患者の満足度を上げるためのズルいやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Satisfaction

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

あなたが歯科医院を開業しているのであれば、

患者に迷惑をかけながら診療報酬を

もらっているつもりはないはずです。

 

 

しかし、どこまで喜んでもらいながら

診療報酬をもらっているのかについては、

多くの院長が確信を持てずにいる部分でもあります。

 

 

実は“近”自身も以前はこのことで悩まされていました。

でもそのさらに以前には

このことに気づいてもいなかったのですから

人には成長のステージが存在していると実感します。

 

 

“近”は歯科大学を卒業後は伝手を頼ってすぐに

新興住宅街の一般歯科医院に勤務しました。

 

 

その結果、すぐに患者から感謝されながら

報酬を受け取れるようになったかといえば、

そういうわけには行きませんでした。

 

 

 

まぁ、未熟ですから

当たり前と言えばそれまでですが、

担当したすべての患者が

喜んでくれるわけではありませんでした。

 

 

“近”なりには一生懸命やっていたのですが、

患者によっては“近”の診療に

満足してくれない方も少なからずおいででした。

 

 

いくらその患者のためにと思ってがんばっても、

もらえるのは感謝の言葉ではなく、

どことなくため息混じりの対応でした。

 

 

技術も経験も浅いことが原因だと思い、

研鑽してフィードバックを繰り返しました。

 

 

しかし、事態はいっこうに好転しません。

当時の“近”は、自分なりに一生懸命やれば、

どんな患者も喜んでくれると思っていました。

そうなるまで技術を磨けばいいのだとも思っていました。

 

 

しかし、よく考えてみれば、

患者は私の一生懸命さが欲しくて

報酬を払っている訳ではありません。

 

 

具体的に何をして欲しいのか、

どんな問題を解決したいのか、

どうしたら喜ぶのか、

患者1人1人、それぞれ違うはずです。

 

 

しかし、歯科医院というものは、

そこで提供するのは歯科診療だと決まっていて、

患者はそれを求めてきている…

 

 

そう思っていた“近”は、

「歯科診療のクオリティを良くするために研鑽する」

ことばかりを一生懸命にしていて、

患者が何を求めて来院したのかについては、

あまり良く考えていませんでした。

 

 

ですから、患者に対して

『何をすれば喜んでもらえるのか』

ということについては、ほとんど無頓着でした。

 

 

当時は月給制で、その給与の出所が

患者の満足から来る売り上げであるということに

実感が持てていなかったのです。

 

 

しかし、徐々に裁量の範囲も責任も増え、

給与も出来高制になってくると、

そこでようやく患者の満足から

旧依田でていたことに気づきました。

 

 

それと同時に

『報酬を頂く怖さ・恐ろしさ』

も感じたのです。

 

 

すべての関わった患者が、

「本当に満足して報酬を支払っている」

という確信がもてない状態で

その報酬の一部でも頂くことに恐怖しました。

 

 

そこで初めて、

『患者に何をすれば喜んでもらえるか』

を真剣に考え始めました。

 

 

その結果、患者との会話が格段に増えました。

患者に何を望んでいるのかを聞き、

治療後にその望みが十分果たされたかを尋ねました。

 

 

フィードバックをもらうルーティンを考えたり、

それを診療計画に落とし込み続けました。

 

 

自分の治療やその結果の満足度を直接聞くのは、

初めのうちは勇気が必要だったものです。

 

 

歯科医師というのは技術職ですから、

ある意味“近”自身が評価の対象ともいえるので

厳しいコメントをもらうと、人格を含めて

“近”の全てが否定されたような気持ちになります。

 

 

しかし、怖かったのは最初だけで、いつからか

厳しいコメントがむしろ楽しみになりました。

 

 

なぜなら、そこを直せば患者の満足度が

上がることがわかったからです。

 

 

実際にそこを改善すると、

予想通りの好反応が患者からもらえるのですから、

聞くしかないな、という気持ちになれたのです。

 

 

あなたもぜひ、あなたの患者に

「何を望み、何をすれば喜ぶ」のかを

積極的に聞いてみてください。

 

 

そして治療の結果がどうだったのかを尋ねて下さい。

 

 

抵抗感は初めだけ。

あなた自身の血肉になるものが必ず得られます。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

患者の中には

「何を望み、何をすれば喜ぶ」のかが

自分自身でもはっきり言葉にできない方もいます。

 

 

そういう方には質問の仕方を

変えることが有効です。

 

 

代表的な代替え案が

『困っていること、悩んでいること』を聞く。

 

 

あなたがこの問題を解決できれば

患者は喜ぶことになるでしょう。

 

 

さらにもう1つ、これも代表的な

代替え案の質問があります。

どんなものでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

【追伸】

今年の初頭に放送して好評だった

無料ウェブセミナーの開催が決まりました。

 

登録制になります。

募集開始は明日の月曜、8月8日からです。

 

『上位5%の歯科医師だけが知らず知らずにやっている、

「先生の診療だから受けたい!」と患者に言わせる3つの技術』

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*