いつも冷静に!精神的パニックの3つの回避法

冷静に

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

我々歯科医師は患者相手、人間相手に医療を提供しています。

したがって、似たような場面はあっても

全く同じ場面というものは存在しません。

 

 

ですから、例えばボルトとナットの製作工場の工員のような

毎回同じ作業を繰り返す仕事に比べて

アクシデントの発生が格段に多くなります。

 

 

そう考えると、歯科医院経営者でもある我々院長には

組織の責任者としても常に冷静でいることが求められます。

 

 

しかし、このことに対して

『精神的に強くなれ!!』と言われたところで

なんの実効性もありません。

 

 

ただ、冷静でいられることが増えれば

治療中に何があっても落ち着いていられたり、

患者やスタッフとの対応中に慌てることがなくなったり、

業者その他との交渉に優位だったりするのも確かです。

 

 

そこで今回は【精神的パニック】を

回避する方法を3つほど紹介しておきます。

 

 

“近”が自分でやっていたことですが、

大きな意味での「心の準備」みたいなものです。

 

 精神的パニックの回避法 1

 

現場で行うことを減らす

 

「事前にできることはやれるだけ済ませてしまう」ことです。

予習する、準備する、確認する…

行動も考えることも、現場で行うことが少ないほど

パニックに陥る確率は低くなります。

 

 

パニックになりやすいということは

「精神的な余裕」が少ないということ。

現場でやるべきことが多いほど

少ない余裕が削られる場面が増えてしまいます。

 

 

その対策は当然「やるべきことそのものを減らす」ことです。

本番の際に「あれもこれもやらなくては…」と思うより

「これだけをやればよい」と思えるほうが、

「精神的な余裕」は多く持てるというもの。

 

 

事前にわかっている準備、やっておけることは、

少しのことでも済ませておいてください。

やるだけやってあるということで気が楽になるはずです。

 

 

事前の準備行動をリスト化してチェックすると、

成果が可視化でき、漏れや抜けが防止できて安心です。

 

 

人間は、どんな小さな理由であれ、

理由があれば不思議と納得できるものです。

根拠の希薄な「大丈夫」は過信ですが

具体的な根拠に基づく「大丈夫」は自信につながります。

 

 

 精神的パニックの回避法 2

 

完璧を目指すのはいいが固執はしない

 

 

「完璧にとらわれすぎない」ということです。

歯科医院の院長は生真面目な方が多いので、

診療に関することだと高い成果を求めがち。

 

 

事前に想定した治療を完璧に行おうとしたり、

相手を完全に納得させようとしたり、

最大限の譲歩を引き出そうとしたり、

無意識のうちに着地点を高い位置に想定してしまいます。

 

 

ところが、このこと自体が足かせとなって

「精神的パニック」を引き起こすことがあります。

 

 

「しっかりやらなくてはいけない」

「失敗してはいけない」という気持ちは大切です。

しかし、現場では想定外のことはよく起こります。

 

 

それでも想定した着地点にこだわると、

行うことが一気に増えて精神的余裕をガタ減りさせます。

さらに想定外のことが起きると…

 

 

ここは最初から、少し肩の力を抜きましょう。

「最高の着地点」は、それはそれで目指すとして、

まずは「許容できる合格点」を取りにいくのです。

 

 

そもそも、患者の数だけ異なる条件あるのですから、

『常に完璧』を具現化することは不可能です。

 

 

自分が想定する「最高の着地点」を高める、

「完璧」を目指して精進する、という姿勢は大切ですが

現場での結果を「完璧」に固執すると

かえって『精神的パニック』を起こしやすくなります。

 

 

 精神的パニックの回避法 3

 

反省は建設的に行う

 

 

結果がどうあれ、行ったことについての反省は大切です。

何が良かったのか、どこが悪かったのか、

分析しそれを明らかにすることで

『再現性』を伴った経験として次に活かせます。

 

 

「負けた時、失敗した時こそ学びのチャンス」とよく言われます。

「○○がダメだった」「××はこうすれば良かった」と感じる点が

たくさん思い起こされるからです。

 

 

しかし、それを心に刻みつけすぎるのは

ただの自己嫌悪と精神的な萎縮につながってしまいます。

 

 

次に同じような場面で萎縮して、余裕を削ってしまうようなら、

それはとてももったいない話です。

 

 

よく引き合いに出されるのが発明王エジソンの逸話です。

彼は電球を発明するまでに、一万回の失敗をしたといいます。

しかし、そのことをエジソンは失敗とは言いませんでした。

 

『うまくいかない方法を一万通り発見しただけ』

 

 

せっかく失敗して反省するなら、次に活かしましょう。

失敗から学ぶということは間違いではありません。

その経験をもとに精進し、実力が向上します。

 

 

しかし、それで精神的余裕をなくすような

反省の仕方は良くありません。

 

 

失敗は「○○をするとダメだ」という

サンプルの入手に成功したということです。

同じ場面で冷静に「ダメとわかった道」を回避すればいいのです。

 

 

反省は自らを貶める行為ではありません。

建設的に行う次への準備です。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回の話はいわば、

『現場以外で行う』精神的パニックの回避法です。

 

 

これだけのことをしても、

それでも現場では冷静さを失うことはあります。

そんな時は落ち着くのが一番です。

 

 

とはいえ、それが一番難しいのも事実です。

そこで、実際に「精神的パニック」に陥った際の

対処法を2つ!

 

 

1つは超シンプル、「深呼吸」です。

ただし、ちょっとしたコツがあります。

 

 

・腹式呼吸を意識して思いっきり空気を吸い込む。

・できるだけ長い時間をかけてその全てを吐き出す。

 

 

そしてもう1つは「〇〇を変える」ことです。

それがどうしても叶わない時は

少しの間目をつぶっているというのも効果があります。

 

 

ではこの「〇〇を変える」はどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です