歯科医院の経営責任を香港で考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
香港の高層ビルの谷間の公園より

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

今、香港に来ています。

友人でビジネスパートナーの方と会うのが第一の目的です。

 

 

弾丸旅行っぽいので体力的にはつらいのですが、

相手がなかなかコシが落ち着かない方なので、

会えるときに会っておかないと

いつまた会えるかわからないのです。

 

 

そんなわけで、急遽香港の朝を迎えてしまいました。

 

 

香港は完全に車社会です。日本とはインフラの考え方が違います。

ちょっとした大通りは横断歩道がほとんどありません。

地下道や歩道橋がぽつりぽつりとあるだけ。

 

 

しかも、

 

 

ビルの中からビルの中への歩道橋だったりして

ものすごくわかりづらいのです。

全く歩行者に優しくありません。

さらにやたらと道路工事もしてます。

 

 

車社会ゆえか、小さな道の小さな横断歩道にもほぼ、

信号機が備え付けられています。

車が猛スピードで曲がってきたりするので、

信号機があっても緊張感に満ち満ちています。

 

 

そのせいかどうかはわかりませんが、

香港の人たちには自立感が感じられます。

自分の事は最終的に自分で責任持つという気構えです。

 

 

こんな事がありました。

何度目かに香港を訪れた時の事です。

 

 

“近”が大きな荷物を持っていたせいもあるのですが、

壮年の男性とぶつかってしまいました。

 

 

その男性はとても恐縮して、親切な対応をしてくれました。

“近”の体や荷物の心配をし、謝罪の言葉も・・・

 

 

しかしです。

 

 

香港で人にぶつかったのは後にも先にもその1回だけです。

もう10回ほど訪れていますが、その1度キリ。

 

 

対して東京です。

ばんばんぶつかります。ぶつかってきます。

先週だけでも2度ぶつかりました。

 

 

“近”はこの差が自立心の差ではないかと思っています。

最終的には自分の責任だから相手がどうあれしっかりよける香港人。

たぶん相手がよけてくれるだろうと気にせず突っ込んでくる東京人。

 

 

『“近”、お前も相手に依存しているからぶつかるんだろ?』

と、突っ込まれそうですが、確かにそうかもしれません。

自分はかなりオーバーアクションでよけているのですが、

足りなかったり、さらに突進されたりします。

 

 

自分の行動としては東京でも香港でもそれほど変わりない積もり。

でもぶつかるのは「相手任せ」なせいに思えてなりません。

 

 

あなたにはこんな経験ありませんか?

もっと言えば、あなたは自己責任の世界に生きていますか?

あなたは誰かに、もしくは何かに依存していませんか?

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

歯科医院経営の場合、

 

「誰か(=人物・個人)」

 

に依存する状態というのは多くはありません。

 

 

ですが、例えば、

 

『〇〇さんからの紹介の患者が通院中の患者の3割以上』

『新規患者の2割以上が代診の△△先生を指名してくる』

 

なんていうのはその人物に依存しています。

 

 

その人がいなくなった時のインパクトが

シャレになってなければ、依存だと思って間違いありません。

 

 

これとは別に

 

「何か(=物事・事象)」

 

に依存している状態というのもあります。

 

 

歯科医院経営の場合、こちらの

「何か」に依存する状態はそこそこ起こります。

 

 

では「何か」に依存した状態というのは

どんな物事や事象に依存する状態となるのでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*