理不尽な患者には穏やか退場していただくべきである5つの理由 ④

医業収益が上がらない

こんにちは、歯科医師で経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

 

「診療報酬以上のサービスを要求してくる…」

「患者の権利ばかりを主張してくる…」

「自らの要求を全く譲ろうとしない…」

「時間外のサポートを要求してくる…」

「診療報酬を値切ってくる…」

「アポイントを守らず勝手に来院する…」

・・・・etc

 

 

 

こういった『理不尽な患者』には

「角を立てずに退場してもらう」方が

結局のところ、

あなたにとってもその患者にとっても

幸福なのだという話をしています。

 

 

 

歯科医師の応召義務(歯科医師法19条)には

抵触しないように少々工夫をしてでも

『理不尽な患者には角を立てず自ら退場してもらう』

のには理由があります。

 

 

 

前回は1つ目の理由

『理由1 治療結果が良くない』

について話をしました。

 

 

 

理不尽な患者には退場していただくべき理由2

 〜医業収益が上がらない〜

 

 

理不尽な患者というのは大抵が

あなたから「もらう」ことを

根本的な考え方としています。

 

 

 

コレは患者本人が意識しているか、

意識していないか、によりません。

 

 

 

値切ってくる、時間をかけさせられる、

料金以上のグレードを求められる、

必要の無いサポートやフォローまでも求めてくる

 

 

 

理不尽な患者から見れば利益になりますから

それを最大限に「もらえるだけもらおう」とします。

ここにWin- Winの関係はありません。

 

 

 

理不尽な患者はWinですが、我々歯科医師側からすると

Loseになることがしばしば起こります。

 

 

 

ここには歯科医師の尊厳・威厳・ラポールなど

全く存在していません。

あなたは一方的に利益を吐き出させられる

「便利屋」となっているだけです。

 

 

 

こうなると、ただ働きも同然の行為が増えますから

あなたの時給はガンガン低くなっていきます。

当然、利益も右肩下がりで下がっていきます。

 

 

 

ここでこんな考えを浮かべる院長がいます。

 

『無理難題をいろいろこなせば、次の機会には

利益の大きな自費診療などを依頼されるのでは?』

 

残念ながら、この考えは間違いといえます。

 

 

 

どういうことかというと、

この考え方で期待している「次の機会」が

訪れる可能性は極めて低いのです。

 

 

 

なぜなら、

理不尽な患者は価格しか見てないからです。

彼らは表面的にあなたの治療よりも安い料金、

もっと都合の良い歯科医院を見つけたときには

すぐそちらに切り替えてしまうからです。

 

 

 

結局、理不尽な患者はあなたのことを

いいように使う、低く見ているということですから、

「次の治療は…」というような淡い期待をもたずに

『角を立てず自ら退場してもらう』ようにもっていく。

 

 

 

これが、あなたの利益を守るためにも、

幸せな歯科医師になるためにも正しい判断なのです。

 

 

 

理不尽な患者には退場していただくべき理由3

 〜他の優良患者に悪影響を及ぼす〜

 

理不尽な患者に時間を割くことは、

あなたのことを信頼してくれている優良患者にも

悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 

たとえば、理不尽な患者から治療結果に対して

言いがかりのような不平不満を

訴えられたとしましょう。

 

 

 

まずは、問題自体に対応するために

あなたの貴重な時間が奪われます。

そして、もっと問題なのが…

 

(続く)

 

——————————————————–

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

 

今回の2番目の理由としてあげた

『医業収益』に関してです。

 

 

 

この話題に触れるのも嫌だというドクターが

少なからずおいでになるのもわかっています。

 

 

 

そういう方は『医業収益』に関心を寄せること無く

歯科医院を切り盛りできた

素晴らしい方なのだろうと思います。

 

 

 

現在の「不景気」「歯科、冬の時代」でも

きっと経済的に困ってはいないはずです。

 

 

 

それゆえに最も困難と言われる

「開業から立ち上がり」が以前よりも

さらに厳しさを増していることをご存知ありません。

 

 

 

その原因の1つが「開業平均年齢の上昇」です。

影響として「肉体的に馬力が効かない」こともありますが

もっと深刻な実質的な影響があります。

 

 

 

「開業平均年齢の上昇」したことで

「開業から立ち上がり」が厳しさを増してしまった

その影響とはどんなことでしょうか。

 

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたにはぜひとも、

いろいろと、考えてみてほしいなぁ・・・と思っています。

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です