理不尽な患者には穏やか退場していただくべきである5つの理由 ③

failure

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

 

“近”はできる限りの手段を用いて

『理不尽な患者には角を立てず自ら退場してもらう』

ようにするべきだと考えています。

 

 

 

歯科医師の応召義務(歯科医師法19条)に

抵触すること無くです。

 

 

例えば、

「アポイントを守らず勝手に来院する」

こういった患者に対しては、診療を拒むのではなく

当日のアポイントの空きがある時間、もしくは

通常の診療終了後の診療を提示すれば

最低限の応召義務は果たしたことになります。

 

 

 

こうまでしても

『理不尽な患者には角を立てず自ら退場してもらう』

のには理由があります。

 

 

 

理不尽な患者には退場していただくべき理由1

 〜治療結果が良くない〜

 

あなたが「この患者、理不尽だな」と感じるのは

あなたが標準と考えている以上の要求をする他にも

 

「生理的に合わない」「患者の態度が悪い」

「あなたを疑っている」「失礼な言葉使い」

 

などいろいろな要素がかみ合っているからです。

 

 

 

こうなってくるとあなたが医療従事者として

精一杯の診療をしようとする積もりはあっても

どこかで及び腰になって遠慮してしまうものです。

 

 

 

当然、あなた本来の実力が発揮できないため、

なかなかよい治療結果を出すことができません。

 

 

 

また、理不尽な患者は

あなたの治療に対しても懐疑的ですから

あなたの指示にも従いません。

 

 

 

あなたのことを信頼していないのですから、

あなたがどんなにいいアドバイスをしても、

指示した内容とは全く違う

勝手な行動をされたりするものです。

 

 

 

それで結果が悪いとなじられたり、

あなたの腕が悪いと吹聴されたりしては

たまったものではありません。

 

 

 

あなたと理不尽な患者との関係は、

悪い方へ悪い方へと転がっていくのようなものです。

善かれと思ってすることはありがた迷惑と取られたり、

何かするほど事態が悪化したりすることが多いものです。

 

 

 

それならば、そういったあなたと理不尽な患者との関係は

できるだけ早い段階で断ち切るべきなのです。

その方が「理不尽な患者」にとっても有益なことでしょう。

 

 

 

ほとんどの歯科医師、ほとんどの院長先生は

基本的に優しいものです。

「理不尽な患者」だなと感じても

 

 

 

『歯科医師としてきちんとした診療をしなければ…』

『でも、できることなら相手にしたくないな…』

『なんでウチにきたのかな…?』

 

 

 

と葛藤するだけで、

渋々ながらも診療を引き受けてしまうのです。

 

 

 

結果、通常を越えるようなサービスを強要され、

便利屋のような働きをさせられ、

感謝もされず、良い結果を出すこともできません。

 

 

 

理不尽な患者があなたの目の前に現れたならば、

『角を立てず自ら退場してもらう』

という選択することがあなたのストレスも

肉体的負担も減らすことになります。

 

 

 

理不尽な患者には退場していただくべき理由2

 〜医業収益が上がらない〜

 

理不尽な患者というのは大抵が

あなたから「もらう」ことを

根本的な考え方としています。

 

 

 

コレは本人が意識している、いないによりません。

値切ってくる、時間をかけさせられる、

料金以上のグレードを求められる、

必要に無いサポートやフォローまでを求めてくる…

 

(続く)

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

そもそも、

医師の応召義務(医師法19条)、

歯科医師の応召義務(歯科医師法19条)、

これらが発布されたのは昭和24年のことです。

 

 

 

法律を作るからには

それなりの意図があったわけなのです。

その当時の管轄省庁である「厚生省」は

どのような意図でこの19条を発布したのでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です