近と中原の秘密の勉強会

 

〜ここでしか話さない内緒な話〜

物販だけで毎月7桁売り上げるABCマート式win-win歯科経営術

 

近と中原の秘密の勉強会

〜ここでしか話さない内緒な話〜

物販だけで毎月7桁売り上げる

ABCマート式 win-win歯科経営術

 

 

 

これってなんだかおかしくありませんか

 

 

我々歯科医院の院長は不思議なビジセスをしています。

 

『オーナーとしてウン千万円を投資しているのに自分の身を粉にして働いている』

『経営者なのに経営の勉強が嫌い』

『権力が集中しているのに患者はおろかスタッフにまで振り回されている』

 

他業種の人間からしてみたら理解に苦しむ状況です。

こんなビジネスをしている経営者は他ではちょっと見ることはできません。

 

しかしある意味、仕方がないのです。

我々歯科医師は20歳前後で歯科大学に入学して以来、10年以上歯科業界にどっぷりと浸ったままで、経営の根本的な部分を学ぶ機会がなかったのですから・・

 

一方であなたは、歯科医学のことでは私に何を言われるまでもなく、エキスパートです。

しかも日々研鑽を積んでますますグレードアップしていっています。

この、『歯科医院経営に必要とされる経営者気質・管理者気質』と『歯科医師としての職人的気質』とのアンバランスさこそ外部の人間に不思議に思われたり、利用されたりする大きな要因なのです。

 

もしあなたが全てに満足しているのなら、このレターはあなたの役に立てないだけでなく,あなたの貴重な時間を無駄にしてしまいます。

その時間は、もっとあなたの役に立つレターをお届けした際にお使いください。

そして、今すぐこのページを閉じて下さい。

 

しかし、あなたが思い通りにならない診療をし、長時間診療室に拘束され、休暇をとるのもためらわれるなら…

 

気のきかないスタッフをなだめながら使って、できれば対応したくない患者を受け入れなければならないなら…

 

近隣にまた新しい歯科医院が開設するのではないか…

保険制度や税制の改悪で打撃を受けるのではないか…

アポイント帳をみて『今日は○○さんが来るのか…』朝から憂鬱に…

 

こんな思いをしていたり、あるいはそう思うような状況に陥りたくはないなら、このレターはあなたの役に立つことになります。これから3分だけ、このレターを読み進めるだけの時間を私にいただきたいのです。

 

 

 

耳が痛いかもしれませんが歯科医院経営もビジネスです

 

 

ドクター自身もそうですが、スタッフも、患者も、家族も、周りの関係者が全てハッピーになるよう考え、行動し、実現していこうとせねばなりません。それが経営者としての道です。

 

さらに、自分で決めた診療方針に従ってブレずに診療を行なっていき、診療方針に合わなければ、例え裕福そうで多くの利益をもたらしてくれそうな患者でも、診療を断ることができるくらいでなくてはなりません。これは医療従事者としての道です。

 

我々歯科医院の院長はこれら2つを同時に満たすような道を進まなくてはなりません。

そしてそれだけではなく、長期の旅行に行ったり、家族とゆったり過ごしたり、趣味や人生を楽しむための十分な時間を持つことも1人の人間として大切なことです。

 

 

こう行った望みを実現するための原資はやはり、歯科医院経営から得られる利益なのです。しかも、高い利益を安定して得ていることが重要になります。

 

 

 

高い利益を安定して得るためには…

 

 

現在の歯科業界には停滞感が漂っています。日本経済の景気は多少上向いたとはいえ、デフレ不況から完全に脱却できたわけではありません。日本の総人口も2011年をピークに減少に転じました。少子高齢化が進み、カリエス自体が子供の口から少なくなってきていることは臨床の現場に立っているあなたも実感していることだと思います。

 

しかもこの30年間で歯科医師も歯科医療機関もその数がほぼ2倍になりました。もはやこれから、ベテランのドクターが口にするような『開業さえすれば連日患者が溢れ、3年で借金を返し、3年で家を建て、3年で蔵を建てる』なんてことは望むだけバカバカしい状況です。

 

こんな環境で歯科医院経営をしている我々は、どうやって高い利益を安定してえればよいのでしょうか。この答えは1つだけではないはずです。多種多様なアプローチがあって当然です。ただ、同じように高い収益を上げるにしても、労力はできるだけ少なく、成果はできるだけ大きく、達成できたならできるだけ長期にわたって安定してほしいものです。

