「経営」「お金」「利益」に対するメンタルブロックを外そう

メンタルブロックを取り除く

今更あえて言うことでもありませんが、
「日本はなんて平和で穏やかな国なのだろう」
と思うことがあります。

 

世界のあらゆる地域で紛争は今も続いています。
ニュースにならない日が珍しいくらいです。
それなのに我々は、特に切実な気持ちにはなれません。
実感がなくて、遠い異国の話として聞き流してしまいがちです。

 

かく言う私もそういう典型的な日本人の1人です。
でも同時に「日本人はそういう傾向にある民族なのかな?」とも思います。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
歯科医院、クリニックの集患・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

いつもとテイストが違う文面で始めましたが、まぁ聞いてください。

海外のメディアが東日本大震災の惨憺たる状況の取材に訪れて
「日本人の傾向」として驚いたことがあります。
それは、あのような状況で暴動や略奪が起こらなかったことです。

 

どこに驚く点があるのかと思いませんか?
私たち日本人にとっては??で、よくわからないですよね。

 

あの状況から暴動とか略奪なんて日本人にはちょっと考えられません。
まぁ、「火事場泥棒」程度は起きてしまいましたが…
それだけでも大多数の日本人は相当憤慨したはずです。

 

しかし海外では、
日頃の不満のぶつけ先をいつも探しているような人たちが
かなりの割合で存在しているのです。

 

そういう人たちは、天災でも人災でも
小さなことをきっかけにしてすぐに暴走します。

 

ある国では日系企業が襲撃され、建物の損傷、設備の破壊、
商品の強奪などが発生して街並みまでめちゃくちゃにされました。

 

また別の国では100万人単位の破壊的行動を伴うデモが
あっという間に発生して民衆が大暴れしたりします。

 

それに比べたら日本のデモなんてかわいいものです。
なにしろ警察に守られながら粛々と歩いているだけですからね(笑)

 

昔はどうあれ、今の日本人のマインドは、世界標準に比べて
大多数が平和的で礼儀正しいと言えるでしょう。
平和的な民族なのは一部で弊害もありますが、概ね「良い」ことです。

 

しかし、歯科医院経営は平和的なだけでは立ち行きません。
なぜなら、残念な事に日本は資本主義国家だからです。

 

資本主義の国での「経営」

 

資本主義においては、経営する事とは成長する事であり、
成長しなければいずれ淘汰され、退場を余儀なくされてしまいます。
このことは、厳然たる「資本主義社会のルール」なのです。

 

ならばまずは、『日本が資本主義の国である』と認識する事、
そして、『お金を得てイイ、むしろ得なくてはならない』と理解する事です。

 

「お金の事を考えるのは良くない事・恥ずかしい事」
「お金は後からついてくるモノであって自ら求めるものではない」
「そもそもお金の話を人前でするものではない」

 

なんていうメンタルブロックは
今すぐどこかに捨ててしまった方がマシと言う事です。
乱暴に聞こえるかもしれませんが、それが資本主義です。

 

資本主義の国で生活をし、資本主義の国で経営をするなら
資本主義のルールに従った方が生きやすいからです。

 

歯医者だって稼いでイイのです。
お金の事を考えてイイのです。儲けてイイのです。

 

そこから直さないと、
メンタルブロックを持ったまま、どんな経営スキルを重ねても
経営はいずれ必ず頭打ちになります。

 

周りの人の目を気にする必要もありません。
スタッフ、患者、他の歯科医師…
気にせず真っ当に稼いでください。

 

どうしても気になるなら、
稼ぎ方や稼いだお金の使い方を気にすればいいのです。
稼ぐ事自体は資本主義では正義です。

 

適正な診療報酬としてきちんと稼ぐことに
後ろめたさを感じることは微塵もありません。

 

あなたの技術の向上や、設備の更新、機器の導入などを通じて
稼いだ利益を患者に還元しましょう。

 

労働条件や職場環境を改善・向上して
スタッフにも分け与えましょう。

 

協力してくれている外注先や取引業者に
何らかの形でいい目を見せてあげましょう。

 

お金なんて所詮は豊かさを創出する道具にすぎません。
正当な仕事で得た利益を、あなたのお世話になっている方々に
還元するような使い方を続けていくことです。

 

あなたもあなたの家族も豊かになれば
明日の診療への意欲も意識も高まります。

 

資本主義の国では、
お金はあなたの人生に彩りを与えてくれます。
不幸を未然に遠のけてくれます。

 

もっとお金の事を好きになってください。
お金も「好きだ」と言う人の周りに集まってくるモノです。
気持ちよくお金の事を考えましょう。

 

そして、歯科医院の経営も堂々と行ってください。
稼いで申し訳ない気にならないでください。
まずあなたが豊かになって、周囲に再分配してください。

 

投下した資本は回収するべきモノ

 

歯科医師であるあなたには、
平均的サラリーマンよりもずっと高い所得を得るチャンスも、
そうなる義務もあります。

 

あなたがこれを読んでいるということは、
開業なさっている可能性が高いことでしょう。
開業していればなおさらです。

 

高い志を持って開業したわけですから
所得の面でも志に見合ったものを得るべきです。

 

その理由はあなたが既にリスクをとっているからです。
何しろ「開業」の段階で、歯科大学の学費、開業資金、
それまでに費やした時間など多くのモノを投下しています。

 

すなわち、あなたは失敗してしまうリスクをとって
これらを投下しているという事になります。

 

国家試験に合格した段階で「歯科医師になる」という
最低限の課題はクリアできています。

 

資本主義的な次の課題は、投下した資本を回収して
より大きなリターンを得ることになります。

 

リスクに見合ったリターンを目指すことは
起業家、開業医として当然のことなのです。

 

そして資金、その他を投下した以上、
それを上回るリターンを得る事は
資本主義においてはもはや義務です。
こちらの課題もぜひクリアしていただきたいと考えます。

 

あなたには収益を上げ、高い所得を受け取ってもらいたい…
そのためにもしっかりと経営に取り組んでもらいたい…
優秀なあなたには十分可能な事ばかりです。

 

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

日本人的文化の1つでもあるのですが
「お金を儲けることに対する罪悪感」「メンタルブロック」が
相当強く無意識下で常時発動しています。

 

こうなってしまっていることには
ある理由が隠されているのですが
その理由とはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

https://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

 https://120percent-inc.com/contact/

この記事の執筆者

近 義武
近 義武(株)120%代表取締役
こんにちは、近 義武です。
繁盛歯科医院を院長として切り盛りした実績と、マーケティングマニアともいうべき豊富な知識をもとに、歯科医院経営コンサルタントとして院長先生のサポートをしております。経営に役立つ情報を様々な角度からお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください