありません。

 

 

『あなたが資金を用意して開業したのだから

あなたの素のまま、ありのままで

歯科医院経営をすればいい…』

 

 

というようなことをいう方がいますが、

それで円滑な人間関係が構築できるなら

それでも構わないでしょう。

 

 

以前であれば経済力、ステイタス、カリスマ性などで

それを実現していた院長がたくさんおいででした。

 

 

しかし、そのどれも手にしていない院長は

「これは本当の自分ではない…」

「自分をもっと前面に出して経営したい…」

と思っても、人間関係が損なわれるのであれば

そこは譲歩するしかありません。

 

 

では、素のまま、ありのままでなく

譲歩しつつ歯科医院経営をするとしたら、

どんなことを心得ておくべきなのでしょうか。

 

 

今回は

【人当たりの良い、嫌われにくい院長】

を目指すなら心得ておきたい5つの留意点…

というお話です。

 

 

 人当たりが良くなる5つのコツ⑴

  明るくフランクな印象

 

人当たりがいい院長は第一印象が良く、

話かけやすいフランクな雰囲気があります。

 

 

話しかけやすいことから、

患者からは本人や家族に関する情報が、

スタッフからは気づいた点や改善点が、

業者からは新しい情報や有益な情報が

自然と集まってくるでしょう。

 

 

人はふとしたことを誰かに話したくなるものです。

そんな時、敢えて人当たりの良くない人に

話す人はまずいません。

 

 

人当たりの良い院長には

いろんな話が自然と入ってくるので、

人間関係や空気を知ることで

その場を上手く立ち回ることもできます。

 

 

周りの人を受け入れる雰囲気を作るには

ほんのちょっとしたことに注意するだけです。

それだけで周囲の人は大きな抵抗なく

あなたに声を掛けることができます。

 

 

・気持ちをオープンにしておく

・姿勢は相手に対してやや前のめりに

・手や足は組まない

・座っているなら手のひらを上にして膝の上に

・作業の手を一旦止める

・「何かあった?」などこちらから水を向ける

 

 

これらとは反対に自分自身の周りに

「近寄るな」「話しかけないで」

といった威圧感の壁を作ってしまう院長がいます。

 

 

作業に集中して真剣に取り組んでいると

そうなってしまうのもわかりますが、

トータルで考えると損なことも多いものです。

 

 

もしあなたの近くにそういったタイプの方がいたら

ちょっと観察してみることです。

話しかけやすさとは真逆の雰囲気を

反面教師として活かしてみるのも一手です。

 

 

 

 人当たりが良くなる5つのコツ⑵

 

 

視野を広く持っている院長は

やはり人から悪い印象を持たれづらいものです。

 

 

立場が違う相手と意見を交わす際にも、

一度相手の意見を咀嚼してから

自分の考えを述べることができます。

 

 

お互いに一方通行の意見を言いっぱなし…

というようにならないよう配慮しながら

意見の交換を進めていくので、

 

 

自分の意見も相手にそれなりに

受け入れられやすく、満足できる結論に

到達することが多くなります。

 

(次回に続く…)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

話しかけやすいフランクな雰囲気…

ふわっとしすぎて全くわからないという方には

こんな方法もあります。

 

 

あなたが話しかけやすい方と

話しかけにくい方の特徴を

それぞれ思いつくだけ書き出してみるのです。

 

 

必要なのは「話しかけやすい方の特徴」ですが

表裏一体の「話しかけにくい方」を考えることで

その裏返しを思い起こしてください。

 

 

そうやってあげた特徴をよく見てみると

2つに大別されるはずです。

 

 

この分け方を知ることで、

あなたがやるべきことの

内容とタイミングが理解しやすくなります。

 

 

どんな観点で分けられるのでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です