成長が鈍い歯科医院の院長ができているつもりで実はできていないこと

気にする

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

ネットサーフィン(古!)をしていて見つけた記事です。

患者の心情がよくわかりますのでまずはご一読を。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 歯医者の予約をばっくれてから早一年と少し…

 

歯医者の予約をばっくれてから早一年と少し、

すんごい行きづらいんです。。。

 

 

詳しく言いますと、去年の夏頃に虫歯を治すため

地元の歯医者さんに通院していたんです。

 

 

そして最後の一本の右奥歯の治療日を決めたのに、

当日何を血迷ったか

予約していたのを忘れてしまいまして、

そのままになってしまいました。

 

 

その時は明日にでも、

『ごめんなさい。』と電話を入れて

予約日を決めようとか思っていましたが

ズルズルと先延ばしになり、

先延ばしになればなるほど電話しにくくなり・・・

という悪循環。

 

 

痛みも特になかったため

最近は開き直っていたのですが、

まさに今若干痛み出しているのです。

 

 

そして今年の年始は

非常に忙しくなりそうな予感が・・・

そして今も年始に向けて

ずいぶん忙しい生活を送っています。

 

 

年始の一番忙しいときに「歯が痛い!」とか、

ましてや正月の歯医者がやっていない時期に

「歯が痛いぃ!!」などとなることを

考えただけで奥歯が痛むのですが・・・

どうしましょうって状態です。

 

 

ほんとくっだらない質問で恐縮なんですが、

どうしましょう!?

 

 

個人的に近所だし、

以前通っていた歯医者に行くのが一番いいのですが

(新しい歯医者に行くのはなんだか面倒だし、

なによりも結構気に入っていたのです)、

なんとなく行きづらいww

 

 

実際、たいして歯医者さんも

思うところは無いかと思うんですが、

すんごい行きづらいんです。

 

 

そこで皆さんにアドバイスというか、

助言のようなものをいただけたらなー

と思い質問しました。

 

 

「さっさと行けへたれ。」とかでも全然いいんで、

宜しくお願いします。

同じような経験をした方とかもしいたら

ありがたいです。

 

 

歯医者さんの解答とかあったら

もうメシアにしか見えない。(切実)

 

 

2010/12/21

Yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1052383295

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

さて、我々歯科医師の回答はほぼみんな同じですよね。

『こっちは気にしてないから、早よ来い!』

 

 

でも患者本人に取っては『切実…』

どうしてこんな温度差になっているのでしょうか?

実は答えはあきれるほど簡単です。

 

 

【患者がドクターの気持ちを知らないだけ】

 

 

歯科医院の院長と話していると、

「うちは、情報発信してるよ〜

そういうこともホームページに書いているからね〜」

という声をよく耳にします。

 

 

しかし、今回の記事をよめば意外にも患者には、

「情報が届いていない」

ということは明らかです。

 

 

患者に情報を届けるために重要な事は、

患者が不安に思っている事を、

『大丈夫。心配しないで!』

といった具合に継続的に発信し続ける事です。

 

 

ホームページだけでなく、あなたからも、

スタッフからも、受付からも、院内掲示からも

チラシやパンフレットからも繰り返し何度も

伝えなくては情報は伝わらないのです。

 

 

「本当に伝えたいことは少し角度を変えて

最低3度は伝えなさい!」という言葉もあります。

 

 

ブログやメルマガをやっているけれど

記事のネタがなかなかないという方がいますが、

大事なことは繰り返し記事にすれば

ネタが尽きることなどありません。

 

 

あなたとあなたの歯科医院は、

どんな情報を発信していますか?

 

 

歯科に関係ない情報ばかりだったり、

あなたが聞いてほしいことばかり

発信していませんか?

 

 

患者が不安に感じている情報を、

シッカリと何度でも発信してください。

 

 

しつこいと思われるくらいで

ちょうど良かったりします。

『大事なことなら最低3回伝える』

これを忘れないで下さい。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

今回引用した記事でもわかるように、

我々から見たら全く大したことがない理由で

通院を中断してそのままになっています。

 

 

「ちょっと忙しかった」何となく」

「サボったら連絡しづらい」「面倒くさい」

「通院に飽きてしまった」「気分で」

 

 

本当にばかばかしいのですが、

事実、こういった理由にもならない理由で

患者は来なくなるのです。

 

 

ではこのような

『理由にならないような理由』で

来なくなってしまう患者の割合は

全ての来院しなくなる患者のうちの

どれくらいの割合でしょうか。

 

 

今回は3択ですよ。

 

  • A、75%
  • B、85%
  • C、95%

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください