歯科医院の院長が本気で【忙しい】を解消する3つの方法 ③

time-for-change

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

「忙しい」のはツラいが、かと言って

『時間はあるが売上もない』では困ってしまう…

 

 

歯科医院を経営する院長が

現在とそれほど大きく環境や状況を変えずに

好きなことをする時間とこれまで以上の利益を

どうやって生み出すかについて話しています。

 

 

1つ目の方法は【仕事を振る】ことです。

 

 

あなたの仕事をあなたの右腕のスタッフに振る…

右腕のスタッフはすぐ下の立場のスタッフに

これまでに仕事の内自分でなくともできる仕事を振る…

 

 

いわば「ところてん方式」で順に仕事を振っていけば

スタッフでもできるあなたの仕事を

最も時給の低いスタッフがやってくれるコトと

同等の状態が現実化できます。

 

 

空いた時間であなたは自分のやりたいこと、

時給の高い診療をすれば

時間も利益も手に入ることになります。

 

 

人件費を効果的に使うというのはこう言うことです。

続いて2つ目の方法。

 

 

 本気で【忙しい】を解消する方法 2

  〜仕事をシフトする〜

 

前述の1番目の方法を押し進めていくと

いずれあなたの仕事はあなたにしかできない仕事や

あなたがやるべき仕事だらけになります。

 

 

そうなると「仕事を振る」という方法だけでは

あなたの環境や状況を大きく変えずに

時間と利益を生み出すことができなくなります。

 

 

そうなった時に有効な方法が

『仕事をシフトする』になります。

具体的には

『他の人に振れる仕事の割合を増やす』ことです。

 

 

診療でいえば、

衛生士に任せられる仕事が多い治療を

積極的に増やします。

歯周治療、予防、メインテナンスなどです。

 

 

特に予防やメインテナンスが増えてくると

疾病未満の状態で処理されることが増えるので

『再初診』『再発』などの治療が減ります。

治療が減ってできた時間は

 

 

「新患を増やす施策をうって埋める」

「時間はかかるが高額になる治療を入れる」

「チャレンジングな治療に取り組む」

 

 

などを行えばトータルの利益も増えます。

家族との時間として使えば精神的充足と

癒しになるわけですからプライスレスです。

 

 

プラスαの利点として、

衛生士の習熟度やスキルを上がると

処置スピードが上がります。

 

 

その結果、あなたの仕事をほとんど増やすことなく

単位時間あたりの患者数・仕事量が増やせます。

当然、利益も増えます。

 

 

歯周治療、予防、メインテナンスの患者が増えて

衛生士の仕事が十分確保できたなら

処理スピードを上げるような治療機器の導入は

積極的に行うべきです。

 

 

 

診療以外のことでいうと

仕組み化、システム化を進めることになります。

 

 

例えば、税務。

歯科医院では毎日現金の決済があります。

診療の一部負担金以外にも一般的な消耗品の購入や

郵送費の支払い、廃棄物の処理量など

それぞれの医院で現金処理しているものがあります。

 

 

これをデジタルデータ化するだけでもずいぶん違います。

無料の家計簿アプリはいくらでもあります。

一旦デジタル化したデータは

もっと本格的な会計アプリに挿入することも容易です。

 

 

院内で使用する印刷物や在庫管理もそうです。

スタッフ共有のPCを用意して

データとして保存しておけば

必要な時にいつでも閲覧でき、印刷できます。

 

 

管理、運用までスタッフに

「仕事を振る」コトが可能な形にまで

システム化するということです。

 

 

『仕事をシフトする』のベースには

『仕事を振る』があって、振れる形に

仕事の方を変質・シフトするということになります。

 

 

 本気で【忙しい】を解消する方法 3

  〜単価を上げる〜

 

値段をあげることで、同じだけの利益をあげながら

患者数を減らして時間を浮かせることができます。

 

 

保険診療では診療報酬が規定されています。

ですからできることは限られます。

 

 

同時に複数歯の治療を行ったり、

C処置とP処置を同日に行う程度です。

 

 

改善する余地があるのはやはり

【自費診療】についてというコトになります。

 

 

こういう話になると必ず、

「どうすれば自費に転換できるのか?」

という質問をいただくわけです。

 

 

これも1つの局面ですが、

実際に【自費診療】について考えてみると

さらにもう1つの局面があることがわかります。

 

 

そしてどちらも根源的なあることが

ネックになっています。

それを順番に…

 

(続く)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回のシリーズのテーマである『忙しさの解消』を

当たり前のことと感じている方がおいでだと思います。

 

 

しかし、当たり前に感じるのはごく少数で

ほとんどの方には当たり前ではありません。

 

 

知っているものにとっては当たり前、

知らなかったものにとっては驚く情報になるわけです。

 

 

こういうことが起きるのも

歯科業界のあることが原因となっています。

このあることとはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

【追伸】

仕事をどんどん振ることができる

あなたと価値観を共有してくれるような

そんなスタッフが欲しいならこちら

↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 

劇場型スタッフリクルートを実現する1dayセミナー

http://wp.me/P6asQv-dF

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です