 

 

ブルーオーシャン経営

 

この言葉をあなたは耳にしたことがあるでしょうか?マーケティングなどを勉強された経験のある方ならよくご存知の言葉でしょう。反対語には「レッドオーシャン経営」という言葉もあります。

 

競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」を切り開くべきだというのがブルーオーシャン経営の根幹になっています。

 

例えば、魚釣りに出かけるとします。ここは手っ取り早く近所の釣り堀にいくとしましょう。A釣り堀のプールには魚はいるにはいますが数はそれほど多くは放されていません。でも釣り人はいつもたくさん来ていて釣り糸を垂らしています。かたやB釣り堀のプールには魚がたくさん放たれています。でも釣り人はそれほど訪れていません。釣り糸を垂らしているのもホンの数人です。

 

さてあなたはAB、どちらの釣り堀に行ったの方が早く、楽に、釣果が上がると思いますか?考えるまでもなくB釣り堀の方ですよね。もちろん私もそう思います。この考え方を経営に応用するのがブルーオーシャン経営といわれていることの基本です。

 

このことは実際に我々の歯科業界でも実例を見つけることができます。最もわかりやすいのがインプラントです。黎明期に参入したクリニックには施術を希望する患者があとからあとから訪れたといいます。これこそがブルーオーシャンの典型例です。ただし現在ではインプラントを行うクリニックが溢れていますから、市場の成熟によってブルーオーシャン→レッドオーシャンに変化した典型例としてみることもできます。

 

 

でも、ちょっと待って下さい!

 

「なるほど、新しい分野に進出すればブルーオーシャンが待っているのか!ではさっそく…」

その即断力と実行力は素晴らしいと思いますがちょっと待って下さい。確かに新しい分野で成功すれば先行者利益も含めて大きな利益を上げることができるでしょう。しかし、

 

その分野がインプラントのように大きく成長・成熟するとは限らない

新しい分野は使用機器等の導入にもコストが高くつく

患者に周知されていないため教育・説明にコストがかかる

あなた自らが研究・試行錯誤をする必要がある

失敗のリスクが大きかったり、リスクの大きさが不明だったりする

 

というようなデメリットも存在していることを忘れてはなりません。このようなデメリットを極力小さくしながらブルーオーシャン経営を実現するにはある程度一般的には知られているけれど市場としての成熟にはまだまだ…というような分野が最適です。

 

さらに、我々は医療である歯科医院の経営者です。社会的な道義に外れないことは当たり前ですが、できれば社会貢献、患者貢献の一翼を担いたいものです。

 

でもこんな分野があるのでしょうか…?

 

 

『教育的物品販売』を導入して下さい

 

この【古くて新しい】【既存の分野を掛け合わせた】『教育的物品販売』の導入を私は強くオススメします。ここまでお話ししてきた通り、まだ導入されている歯科医院が圧倒的に少ない「ブルーオーシャン市場」です。しかも古くからある分野のコラボレーションですから、患者に概念などから説明する必要がありません。さらに、治療でもありませんから患者の身体的なリスクはほとんど無視できるレベルです。

 

中でも特にセルフケアグッズの販売には多くのメリットが存在します。歯科用のセルフケアグッズは患者にとってはほぼ無限に存在しているものです。用途がよくわからないもの、手軽に手に取れるもの、高額なもの、その全てを試すこともできませんし、実際の使用感以外の観点から自分に合っているものを探し出すことは事実上不可能です。そういった問題を解消して、プロが自分に合ったものを選んでくれるというのは患者にとっての大きなメリットです。

 

歯科医院としても当然収益が上がります。さらに予防歯科導入にはなくてはならないパーツでもあります。予防歯科の仕組みを院内で構築する際のきっかけ・第1歩として活用することもできます。

 

スタッフにとってはモチベーションアップ、教育、説明力・手技等のスキルアップのきっかけ、院内コミニュケーションの活性化、従業員定着率・復職率の向上など有形無形の効果が期待できます。

 

診療室に出入りする業者も収益が上がり、メーカーはヘビーユーザーの意見が採集できる場を確保することになります。ことによってはより良い新製品開発の協力やあなたの意見を取り入れた商品が生み出される可能性だってあります。

このようなwin-win-winの歯科経済、並びに日本経済浮上の一助にまでの好循環を生む『小さいけれど大きな第一歩』が、この【教育的物品販売】なのではないかと考えております。

