繁盛している歯科医院の舞台裏の実態 ①〜選ばれる歯科医院とは〜

主導権

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院の院長が

「こうありたい」と願うことの1つに

『患者にもっとたくさん来院してほしい』

という思いがあります。

 

 

医業収益を上げるためには患者が必要ですから

「患者数の増加」を願うことに異論はありません。

 

 

“近”も「患者数の増加」の

アドバイスを求められることは多いですし、

色々な手段を講じて努めている院長もたくさんおいでです。

 

 

アポイントが毎日ほぼ埋まっていて

院長であるあなたは診療時間は治療に専念し、

待合室には常時患者が待っている…

 

 

一見、活況を呈しているこういった歯科医院は

ファンの患者もたくさん付いていて、

さぞ収入もあるのだろう!

 

 

というように見えてしまいがちですが、

実は90%以上の院長の実質的な懐具合は

そう余裕のあるものではありません。

 

 

なぜなら、

そこでは歯科医院経営をする際に

院長が絶対にしてはいけないことを

実はしているからです。

続きを読む

情報発信に必要なのは、実は文章力ではない

copywriting

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

“近”のブログやメルマガをお読みの方はご存知のことですが、

まぁまぁの頻度で記事を更新し続けています。

 

 

テキストだけでなく、動画なども含めると

それなりの量の情報発信になっていると思います。

 

 

“近”が開催するセミナーや勉強会に参加して

初めてお会いする方によく言われることがあります。

 

 

「よくネタがつきませんねぇ」

「辞めたいと思ったことはないんですか?」

 

という『書き続ける系』のことの他にあともう1つ、

 

 

「読みやすい文章ですね」

「そう、その通り!ってよく思います」

 

という『よくわかる・共感系』のことです。

 

 

この辺りは一般的な感想ですし

言われて嬉しいことでもあるので、素直にお礼を言ったり

気をつけていることを話したりの返答をします。

 

 

でもたまに、こんなことを言う方がいます。

 

 

「患者を集める文章もそうやって書いていたんですか?」

「あれだけ書ければ患者さんにもウケるでしょうね」

続きを読む

経営に活かす患者心理 その40 アフォーダンス理論

ドアオープン

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「笑う」ことはストレスなんかを吹っ飛ばしてくれますよね。

“近”は気が向くと時々寄席に出向いたりもします。

 

 

ちょっとレトロな空間で

こちらを一生懸命笑わせようとしてくれる芸人さんに接するだけでも

結構いい気分になったりするものです。

 

 

落語には伝統的な演目が数多く存在していて

演者によってその違いを楽しむのは

クラッシック音楽や古典芸能でもおなじみです。

 

 

コントや漫才などはどちらかというと

「鮮度」みたいなものが重視されます。

新作を次々と創作するのは大変でしょうが

見ているこちらは楽しいばかりです。

 

 

笑いのツボをうまいこと刺激されて

大笑いして帰途に着けば

日頃の鬱憤も霧散しようというものです。

 

 

そんな寄席に限らず、TVやネット配信のお笑い番組でも

いわゆる『ベタな笑い』に遭遇することがあります。

続きを読む

インターネットから集患するなら2つの系統を理解しよう

ネット集患

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

インターネットを活用して患者を集めることは

歯科の業界でももはや当たり前のことになってきています。

 

 

しかし、それがうまくいっている歯科医院は

ごく一部に留まっています。

 

 

実際にネット集患に成功している歯科医院は

『見つけられる』ように様々な仕掛けや努力をしているのです。

 

 

そしてその仕掛けや努力というのは

大きく2つの系統に分けられます。

 

 

1つはお金をかけるもの

もう1つは手間や時間をかけるものです。

 

 

『えっ?ホームページを作る時に

お金も手間も時間もかけたんだけど・・・』

 

 

そう感じた院長も多いのではないでしょうか。

でも残念ながらそれはスタートラインに

並ぶためのコストです。

 

 

そこから患者に『見つけられる』ようにするには

さらなるコストが必要なのです。

続きを読む

あっという間に成功する歯科医師の『違い』とは?

