歯科医院の院長が患者との心の距離を縮めるマインド

親近感

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

あなたは、我々歯科医師が

職人気質だと言われていることはご存知でしょうか。

 

 

本来、ドクターは1人1人性格も違えば

考え方やビジョンも違います。

 

 

常に人間関係を大切にして、チームプレーで

歯科医院経営をしようとする院長もいれば、

協力なリーダーシップで

スタッフを引っ張っていく院長もいます。

 

 

中には、自分の仕事のスキルに自信があり、

個人の仕事の質にこだわる院長もいるでしょう。

 

 

“近”自身も「歯科医師気質」みたいな

ステレオタイプに見られたくはないですが

世間からは十把一絡げ見られがちです。

 

 

しかし、あなたが患者と接していく上で

患者にどのように見られているかを知ることは

話の運び方や振る舞いなどを決める材料になります。

 

 

そこで今回は、

『我々は患者にどう見られているか』

についてご紹介していきますので、

ぜひ今後の参考にしてみてください。

 

 

 患者が歯科医師に思っていること ①

  〜話しづらい〜

 

歯科医師は専門職でもあり、技術職でもあるので

とにかく話しづらいと思われています。

 

 

確かに我々は「歯科医療」と向き合って

仕事をしていますので、

『人と接するのが苦手』

という方はそれなりに多いものです。

 

 

何も言わないとどんどん決められてしまうし…

かといって少し間違ったことを言うと怒られるし…

どうしたらいいのかわからないという患者もいます。

 

 

実際我々が思っている以上に

患者からは話しづらいと認識されているのです。

 

 

  患者が歯科医師に思っていること ②

  〜プライドが高い〜

 

確かに我々歯科医師は診療のスキル・知識に

少なからずプライドを持っています。

 

 

しかし患者にはスキルの存在や意義、価値など

ほとんどがわかりません。

 

 

従って、

「無駄にプライドが高い」

「お高くとまっている」

ように見えてしまっているのです。

 

 

そうはいっても歯科医療の技術・知識は

歯科医師のアイデンティティーを形作っている

重要なパーツです。

これを捨て去ることは出来ません。

 

 

ただ、患者からはプライドの固まりに

見えてしまうので、謙虚さを忘れず

「鼻持ちならないヤツ」にならないように

十分注意しましょう。

 

 

 患者が歯科医師に思っていること ③

  〜扱いにくい〜

 

歯科医師として自信があるほど

他から見ると扱いにくいと感じるようです。

 

 

院長に話を聞くと、

 

お世辞やゴマすりをされると、逆に警戒してしまう…

何か落ち込んでいる時になぐさめてほしくない…

 

というような声をたびたび聞きます。

これは相手が患者でなく友人であろうと

『面倒くさいなぁ…』と感じても仕方ないところです。

 

 

お世辞を言われたり、慰められたりした際には

「好意の表れ」「気遣い」として

軽く受け流しましょう。

 

 

正直に反応しすぎると鬱陶しいと思われ、

誰もそばに寄ってこなくなってしまいます。

 

 

こうしてあらためてまとめてみると

患者サイドから見た我々歯科医師は

元来社交的な方を除くと

なんだか職人気質で絡みにくいようです。

 

 

あなた自身はそんなことはないと

思っているかもしれませんが、

これは受け止めなくてはならないことです。

 

 

治療に対して職人的なこだわりを持つことは

良質な医療の提供という点で

ほめられるべきものです。

 

 

しかし、人間関係においては

職人的なこだわりはかえって

患者を遠ざけることになりかねません。

 

 

このことは心の片隅にでも

留めておくべきでしょう。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

我々歯科医師に

気難しい面があることは否定できません。

 

 

ただ、それをそのまま患者にぶつけてしまうのは

もう時代が許さなくなってしまったということでしょう。

 

 

事実や傾向は性格に認識した上で行動をすれば

問題になるようなことはおおよそなくなるはずです。

 

 

歯科医師がこのような職人的気質の方が多いのには

それなりの理由があります。

どんな理由でしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

 

【追伸】

 

募集は本日(12/13) 23時に締め切ります。

 

職人気質の強い方ほど

歯科医療の技術や最新の知識に目が向きがちです。

 

しかし、どんな技術や知識も

患者が治療を受けてくれなければ発揮できません。

 

また、投下できる余裕の資金がなければ

最新の機器を導入することも出来ません。

 

あなたが思う存分歯科診療をすることも

「自由な選択」のひとつです。

 

・お金に縛られない経済的自由

・時間を拘束されない時間的自由

・誰かに依存しない対人的自由

 

これらを獲得したうえで、

あなたの行いたい診療を

思い切りすれば良いのです。

 

今年の締めくくりに、

来年の診療方針の参考に、

こちらには一見の価値があります。

 

 

【プロトタイプセミナー(仮)】

 

2016年12月15日(木)14時〜17時

東京駅近辺にて

 

 

参加費用は【1,680円】です。

(他、条件があります)

 

 

詳細・お申し込みはこちらから

 ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 https://goo.gl/frrTmO

 

募集は本日(12/13) 23時に締め切ります。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です