 

 

新進気鋭の講師をお招きしました

 

私も物品販売には相当力を入れております。毎月50〜60万円ほどを売り上げて悦に入っておりましたが、ある歯科医師の先生と知り合い話を聞いてぶっ飛びました。

 

毎月コンスタントに7桁、100万円以上を物品販売だけで売り上げているというのです。DR1.5名、DH1.5名、チェアー4台、1日平均来院数50名の小規模医院で、特別スタッフが多いわけでも、患者が常識はずれに多いわけでもないのにです。しかも若くてイケメン(笑)

 

彼の名前は『中原 維浩(まさひろ)』現在は東京都内で歯科医院を切り盛りなさっています。話を聞いてみると、出るわ出るわ、驚きの連続でした。元々は歯科医師になるつもりがなかったこと…いろいろな職種を経験していること…サラリーパーソンなら重役クラスの収入をもらっていたこと…中でも衝撃的だったのが『ABCマートでのアルバイト時代の話』です。

 

「ABCマート」はご存知でしょうか?全国展開をしている主としてカジュアルシューズを取り扱う小売りチェーン店の会社です。TVコマーシャルも流していますから認知率は相当高いと思います。中原先生はそこでまかされた店舗を『売上全国第2位』にまで押し上げた経歴を持っています。

 

中原先生が担当したのは東京の下町地区の店です。街は古くからある街ですが特別富裕層が多いわけではなく、商業的に有利な点があるわけでもないごく普通の街の「チェーンの靴屋さん」です。なぜ”近”がこんなに詳しいかというと、実際にその店舗が”近”の生活圏の中にあって、購入まではしませんでしたが何度も立ち寄ったことがあるからです。

 

そんなしょぼい(失礼)店舗で床面積だって特別広くもないのに、渋谷、新宿、銀座といったスーパー商業地区の店鋪と互角以上に渡り合って『売上全国第2位』を成し遂げたことを聞いて心底驚きました。その業績が評価されて、1店鋪の責任者にとどまらずアルバイトの身でありながら上級職のエリアマネージャーとなって辣腕を振るったそうです。中原先生は諸事情により正社員登用の誘いを固辞し続けましたが、退職の際には社長自ら慰留に出向いてきたという、一部では伝説的な人物なのです。

 

そして現在では中原先生は、歯科医院の院長として当時の経験を存分に活かした歯科医院経営をなさっています。わずか畳半分ほどのスペースから毎月7桁の売上をたたき出し続けているのです。

 

『これは歯科医院の経営者にとって大いなる福音になる』

なによりも”近”自身がもっと話を聞いてみたいと思ったので、コラボレーションセミナーの企画を中原先生に持ち込んでみました。しかし、昨年は中原先生自身が医院継承で多忙を極めていて実現叶わず…中原先生の話はごく一部の院長やスタッフのみを対象にしたプライベートセミナーでしか聞けない状況が続いたそうです。

今年は、なんとか中原先生の日程を調整していただき、満を持して『物販が歯科医院経営にもたらす影響(続編)』をお届けすることができます。ただし、今後はいつ開催できるか、2度と開催されない可能性だって否定できない中での今回のセミナー開催です。

 

 

近と中原の秘密の勉強会

 

 

新進気鋭の中原先生をお迎えしセルフケアグッズの販売について明日からすぐに役に立つワークも含めて「真骨頂」ともいうべきお話しをしていただきます。

”近”のパートでは中原先生の『実践編』に肉付けする形セルフケアグッズの販売が経営上のどこを活性化するのか、またその波及効果や、あなたにもたらされる利益などについてお話しさせてもらいます。

歯科医院経営全体からズームイン・ズームアウトを繰り返しつつセルフケアグッズの販売と相乗効果が高い次の一手や進むべき方向性、歯科医院経営のゴール設定などを『もう迷わない歯科医院経営』を目指す先生にお届けします。

”近”と中原先生の話をお聞きいただくことで歯科医院経営の面白さや可能性を感じてもらいつつ「経済的・時間的・対人的・空間的自由」を手にする小さくても確かな1歩にしていただきます。幸せで笑顔の絶えない歯科医院を気の合うスタッフ、気のおけない患者と作り上げましょう

 

 

肚落ちしやすいように組んでみました

 

13:00〜 【近 義武】

歯科医院経営指南 Part.1
利益がアッという間に3倍に!『超速上昇スパイラルに乗せる鉄板法則』

〜利益倍増のためにこれだけは知っておきたい

「歯科医院経営の全体像」と「超速上昇へのfirst step」〜

 

