歯科医師の年収をシンプルに理解する3つの数値 ①

歯科医師の年収

我々歯科医師の平均年収が約700万円といわれたり、

5人に1人が年収300万円以下のワーキングプアといわれたり、

余計なお世話だという数字が世間には流れています。

 

 

この数値の中には研修医や自宅兼用の診療室で

借金も家賃もなく小遣い稼ぎと趣味で診療をしている

老齢のドクターなども含んでいます。

 

 

供給過剰と昨今の景気の低迷で楽ではありませんし、

自虐的なネタとしては面白いですが、

この数値より良いからと安心するわけにはいきません。

 

 

こういった数値を載せた記事の大半は

一般的な方々に、もっといえばサラリーパーソンの方々に

読まれる前提で書かれているからです。

そのまま我々の経営に役立つものは多くはありません。

 

 

年収の意味合いは収益構造で異なる

歯科医師に限らず、医師であろうと、弁護士であろうと

八百屋だろうと、花屋だろうと開業して店を構えていれば

それは「自営業」であり、責任者であるあなたは

「個人事業主」ということになります。

 

 

個人事業主とサラリーパーソンとでは

『収益構造』が全く異なります。

勤務医の場合、例え歩合制であったとしても

必要経費にはほぼ無関係に給与が貰えましたよね。

 

 

開業後は、売上から様々な経費の支払いをした残りが

あなたの収入という形態ですから

売上が多くても経費がさらに多ければ

収入はゼロどころかマイナスになる可能性もあります。

 

 

こんな思いをしていませんか

  • 「忙しい割に、収入が少ない…」
  • 「患者も売上もあるのに、資金繰りの苦労が絶えない…」
  • 「結構長くやっているのに手元にお金が残らない…」

 

確かに保険診療報酬の7割分を手にするのは2ヶ月です。

措置法26条、減価償却など面倒な事柄もあります。

そういったことを差し引いたとしても、もしもあなたが

歯科医院のお金の動きの『基本の基本』を理解していないなら

こんな思いをしがちになります。

 

 

  • 「そういうのは税理士に任せているから…」
  • 「決算書を見たってよくわからないし…」
  • 「そんな勉強するよりもっと大切なことが…」

 

 

確かにその通りです。“近”も税理士は使っています。

しかし、あなたが歯科医院の院長として、

経営の責任者として、思い通りの診療をしながら

十分な年収を得たいのであれば、少なくとも

お金の動きの『基本の基本』は理解しておかねばなりません。

 

 

年収をシンプルに理解する3つの数値

年収に余裕がなければ歯科治療に関する最新の知識も

その知識を具現化する診療機器も手に入れることはできません。

今回はその『基本の基本』を3つの数値で解説していきます。

 

 

良質な診療の礎として、経営改善の道しるべとして、

この機会にぜひ、あなたのモノにしてください。

 

 

P.S

次回の話からは手元にあなたの歯科医院の最近の

決算書を用意するとその場で経営判断ができますよ。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

本文中に出てきた「措置法26条」は正式には

「租税特別措置法26条による所得計算」といわれるものです。

 

 

簡単にいうと、歯科医院の事業所得を計算する場合、

年間の社会保険診療報酬の額が5,000万円以下の場合には

特例計算により概算経費により所得を計算できるというものです。

 

 

詳細の説明は今回の本意ではないので控えますが、

要するに、「税金が安くなる制度がある」ということです。

 

 

ところが、「税」の専門家である税理士や会計士の中には

この「措置法26条」の存在を失念している方がいます。

さらには、知っていてもその処理をしなかったり、

このような有利になる税制を探しもしない方が珍しくありません。

 

 

専門家であるはずなのに、なぜこんな行動をするのでしょうか?

 

 

念のため言及しておきますが、税理士や会計士が

全員こうだというつもりはありません。

優秀で良い方も確実に存在しています。

大部分のそうでない方の行動理由を考えてみてください。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です