人あたりの良い院長は得をする〜すぐにできる5つのコツ〜(中)

boss

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

人当たりがいいドクターは、

基本的に嫌われることがあまりないため、

診療であろうが、診療以外のことであろうが、

他者と円滑にコミュニケーションをとることができます。

 

 

あなたが【人当たりの良い、嫌われにくい院長】

を目指すなら、心得ておきたい5つの留意点…

これについて前回より話をしています。

 

 

前回はその1つ目のコツ『明るくフランクな印象』

について話しました。

 

人あたりの良い院長は得をする〜すぐにできる5つのコツ〜(上)

 

今回は続けて2つ目のコツから参りましょう。

 

 

 

 人当たりが良くなる5つのコツ⑵

  客観的な視点

 

視野を広く持っている院長は

やはり人から悪い印象を持たれづらいものです。

 

 

立場が違う相手と意見を交わす際にも、

一度相手の意見を咀嚼してから

自分の考えを述べることができます。

 

 

お互いに一方通行の意見を言いっぱなし…

というようにならないよう配慮しながら

意見の交換を進めていくので、

 

自分の意見も相手にそれなりに

受け入れられやすく、満足できる結論に

到達することが多くなります。

 

 

また、物事を客観的に判断することができるため、

自分本位になりすぎることがありません。

 

 

一歩下がって周囲の人が求めている

最良の道を選ぼうと意識した行動をするので

相手から不満に思われることがあまりないのです。

 

 

自分の意思がないというわけではなく、

常に冷静な視点で物事を見極めようとしています。

意見を通したいときにもあくまで理性的で

押し付けがましくなりません。

 

 

客観的な視点を持つのにオススメなのは

波長が合うと感じた評論家やコメンテーターなどの

時事的なニュースの解説などに継続的に接することです。

 

 

できれば相反する論調の方も

あなたが追いかける発信者の中に入れておいて

意見を対比させてみるとベターです。

 

 

 人当たりが良くなる5つのコツ⑶

  笑顔と雰囲気の柔らかさ

 

人に対しては常に親切に接したいと心がけることで

その気持ちが馴染むとともに表面に現れるものが

この『雰囲気の柔らかさ』です。

 

 

いつもニコニコと笑顔でいるように努めれば

優しい人だと思われやすく、

相手から慕われやすくなるのは間違いありません。

 

 

そうした態度が敵を作らずに

無害な人だというイメージを与えるのです。

 

 

もちろん歯科医師として、時には厳しい言葉を

患者に告げる必要もあるでしょう。

スタッフを叱らなくてはならない場面もあります。

 

 

そんな時でも『相手に親切に』という

根っこの部分があるからこその

表現や口ぶりなどになるはずです。

 

 

いろいろな患者やスタッフがいますから

相性の悪い人と接することもあります。

 

 

そんな時にもイライラした態度を

表面に見せることはなく

周囲に不満を漏らさないようにすることです。

 

 

一朝一夕ではなかなか難しいかもしれませんが

初診の患者や来院して日が浅く

これまであまり話したことがない患者にも、

会話をしやすく、丁寧に接してもらえそうだと

そういういう印象を与えることができます。

 

 

 人当たりが良くなる5つのコツ⑷

 

 

人当たりのいい院長がそうでない院長と

大きく異なる点がここになります。

 

 

会話の相手の患者やスタッフにとって

ネガティブなことや否定的なことを伝える際に

かなり多くのエネルギーを使っています。

 

 

また、どんなに人当たりのいい院長であっても、

時には不平や不満が溜まって

ネガティブな考えをそのまま

言い放ってしまいたくなることもあります。

 

 

しかし、人当たりのいい院長は

そんな時のストレスの発散方法を持っていて、

どんな時でも患者やスタッフなどに

感情のままにネガティブなことを

口にすることはありません。

 

 

具体的には

(次回に続く…)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回のシリーズのような話をすると

ある誤解をされてしまうことがあります。

それは

 

 

『笑顔でなんでも受け入れてくれそう』

と患者などに思われることと

 

 

『実際になんでも受け入れる』

ということとは全く別の話だということです。

 

 

つまり、全てを受け入れなくてもいいのですが

受け入れてくれそうな雰囲気を漂わせてください…

ということです。

 

 

注意することは

「文章や発言などでの約束は守る」

ということです。

 

 

受け入れられないことを

「受け入れています」とは言わないでください。

 

 

このことともう1つ、注意すると良いことがあります。

どんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です