 

13:30〜 【中原 維浩】

『待合室から100万を生み出すセルフケアグッズ指導』

 

〜物販が歯科医院経営にもたらす影響(続編)〜

 

 

15:30〜 【近 義武】

歯科医院経営指南 Part.2
利益がアッという間に3倍に!『超速上昇スパイラルに乗せる鉄板法則』

〜超速上昇スパイラルにおける既存患者の生み出す利益〜

 

 

16:30〜 【近 義武 × 中原 維浩】

質疑応答・対談

 

 

17:30〜 【近 中原 希望者】

懇親会

希望者は参加費 ¥5,000 です。

セミナーでは話しにくい講師の本音や答えにくい質問にもズバズバお答えします。

 

 

気になる参加費用ですが…

 

 

正直、月の売上が7桁プラスされるノウハウをお伝えするこのセミナーに、あなたならいくらの価値を感じるでしょうか?

 

ここで少し、あなたがこれまで導入してきた機器やシステムを考えてみて下さい。いったい何ヶ月で元が取れる設定だったでしょうか?

ズバリ、『うまくいって半年で回収可能』なら超優良な投資と見込んで導入してきたはずです。

 

ならば今回のセミナーはどうでしょう。うまくいって毎月売上100万円以上なら、その半年分としても600万円の価値があることになります。仮に利益だけで考えたとしても粗利を2割(つまり仕入れ値8割)としても半年分で120万円の価値ということになります。

 

なので今回のセミナー参加費は120万円!と言いたいところです。しかしこれは個別のセッションではなくセミナーで、参加者20名ほどを前に一気に講義を行います。そのために伝授する我々の手間や時間が大幅に圧縮できます。

 

さらに、経営を真剣に考えていただいている方に参加していただきたいという2人の想いなどから、120万円の10分の1、12万円にさせていただきます。

 

これでも高額にお感じでしょうか?しかし、費用対効果としてはどうでしょう?決して高くはないはずです。

 

実際に「費用が高い」というのはかかった費用に対して効果が低かった場合のことです。10,000円の費用をかけて8,000円分の効果しかなければそれは「高い」ですし、500万円の費用をかけても800万円分の効果があればそれは「安い」ということです。

 

確かに中原先生と全く同じことを最初からできるはずもないとは思います。それでも、月100万円の約10分の1、10万円くらいの成果を出すことはそれほど難しいことではありません。

 

そうなればこのセミナー参加費のほとんどは1ヶ月で回収してしまえるということです。

少なくともこの文章をここまで熱心にお読みいただける方なら、その可能性はすこぶる高いと私は思います。

 

さらに、今回はスペシャルボーナスを用意しました。

 

 

スペシャルボーナス

 

(1)メールコンサルティング権

  • セミナー終了後 6ヶ月間 無制限

講座の内容について、また実践した際の疑問や質問について無制限にメールにて受付けます。

セミナーは一方通行になりやすいものですが、学んだノウハウ・ドウハウを不安を感じることなく実践していけます。

 

このような無制限のメールコンサルティングサービスは、通常であれば毎月3万円を請求しております。

今回は6ヶ月間となりますので18万円相当ということになりますが、これを無料で提供いたします。

 

 

(2)復習用動画

 

セミナー当日に撮影した動画を編集し、復習用にいつでも見られる状態で参加者だけに公開いたします。このような動画はハイライトのみを抜き出して、DVD等に加工して販売するのが通例です。金額的には5万円ほどでの販売となるでしょう。

 

こちらも無料で特別公開いたします。(学んだノウハウ等を確実に実践していただきたいので、こちらの公開もセミナー終了後6ヶ月間とします。)

 

 

今回に限り

 

これらのスペシャルボーナスを特典としてすべて無料でおつけします。ですので、

 

毎月7桁を売り上げるノウハウの価値:   ¥1200,000  

メールコンサルティング権:¥3,0000 x 6ヵ月:   ¥180,000  

復習用動画:                 ¥50,000  

 

実に、¥1,430,000相当となります。

しかし、先ほどお話しした通り、今回は個別セッションではなく「セミナー」です。真剣で積極的な方に参加していただきたい・・・

熟慮の末、この「セミナー」には¥69,980 で参加可能といたしました。

 

 

ところで、

 

