人を雇って任せることが当たり前だと思っていませんか?

雇って任せる

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「思い切って仕事を人に任せましょう」

 

あなたも1度は耳にしたことがあると思います。

歯科医院の院長をやっていれば否応無く

経営のことにも人事のことにも関心を持たざるを得ません。

 

 

そういう中で、

『院長たるもの、本当に利益につながる仕事に集中し、

あとの雑事は全部人に任せてしまいなさい』

というようなことを言われたりします。

 

 

実際に“近”自身もアチコチで言っていますので、

いつでもどこでも絶対的に正しいものと思われがちです。

 

 

しかし、それは違います。

厳密には、

意味を正しく認識し、条件を整えてから

行うべきことなのです。

 

 

 院長の仕事として認識すべきこと

 

はっきり言います。

院内で必要な単純作業も、考え込むような頭脳労働も

もちろん診療も全てが院長の仕事です。

 

 

ほぼ全てのことを

院長一人でこなしている歯科医院もあれば、

代診とスタッフが全て行なっていて院長は

ほとんどノータッチの歯科医院も存在するのですから

必然的に『医院で必要なこと全て』が

最終的には院長の仕事と見なさざるを得ません。

 

 

それぞれの歯科医院はその仕事を

それだけ代行してもらっているかの

バリエーションにすぎないのです。

 

 

歯科医師にしかできない仕事ももちろんありますが

歯科医院を経営する上で

院長ができない仕事はほとんどありません。

 

 

単に認識の問題です。

 

「こんなことは院長の仕事じゃない…」

「歯科医師になったのはこんな仕事のためじゃない…」

 

 

気持ちはよくわかります。

“近”も歯科医師ですから診療や研鑽に

傾倒していきたい気分は少なからず持っています。

 

 

しかし、歯科医院の院長となったからには

経営者の仕事とその責任も果たさなくてはなりません。

 

 

院長としての責務を全うしないと

歯科医師としての志や成し遂げたいことなども

方向転換を余儀なくされる可能性もあるわけです。

 

 

必然的に医院経営に必要なことは

たとえどんな小さな作業でも

院長であるあなたの仕事だという認識が

必要になってしまうのです。

 

 

この認識をはっきり持った上で

人に仕事を任せるには

さらに条件があります。

 

 

 

 年にこれくらいは取れなくちゃ…

 

歯科医院の経営者であるあなたの収支は

事業用の借入金の返済額によって大きく変わります。

 

 

それを除いて年に5〜600万円以上利益が取れないなら

人に仕事を任せるのは

ほとんどなしにするつもりでなくてはなりません。

 

 

なぜなら

任せるにあたって支払うキャッシュがないからです。

 

 

もう少し具体的な数値で見てみましょう。

仮に借入金の返済が元利あわせて毎月30万円、

年に360万円あったとします。

 

 

すると利益としては900万円以上の利益が

年に必要になります。

 

 

売上に対する利益率が30%の歯科医院なら

年間3000万円の売上がなければ

この数値を達成できません。

 

 

ここまで届いていないなら

仕事を任せるとかそれ以前に、

まともに仕事ができていないと考えるべきです。

 

 

自分でほぼ全てを決められる立場で、

普通に仕事をしていて、

500万円くらいの利益が出ないのはどこかおかしい…。

 

 

仕事をする気がないか、仕事ができていないか、

どこかから利益がダダ漏れしているか、

よほど才能がないか、のどれかです。

 

 

そこでまずはあなたが自分自身で働く時間を

徹底的に増やすことです。

余剰のスタッフはアルバイト扱いにして

労働時間を短縮したり、整理せざるを得ません。

 

 

1日12時間以上、できれば14時間。

休日など取ることなく働きます。

どんな細かな仕事も全て自分でやります。

 

 

全て自分でやるとなれば休診日にも

やることはいくらでもあるはずです。

 

 

“近”も開業当初は午前8時から午後11時まで

診療室にカンヅメのまま、食事とトイレ以外

ずっと仕事をしていました。

 

 

週1の休診日にも、治療の仕事を増やすための仕事を

朝から晩までしていたので、

ほぼ無休で仕事に明け暮れていた記憶があります。

 

 

ここまで徹底すれば

借入金の返済を除いた利益が5〜600万円は

すぐに超えるはずです。

 

 

利益率も場合によっては

50%を超えることもあり得ます。

 

 

自分で全てを行うことで無駄な出費が抑制され

細かい工夫が随所になされて

贅肉的な部分が削ぎ落とされるからです。

 

 

こうなって初めて

仕事を人に任せるべきなのです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

いやいや、それは極論だろう。

自分の報酬を削ってでも、

それを原資にして人に仕事をしてもらった方がいい…

 

 

それによって浮いた時間、診療に集中すれば

報酬は人件費を補って余るほどすぐに増えるはずだ…

 

 

こう主張する人もいます。

確かに理屈ではそうです。

歯科医師は本来「診療好き」ですから

そう思いたい気持ちを掻き立てられます。

 

 

でも、ほとんどの院長は

望んだ結果を得られません。

なぜでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です