歯科医院の院長として好印象を患者に与える方法

grooming

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

我々は1対1で人と接することの多い職種についています。

患者ともそうですし、スタッフとの面談や

関係者との交渉などでもそういう場面は多々あります。

 

 

そうなると、第一印象と言うのは非常に重要な

『人間関係構築のポイント』になります。

 

 

「初対面の相手に良い第一印象を与える」

このことを最初から苦労なくできる方もいます。

それがなかなかできない方もいます。

 

 

”近“はどちらかというと

できない・苦手なほうです。

高校2〜3年生くらいの時には

その自覚がありました。

 

 

なので、

 

『第一印象を良くするには…?』

『良い存在感を相手に示すには…?』

 

については、人一倍関心を持って

情報を集めて実践していました。

 

 

今回の話は歯科医院の院長としても、

パーソナルな社会性においても影響が大きい

【初対面で好印象を与える方法】について

話していきます。

 

 

 最初の10秒が勝負

 

第一印象は

「最初の10秒以内に決まる」

といわれています。

 

 

その印象は、

あとから覆すことがほぼできません。

そしてその後の人間関係を大きく左右します。

 

 

要するに、ツカミで失敗すると

悪い印象をずっと引きずってしまう。

それが、第一印象です。

 

 

初対面で悪い印象を持たれてしまうと、

それで『ラベリング』をされてしまいます。

 

たとえば、『暗い』とラベリングされた場合、

その後、いくら真面目にがんばっても…

『暗いのに一生懸命になって…』

というイメージしか与えることができません。

 

 

いくら明るく振る舞っても…

『根暗なのに無理してる…』

と思われてしまいます。

 

 

逆に、

第一印象が『明るい』とラベリングされれば

頑張っているのに気付いた際には

『努力家の爽やかな好青年』

というイメージアップの高評価になります。

 

 

 最初の10秒で好印象を与える3か条

 

人には誰にでも良い面・悪い面があり、

それが『人となり』となっています。

 

 

にもかかわらず人はそんなことには目もくれず、

初対面で感じた印象を基準にして

相手を評価しています。

残念ですが、これが真実です。

 

 

ならば対策をするべきです。

歯科医院の院長という職種では

絶対不可欠なことになります。

 

 

その対策として

初対面の最初の10秒で好印象を与えるために、

『普段から気をつけておく3か条』を

紹介しましょう。

 

 

第1条 清潔感

 

当然のことです!不潔なだけで、

『医療人としていかがなものか』

というマーキングをされてしまいます。

 

 

頭髪やヒゲの手入れ、服装、歯、爪などは

すぐに改善できますから

しっかり気を使うべきです。

 

 

「洗濯してあるから、いい」

「風呂に入っているから、いい」

というレベルではいけません。

大切なのは、相手が感じる「見た目」です。

 

 

第2条 表情

 

相手があなたの性格を、

一瞬で判断する材料となります。

とにかく『爽やかな笑顔』につきます。

 

 

ただそれだけのことですが、

これが第一印象に大きな影響を与えます。

 

 

しかし、実際やってみると

意外と簡単ではないことがわかります。

初対面の人の前で、『自然な笑顔』を出すのは

意外と難しいものなのです。

 

 

そこでお勧めするのは

「鏡に向かって笑顔の練習」です。

 

 

見た目が命の芸能関係者は

当たり前のように行っていることです。

 

 

あなたの技術を思う存分発揮したいなら

その場面を作り出すのに必要なことも

馬鹿にせず、面倒がらずに行って下さい。

 

 

第3条 声のトーン

 

声のトーンも、とても大切な要素です。

 初対面の最初の10秒でできることでは

『ハリのある声』で挨拶することが上げられます。

 

 

こちらもトレーニングがものをいいます。

ただし、ボイストレーニングなどと

難しく考えることはありません。

 

 

「ハッキリと」「少し大きめに」「やや高めの声で」

じっさいに挨拶の練習をするだけです。

 

 

自分で思っているよりも

ぼそぼそと挨拶をしていることが

意外と多いものです。

 

 

最高のあいさつができるようになれば、

それは、一生使える『能力』にもなるのです。

 

 

何度も練習することで、

みるみる聞き取りやすくハリのある声で

挨拶ができるようになります。

 

 

3か条すべてが馬鹿馬鹿しく感じるかもしれません。

しかし、「自費率が…」「継続率が…」「リコール率が…」

というような問題を抱えて難しい対策を実行するよりは

「良いラベリング」をされる効果のほうが

よほど確実で金銭的負担もありません。

 

 

普段から「身だしなみ」に気を配り、

「笑顔」と「声だし」の練習をして

無駄なマイナスポイントを

食らわないようにしましょう。

 

 

何しろ半永続的な評価=ラベリングです。

高評価を得られれば何かと有利に働きます。

 

 

最後のおまけに、

『あなたから先に挨拶する』というのも

好印象につながるテクニックの1つです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

初対面の新規患者に対面する

「最初の10秒」の重要性が

おわかりいただけたと思います。

 

 

しかし、忙しい日常臨床の中で

どうしても直前の診療などに引きずられたり

次の仕事が気になったりすることがあります。

 

 

その結果、患者がするあなたや歯科医院の

ラベリングを悪くしてしまうのは

とてももったいないことです。

 

 

なのである工夫をしておくことで

ラベリングが悪くなることを最小限に

押さえ込むことができるようになります。

 

 

その工夫とはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

 

【追伸】

「自由な選択」ができるようになるためには

あなたの歯科医院のビジネスモデルを

再構築する必要があります。

 

 

・お金に縛られない経済的自由

・時間を拘束されない時間的自由

・誰かに依存しない対人的自由

 

 

を獲得したうえで、あなたの真の価値観に従った

診療がしたい、生活がしたい、人生を送りたいなら

こちらには一見の価値があります。

 

 

【プロトタイプセミナー(仮)】

 

2016年12月15日(木)14時〜17時

東京駅近辺にて

 

 

参加費用は【1,680円】です。

(他、条件があります)

 

 

詳細・お申し込みはこちらから

 ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 https://goo.gl/frrTmO

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です