私はあなたにとても感謝をしています。なぜなら、ここまでこのレターにお付き合いいただいたからです。

そのお礼と、勉強熱心であることが間違いないあなたなら、このプログラムでもしっかりと成果を出していただけるであろうとの期待を込めて、さらに大幅に値引きをさせてもらいます。

セミナー参加費用を¥30,000にいたします。

 

条件は最後までセミナーに真剣に参加していただき、内容に関するアンケートにお答えいただくことだけです。

 

今回の参加費でこの内容のセミナーに参加できる機会は、たぶん最初で最後になるではないかと考えてます。同じ内容でセミナーを開催するにしても参加費用は相当高くなることでしょう。

 

そもそも次の機会がうまく作れるかもはなはだ心もとない状況です。何しろ講師が2人ともスケジュールが相当タイトです。好評なら第2弾、第3弾と回を重ねるのが普通ですが、正直いつになるかわかりません。

 

ですので、物販を7桁まで伸ばしたいと感じる方は、ぜひこの機会にご参加ください。

 

 

 

ただし、このような方は参加できません

 

ここであらかじめお伝えしておきますが、このセミナーに参加を希望されても、全ての方が参加できるわけではありません

 

メールコンサル等のボーナス特典の品質を一定以上に維持していくためには、人数をある程度制限しなくてはならないのです。無制限に人数を増やしてしまうと私のキャパシティを越えてしまいます。

 

しっかり成果を出していただくためにも参加人数は20名までとさせていただきます。お申込み多数の場合には先着順とさせていただきます。

 

満席によりお断りする可能性もございますので、受講をご希望の方は早めのお申し込みをオススメいたします。

 

 

 

お願いがあります

 

このような状況ですので、プログラムに従ってしっかり行動しようという気のない方、ノウハウだけに興味がある方、教材が手元にあるだけで満足な方などは貴重な席ですので、この際、お申し込みはご遠慮下さい。

 

 

よくある質問にお答えします

 

Q1 お金の用意ができないかもしれないのですが、救済方法はありますか?

A1 開業していてこの金額が捻出できないなら根源的な問題がありそうです。

   無料相談所などを探すべきです

 

Q2 領収証は医院名で発行してもらえますか?

A2 はい。領収証は医院名にての発行が可能です。サポートまでご連絡ください。

 

Q3 診療でいつも忙しくて、導入ができるか不安です。

A3 物品販売の主役はスタッフです。忙しいドクターにこそ

   導入をオススメする仕組みです。

  

Q4 経営の知識・スキルがないと役に立ちませんか?

A4 学びながら実践して身につければ大丈夫です。

 

 

 

判断の材料は全てお渡ししました

 

まとめてみましょう。

 

近と中原の秘密の勉強会
ここでしか話さない内緒な話

〜物販だけで毎月7桁売り上げる ABCマート式 win-win歯科経営術〜

 

セルフケアグッズの指導ならびに販売を軸にしてあなたの歯科医院を活性化する方法を学びます。これによって収益性の向上、患者の意識改革、あなたの歯科医院へのロイヤリティ(忠誠度・信頼度)のアップなどの好循環を実現します。

 

直接・間接的に『売上・医業収益』を上げるには…

さらに『予防歯科を構築』して既存患者を囲い込むには…

『スタッフの教育・定着』を実現するには…

 

物販だけで毎月7桁売り上げるABCマート式win-win歯科経営術

 日時:平成29年3月19日(日)  13時〜17時

 場所:東京   

  (会場の詳細は申込者のみにお知らせします)

 講師:近 義武  中原 維浩

 席数:20 残り7席       歯科医師が監修する経営セミナー

 

 

無料スペシャルボーナス

 

 メールコンサルティング権  (6ヶ月)無制限         18万円相当

 復習用動画  参加者限定のシークレットサイトにて限定公開     5万円相当

参加費用:¥120,000

    今回限り特別価格¥30,000

 

 

 

行動するべきときが来ました

 

正直に言って、これはかなりお得なオファー(提案)です。この機会を逃さずに、今すぐ申し込んで下さい

 

現在のあなたは過去のあなたの決断と行動からできています。将来のあなたは現在のあなたの決断と行動次第です。

 

 思っているだけでは何も変わりません。将来をかえるチャンスです。今回以上に有利なオファーは今後ありません。

 

あなたのお申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

講師  近 義武 プロフィール

 

写真(2013-07-10 10.54)

 

