あなたを便利屋扱いする患者をあなたのファンにするには…?

権威を高めてファンにする

 

痛いときや取れた時にしか来ない患者が多い…
愚痴っぽく聞かされることがあるセリフの1つです。

 

こういう院長に共通しているのは
「来てくれてはいるが、ファンになってはいない」
そういう患者が多いことです。

 

人はファンになった人を便利屋扱いしたりはしません。
必要だと説明された治療は最後まで受けるでしょうし、
メンテナンスや検診に通うようアドバイスされたなら
概ねそれに従うでしょう。

 

ここで問題となるのは、あなたがただ望んだだけでは
「患者の誰もがあなたのファンになってくれはしない」
ということなのです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
集患、自費率向上、予防歯科の確立をブランディングで実現する、
ブランド歯科医院構築・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

患者をあなたのファンにする

 

そう簡単には患者はあなたのファンにならない…
このハードルを天賦の資質というか個性で、
苦労なく超えている院長もおいでになります。

 

カリスマ性や人を引き付ける魅力として備えている…
話術やキャラクターで持っている院長もいます。

 

持っている院長にとっては当たり前のことなので
他の院長にはできない理由がさっぱりわからないはずです。
わからない以上、他の人へのアドバイスはほぼできません。

 

ある意味、よくある例えですが、
天才の感性は天才にしかわかりません。
長嶋茂雄さんの指導が有効なのは一握りの天才だけです。

 

では持っていない凡人や、持っていても量が足らない院長は
患者をファンにする事自体をあきらめるべきなのでしょうか。

 

いいえ、そんなことはありません。
確かに天賦の資質そのものを伸ばす事は難しいかもしれません。
直接的に伸ばせれば、楽に「患者をあなたのファンにする」ことが
可能でしょうが相当な無理筋のように思います。

 

しかし「間接的に」であれば
「患者をあなたのファンにする」力を増大させることはできます。
その「間接的」な方法は細かくはたくさんありますが、
おしなべて「あなたの本当の価値を患者に伝える」ことになっています。

 

言い方を変えるなら。
あなたやあなたの歯科医院の価値が患者に伝わっていないから
患者はあなたのファンになっていないのであり、
結果として便利屋扱いされてしまうということです。

 

今回は「あなたの本当の価値を患者に伝える」手法のうち、
最も簡単にできるものに1つ「権威性の活用」について話します。

 

権威を活用してあなたの価値を伝える

 

もともと人は権威に弱いものです。
日本人はその傾向が強いという話もあります。
「権威」の関係者であるだけで自分自身の権威性が上がる感情も働きます。

 

現在は凋落気味ですが「歯科医師」には職業としての権威があります。
しかし、「他の歯科医師に比べて」より高い権威となると
なかなか身に備えることはできません。

 

しかし、少しでも備えているなら活用しない手はありません。
また、これから備えようとするなら活用しやすい「権威」、すなわち
患者にわかりやすい「権威」が活用も楽で効果的です。
患者に比較的わかりやすい「権威」は以下の3つになります。

 

患者にわかる権威性 1つ目  『著名度・高名度』

マスメディアへの露出、出版、講演、取材などによって
有名歯科医師になる、という事で権威を高めます。

 

こちらはかなり強力です。
中でもマスメディアへの露出は「患者をあなたのファンにする力」を
一夜にして一変させるパワーがあります。

 

ちょっとTVに取り上げられて患者が押し寄せる・・・
よくある話しだったりします。

 

これは「プラス」だけでなく「マイナス」にも限度なく働きます。
急激な変化への対応を誤ると、多少のプラスなどすぐに吹っ飛ぶほど
マイナスを被ったりもします。

 

自分の持っている武器はしっかり使うべきですし
マスメディアへの露出も禁止する気はありません。
行うならクロスメディアで行うとさらに効果的です。

 

しかし「権威」にはどれも諸刃の剣的なところがありますので、
十分注意をして下さい。

 

患者にわかる権威性 2つ目 『肩書き・役職』

○○大学教授、××病院口腔外科部長などの高い地位や立場にとって
他の歯科医師にない権威性を高めます。

 

我々歯科医師同士であれば、当然権威を感じる地位であっても、
患者にとって理解できない地位も存在します。

 

理解できなければ権威も感じませんから
説明する機会を設けたり、情報発信をしたりする必要があります。

 

患者にわかる権威性 3つ目 『公認・認定・受賞』

○○協会公認、××学会認定医など各種団体による評価によって
あなたの権威性を高めます。

 

患者にとっては1つ目、2つ目よりもわかりにくい権威性です。
学会や教会勉強会などの内実・実力がわからない…
指導医、専門医、認定医などの位置付けや希少性がわからない…

 

歯科医師同士であればそのドクターの実力をなんとなく推し量れますが
患者にとってはそのヒントすらつかめないのが実情でしょう。

 

これは、留学経験やcertificateも同様というか、
さらにわかりにくいものの可能性が高くなっています。

 

 

活用できる「権威」を持っているのに
活用しきれていない院長がたくさんおいでになります。

 

持っているだけではその価値が患者には伝わりません。
あなたの価値を「権威」を用いて高めたいなら
「患者へのわかりやすさ」は特に重要です。
伝え方を十分に考慮してください。

 

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

「権威」にはどれも諸刃の剣的なところがあると述べました。
十分な注意が必要であるとも…

 

「権威」中でもマスメディアの活用には、特にある認識が必要です。
それはどんな認識でしょうか?

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform9.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  https://120percent-inc.com/contact/

※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。
もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください