理不尽な患者には穏やか退場していただくべきである5つの理由 ①

monster-patient

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

このブログやメルマガで話しているメッセージは

ぜひとも読んでもらいたいという相手を

あらかじめ想定してあります。

 

 

 

いくつかのパターンがありますが、

その1つがこんな院長先生です。

それは、

 

 

 

『理不尽な患者に振り回されている院長』

 

 

 

一方、理不尽な患者というのは

こんな行動をする患者を想定しています。

 

 

 

「診療報酬以上のサービスを要求してくる」

「患者の権利ばかりを主張してくる」

「自らの要求を全く譲ろうとしない」

「時間外のサポートを要求してくる」

「診療報酬を値切ってくる」

「アポイントを守らず勝手に来院する」

・・・・・・・・

 

 

 

しかし、たとえどんな患者であろうとも

歯科医師の応召義務(歯科医師法19条)により

患者を断れないと思い込んでいる院長がほとんどです。

コレは本当のことなのでしょうか。

 

 

 

 歯科医師の応召義務

 

確かに『歯科医師法第19条第1項』には

こう記されています。

 

 

 

「診療に従事する歯科医師は、

診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、

これを拒んではならない。」

 

 

 

この条文の本来の意味については

当時の厚生省医務局長通知や回答などにより

以下のようなものとなります。

 

 

 

患者が貧困であるという理由で、

十分な治療を与えることを拒む等のことが

あってはならない。

 

 

 

医師法第19条にいう「正当な事由」のある場合とは、

医師の不在又は病気等により事実上診療が

不可能な場合に限られる。

 

 

 

患者の再三の求めにもかかわらず、

単に軽度の疲労の程度をもってこれを拒絶することは、

第19条の義務違反を構成する。

 

 

 

休診日であっても、

急患に対する応招義務を解除されるものではない。

 

 

 

休日夜間診療所、休日夜間当番医制などの方法により

地域における急患診療が確保され、かつ、

地域住民に十分周知徹底されているような

休日夜間診療体制が敷かれている場合において、

 

 

 

医師が来院した患者に対し

休日夜間診療所、休日夜間当番院などで

診療を受けるよう指示することは、

医師法第19条第1項の規定に反しないものと解される。

 

 

 

ただし、症状が重篤である等

直ちに必要な応急の措置を施さねば

患者の生命、身体に重大な影響が

及ぶおそれがある場合においては、

医師は診療に応ずる義務がある。

 

 

 

 歯科診療の特徴

 

 

上記の通達はおもに「医師」に向けたものですが

概ね我々歯科医師もコレに準じていると

考えるべきでしょう。

 

 

 

しかし、歯科には医科にない、

いくつかの診療上の特徴があります。

 

 

 

1、診療のほとんどが小手術を含んだ処置になる

 

(続く)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

『理不尽な患者に振り回されている院長』は

その原因を「地域性」や「商圏の大きさ」や

「その住人の民度」にあると考えています。

 

 

 

この他にも認識の共通点があります。

本当の原因はむしろこちらにあると思われる

その共通の認識とはどんなものでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です