2種類の経費があることをまずは認識しよう

変動費と固定費

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「総売上から総経費を引いたものが利益」

ということは歯科医院の院長ならさすがに誰でも知っています。

 

 

しかしそこから先をどうすればいいのかはどうでしょう?

あなたはイメージが湧いてくるでしょうか?

 

 

「知ってるよ!売上を上げて経費を下げればいいんでしょ!」

 

間違ってはいませんが、実際のところとしてはどうでしょう…

 

 

 歯科医院の経費の実際

 

例えば、

売上を上げるのに患者が多い方が有利ですよね。

そのために広告宣伝費を投下していると思いますが、

どれくらい投下したらいいのでしょう…?

 

 

経費を節約するために

広告宣伝費を削っても大丈夫なのでしょうか…?

 

 

そうして最も絡みが少なくて支出が目につきやすい

「技工費」「金属代」「材料費」を値切ったり

より安い外注先を探して渡り歩く…

 

 

これではいつまでたっても

『歯科医院経営者』としてはお粗末です。

 

 

ではまず考えること・行うことは何か?

それは経費を分類することです。

 

 

 変動費と固定費

 

経費には大きく分けて変動費と固定費があります。

変動経費・固定経費と言い換えた方が

わかりやすいかもしれません。

 

 

固定費とは

患者が来院しても、しなくても

支出として出て行く経費をいいます。

 

 

人件費、テナント代、駐車場代、

ガス・水道・光熱費、借入金の金利など

黙っていても出て行くお金は全て固定費です。

 

 

これに対して変動費とは

売上があった時に発生する経費のことをいいます。

 

 

技工料金、金属代、歯科材料費、薬品代、

インプラントの埋入体・アバットメントなど

歯科医院に収入があった時にだけ

発生する経費が変動費になります。

 

 

変動費以外の経費は全て固定費として

考えてしまっていいでしょう。

 

 

治療に直接的に使うものと、そうでないもの

というふうに理解してもらっても構いません。

 

 

広告宣伝費は患者の来院数に比例して

費用が増大する部分に関しては変動費になりますが、

患者の来院がなくても支出している部分の割合が大きければ

固定費で扱うといいでしょう。

 

 

あなたの歯科医院では・・・

 

決算報告書等を見ながら

全ての経費を変動費と固定費に分けてみましょう。

 

 

売上に対する割合として

変動費が15〜20%、固定費が40〜50%

あたりが平均的なところになります。

 

 

変動費は売上が小さいほど小さくなりますので、

売上総額が小さい時には変動費率が固定費率に比べて大きいと

経営上有利になります。

 

 

例えばスタッフを社員ではなく、

忙しい時間帯だけのパートやアルバイトにすると

人件費は削減されます。

 

 

来患がまばらであればパートなどで回せますが

コンスタントに患者が来るようになると

かえって高くつくようになったり、

教育コストがかさむことになります。

 

 

売上総額が大きいなら変動費を固定費化した方が

経営上有利になることが多いのです。

 

 

このように経営はその時その時で最善手が変化します。

年に1〜2回だけ経営数値を見てとやかくいう税理士よりも

少し勉強して日常的に経営数値に接して肌身に感じられる

院長の方がよほど最善手・次善手を実行できます。

 

 

この肝となるのは

『少しは勉強しないとね!』ということだけです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

変動費と固定費を調整して

トータルの経費を削減するというのは

割とオーソドックスな手法です。

 

 

ただし、この提案をほとんどの税理士・会計士は

提案してきません。

なぜでしょう。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 『編集後記』

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です