歯科医院がハマりがちな【負のスパイラル】(上)

negative-spiral

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

あなたは「デフレスパイラル」という言葉を

聞いたことがあるでしょうか。

 

 

少し前の日本がそうであったともいわれています。

“近”は経済の専門家ではありませんので

日本がデフレスパイラルにハマっていたのかまでは

よくわかりませんが言葉の意味は理解しています。

 

 

簡単にいうとデフレスパイラルは

以下のようなことが進行していきます。

 

 

「デフレ」は品物の値段が下がっていく局面をさす言葉です。

反対語は「インフレ」で品物の値段が上がっていきます。

 

 

デフレの場合、たいていが不況となりますので

消費者の懐具合は厳しくなり、需要が減少します。

 

 

また消費者は将来、物価の下落を予測して

物品を今買わずに買うことを先延ばしにします。

 

 

物品が売れないので企業の業績が悪化し、

給与が下がったり、生産工場を閉鎖したり、

リストラによる人員整理がおきます。

 

 

消費者の所得が減少して懐具合がますます厳しくなり、

更なる需要の減退が生じます。

 

 

このようにデフレの悪循環にハマっている状況を

「デフレスパイラル」といいます。

 

 

歯科医院経営でも

悪循環にハマっている状況というのがあります。

よくある【歯科医院経営、負のスパイラル】は

デフレスパイラルといろいろと似ています。

 

 

臨床を重ねて治療技術を磨いていけば、

いずれ評判が高まり患者が集まると考え、

診療に最新知識や技術の研鑽に

労力や資金を集中投下する…

 

 

治療を提供する準備が整っているのに

患者が来院しない…、

来院しても用意した治療を受けてくれない…

(需要の減退)

 

 

 

診療報酬が得られず売上が低迷する…

徐々に経営が苦しくなり汲々としてくる…

(業績の悪化)

 

 

経営難により余剰資金が枯渇して

欲しい機材も買えず、優秀な人材も補充できず、

新たな技術や知識の導入も滞ってくる…

(事業規模の縮小)

 

 

 

十分な医療のサービスが提供できず、

来院患者には経営を少しでも好転させようとして

高額な治療を進めることが多くなってしまう…

 

 

患者にとって『歯科医院の魅力』が減少し

患者離れがますます進行する…

(需要のさらなる減退)

 

 

このような【負のスパイラル】にハマると

抜け出すのに一苦労します。

 

 

『だから、臨床を重ねて

治療の知識や技術を磨くだけでなく

経営者の視点を持ちましょう!』

 

 

というようなことは、あなたにはもはや、

耳にタコができているのではないかと思います。

 

 

ではこの、【経営者の視点を持つ】とは

いったいどういうことなのか?

 

 

これは、

『これまでの価値観を変えて下さい』

ということなのです。

 

 

具体的には

『臨床を重ねて治療技術を磨いていけば、

いずれ評判が高まり患者が集まる…』

という価値観を考え直せ!ということです。

 

 

もうすこし噛み砕いていきましょう。

 

 

「臨床を重ねて治療技術を磨く」

このこと自体は我々歯科医師にとって

生命線ともいうべき大事なことですから

ここを捨て去ってはいけません。

 

 

ただし、このことが

「いずれ評判が高まり患者が集まる」

には全っっっく結びついていないのです。

 

 

つまり、

『臨床を重ねて治療技術を磨いていても、

それで評判が高まり患者が集まることなどない!』

ということです。

 

 

この【我々歯科医師にとって残念な真実】を

受け入れて認めることが

【経営者の視点を持つ】ことの意味です。

 

 

この『残念な真実』を認めることができる方だけ

次回のブログ、メルマガを読んで下さい。

認められない方にとっては

意味のない言葉の羅列にしか感じない内容です。

 

 

認められる方には

『残念な真実』が真実である理由と背景をお話しします。

理由と背景を理解することで、あなたは

【経営者の視点】を深く強く持つことになるでしょう。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

デフレの状況では「金利」も下落傾向になります。

我々が歯科医院を開業する際には

ほとんどの方が借入金を起こします。

 

 

平たくいえば、

借金をして歯科医院を始めるわけです。

 

 

金利が安くて借りやすい状況ですが、

デフレ時は「お金の価値が上がる」ので

借金も年を追うごとに膨張するようなものです。

 

 

ですから単純に考えれば

自己資金で開業をするのがベストなのです。

 

 

ただし、現実問題としては条件があります。

この条件を満たせないのであれば、

たとえデフレの状況でも

借入金を活用して勧業するべきなのです。

 

 

その条件とはどんなことでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

 

【追伸】

【負のスパイラル】にハマらない

歯科医院のビジネスモデルの構築はそのまま

「自由な選択」ができるようになる

ビジネスモデルと位置づけられます。

 

 

・お金に縛られない経済的自由

・時間を拘束されない時間的自由

・誰かに依存しない対人的自由

 

 

を獲得したうえで、あなたの真の価値観に従った

診療がしたい、生活がしたい、人生を送りたいなら

こちらには一見の価値があります。

 

 

【プロトタイプセミナー(仮)】

 

2016年12月15日(木)14時〜17時

東京駅近辺にて

 

 

参加費用は【1,680円】です。

(他、条件があります)

 

 

詳細・お申し込みはこちらから

 ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 https://goo.gl/frrTmO

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です