株式会社 120% 代表取締役

Intellectual(インテレクチュァル)代表

ヨシタケ歯科診療室 院長

歯科医師

 

 

 

 

 “患者の来院頻度の最大化・最適化およびその継続による高収益安定経営”に特化し、歯科医院の院長をサポートして業績アップに導いてきた『幸せドクター養成コンサルタント』

 単なる売上げアップではなく、いかに院長の手元に利益を残すのか、働く時間を減らして院長の時給とステイタスを高めていくのか、そこにこだわりを持っている。

 

 本人自身も歯科医師として長年臨床の現場に立ち、また院長として歯科医院経営の指揮をとってきており、医療従事者と経営者を同時にこなす葛藤をイヤというほど経験してきた。

 従事者1人あたりの収益2千万円超えの実績と経験を役立たせるべく、請われて始めたコンサルティングに充実感と使命感をいだくようになった。

 

 厳しい医院経営の現状と、世間の持つ「金持ち歯科医師」のイメージとのギャップ…、患者やスタッフにふり回されて、思うような診療ができない悔しさ…、それでも矜持を持って診療を続ける、ある意味孤独な院長先生の一助となりたい…。

 開業医はもっと報われてイイはず…、ドクターの社会的地位を引き上げたい…、真面目で腕のいい歯科医師こそ成功してほしい…、幸せで愛されるドクターになってほしい…。そんな強い思いから現在は、コンサルタントとしての活動に重きを置いて取り組んでいる。

 

特に、歯科医療の特殊性をふまえた、

・歯科医学的妥当性を保ちながら患者の来院頻度を最大化するステップ構築
・患者心理に基づいた信頼構築からのファン化と院長ならびにスタッフのステイタスアップ

・売り込まなくても高額診療の成約率が上がって、しかも患者には感謝される仕組み作り

などを得意としている。

 

論理的な分析に加えた独自の視点から導かれる問題点の抽出と、その問題を解決するために

誰もが実行可能なノウハウ・コンサルティングには定評がある。

 

ちなみに社名Intellectualは『自ら得た知恵』という意味。

自分自身の価値観に従って、人生も診療も選択できる自由を獲得する知恵を提供します。

長野県生まれ 東京教育大学(現筑波大学)付属中学校、同高等学校卒業 
1989年  日本大学歯学部卒業(歯学士取得) 
1997年  東京都江東区にてヨシタケ歯科診療室開設 

2012年  Intellectual設立
・ 日本歯科医師会会員 

 

 

 

 

講師  中原 維浩 プロフィール

 

 

 

医療法人社団 栄昂会 細田歯科医院

院長

歯科医師

 

 

 

 

日本顎咬合学会認定医
国際口腔インプラント学会認定医
日本歯科人間ドック学会認定医
日本歯科アンチエイジング学会認定医
Aso Alirner 認定医(透明なマウスピース矯正)
歯科医師臨床研修 指導医
神奈川県歯科医師会口腔癌検診協力医 認定
日本元気きれい医歯学研究所 食育アドバイザー

所属
日本歯科医師会
東京都歯科医師会
葛飾区歯科医師会
国際先進学際歯科学会(IAAID)
日本顎咬合学会
日本歯科アンチエイジング学会
日本口腔インプラント学会
国際口腔インプラント学会
研修・セミナー受講経歴
筒井塾咬合療法研究会 修了
日本スポーツ歯科医学会認定 SHPDent.かながわ(マウスガード・OSAS) 修了
ニューヨーク大学 卒後研修コース 修了(インプラント学、審美補綴学)
UCLA CDE コース 修了(歯内療法学、保存修復学、審美補綴学)

講演歴
2016年 フォーユメディカル株式会社主催セミナーにて講演
合同会社デンタルソリューション主催セミナー

  「10名の講師による歯科医院経営者&事務長お役立ちセミナー」にて講演

 

著書
オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2
ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア 術後管理編

(クインテッセンス出版)✳︎協力者として

 

治療のモットー
患者さまにとって最良の治療をすること
患者さまときちんとコミュニケーションをとること
患者さまが何でも相談しやすい雰囲気をつくること

 

休日の過ごし方
最新の治療技術を学ぶために研修会に参加することが多いです。また、最近では歯科医師や歯科衛生士向け講演会の講師をさせていただくことも多くなりました。

 

趣味
バスケットボール
読書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

Copyright (C) 2017 Intellectual All Rights Reserved.

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください