歯科医院経営「あなたの本気」をどこで出すべきか

action

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

いつか必ず成功しよう…

分院展開がしたい…

たくさんのスタッフを動かしたい…

もっと患者がたくさん来る歯科医院にしたい…

年間売上1億円を達成したい…

 

 

ところで、「いつか」っていつですか?

口だけですか?

 

 

言うのは簡単ですがなかなか行動に起こせない…

我々日本人にはそういう傾向がややあるようです。

結局は安定を求めてしまっているのです。

 

 

変化を恐れるというかビビってしまっている…

このままではいけないとわかっている…

でも踏み出せない…どうしよう…

 

 

あなたは本当にそれで満足ですか?

どうせなら行動を起こしてみませんか?

 

 

人事の刷新、出入り業者の再選定、

ターゲッティングやポジショニングの見直し、

価格設定、グランドデザインの構築などなど…

 

 

やろうと思えばすぐ始められることは

いくらだってあるのです。

ただ、その第一歩目のアクションを

起こす勇気がちょっぴり足りない…

 

 

確かに歯科業界は厳しい状況におかれています。

開業すらなかなか難しい時代になっています。

さらには開業しても全部の歯科医院が

繁盛するわけではありません。

歯科医院の倒産だって増えています。

 

 

いまの世の中、景気がいいとはいえません。

政府の税収が伸びない以上、

今後は税金も上がって出費も確実に増えます。

 

 

保険制度も包括化や点数配分の調整などにより

厳しくなることはあっても

大幅なプラス改正など望めません。

 

 

歯科医師免許の更新精度や定年制の導入、

年金の減額や開始年齢の引き上げ、

特別措置法の撤廃、需給の悪化など

懸念材料にも事欠きません。

 

 

そんな時代になっているのです。

でも、だからこそ

踏み出すべきなのではないでしょうか。

 

 

変わりたいと思うのであれば

是非変わってほしい…

漫然としたまま一生を終えるなんて

寂しくないですか?

 

 

歯科医師は素晴らしい職業です。

やり方次第で、

院長であるあなた自身はもちろんのこと、

患者にも、スタッフにも、その他関係者にも

幸せを振りまくことができます。

 

 

1度きりの人生なら滞っていないで

行動を起こしてみませんか?

制度や経営状況が悪化する不安を抱えたまま

変化を恐れて何もしないのはもうやめませんか?

 

 

だけど、なにをしたらいいのかわからない…

日々の診療に追われて時間がない…

どこから手を付けたらいいのか…

 

 

確かにそうかもしれません。

しかし、そういう院長のために“近”がいます。

支援はしようという意思も能力もあります。

この記事を見て変わりたいと思ってくれた方には

なおさら肩を持ちたくなります。

 

 

“近”以外にも

あなたが行動を起こしたいと思ったときには

手助けしてくれる方は必ずいます。

 

 

あとはあなたの行動力だけなのです。

なにかやりたいと思ったときに

最終的に決断するのはあなた自身です。

その決断を下す勇気を“近”は期待しています。

 

 

歯科医院経営だろうとなんだろうと

ビジネスは行動しなければ、

なにも変化は起こりません。

 

 

おとなしく待っているだけで

売上など上がるはずがないのです。

設備を整える資金が欲しいと思っても、

行動しなければ絶対に変わることはないのです。

 

 

この1年にどんな行動をするか…

正月休みの酒のサカナに

ちょっと考えてみてはいかがでしょうか。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回の話を一言でいえば

『じっと手をこまねいていないで行動しろ!』

ということになります。

 

 

しかしこう言うと

早とちりをしてしまう方がいるのも事実です。

 

 

そんな方のための

【〜するべからず】集というものがあります。

その中でも大きなトピックが3つあります。

 

 

1つめは『闇雲にやらない』

ずっと行動しつづければ

どこかで当たりは出るでしょうが

効率が悪すぎます。

 

 

あなたの経営のどこに問題があるのかを

把握するところから始めるべきでしょう。

 

 

2つ目は『うまくいっている他院のマネをする』

他院とあなたの歯科医院とでは

問題も違えば患者も院長の性格も違います。

 

 

それらを踏まえて

的確にカスタマイズをすることなくマネをしても

思ったほどの効果は出てこないものです。

 

 

では、最後の【〜するべからず】は

どんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です