成功スピード

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

多くの歯科医師の方にお会いしていると

「この人は成功まで早そうだな」と思える方と

そうでない方との違いがわかってきます。

 

 

いくつかそういうポイントはあるのですが、

その中のひとつを今日はお伝えしましょう。

 

 

 あっという間に成功する歯科医師はここが違う

 

これからあなたにたった1つだけ質問します。

あなたはその質問になんと答えますか?

 

 

【質問】

あなたはあなた自身のことを

どんな人物だと思っていますか?

続きを読む

以前は正しかったが今では間違いになってしまった歯科経営の常識

変わってしまった常識

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院を経営していく際に、

以前ならそれが正解だったけれど

今では間違いということがあります。

 

 

以前は正解だったからこそ

先輩歯科医師の話を鵜呑みにして

あとで大変な思いをする院長が後を絶ちません。

 

 

先輩としては正しいと信じていることを

アドバイスしているのですから

悪気がないこととはいえ、ひどいものです。

 

 

その

「正しいことから間違いに変わってしまったこと」とは

一体何なのでしょうか?

続きを読む

歯科医院のホームページで患者を集めるためのたった1つのマストポイント

目的の明確化

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

あなたの歯科医院のホームページの目的はなんですか?

 

 

多くのの院長は“患者を集めるため”に

作られているとは思います。

 

 

しかし、今回の質問は、

『患者を集めるために、どうやってホームページを活用しますか?』

という意味です。

 

 

「みんな作っているし、

患者を集めるために大事だと言われたから作った」

 

 

なぜかこの程度の認識しか持っていない院長がたくさんいます。

でも、これは大間違いです。

続きを読む

使えないスタッフを少しでも使えるようにする4つのアプローチ

使えないスタッフ

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

あなたは使えないスタッフに困らされていませんか?

 

 

もっと優秀なスタッフが来てくれるものなら

すぐにでも入れ替えたいけれど、

なかなかそんな人材は応募してこない…

 

 

いないよりはマシ程度だけれど

それでも辞められてしまうとそれはそれで困る…

 

 

歯科医院の院長をしていれば、

多かれ少なかれスタッフに不満はあるものです。

 

 

必ずしもスタッフみんながみんな、

あなたに協力的で能力がある…というわけにはいかず

使えないスタッフを雇わざるを得ない場合もあるでしょう。

 

 

『使えないスタッフのせいでストレスが溜まる一方!』

『医院の評判が落ちはしないだろうか…』

『使えないスタッフばかりで業績も頭打ちだ!』

 

 

こんな愚痴はそこら中の院長から聞こえてきます。

しかし、愚痴ばかり言っていても使えないスタッフは

いつまでたっても使えないスタッフのままです。

 

 

ある日突然使えるスタッフに生まれ変わったりはしません。

そんな使えないスタッフを少しでも成長させ、

何とか使えるスタッフに育て上げる方法を考えてみましょう。

 

 

そして、スタッフだけでなく、あなた自身の

「教育力」「リーダーシップ」などの成長にも繋げられるなら

誰も損をする人はいないはずです。

続きを読む

考え方があなたを変える、わかりやすい「4つのモデルケース」4

投資家

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

どんな人でも以下の4つのタイプのどれかに属して

お金を生み出しています。

 

 

 

E             Employee(従業員)

S             Self Employee(自営業者)

B             Business Owner(ビジネスオーナー)

I               Investor(投資家)

 

 

これを「キャッシュフロークワドラント」

と呼んでいます。

 

 

そして、どこに属しているかで

考え方も得られる結果も違ってきます。

 

 

歯科医師に当てはめてみると、基本的には

勤務医はEmployee、開業医はSelf Employeeです。

 

 

法人化していてもBusiness Ownerになっている院長は

それほど多くはありません。

 

 

今回はビジネスオーナーと同じく

「時間の自由」が得られるモデルである

Investor(投資家)についてが中心です。

続きを読む

考え方があなたを変える、わかりやすい「4つのモデルケース」3

社長

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「キャッシュフロークワドラント」

について話しています。

 

 

どんな人でも以下の4つのタイプのどれかに属して

お金を生み出しています。

 

 

 

 

E             Employee(従業員)

S             Self Employee(自営業者)

B             Business Owner(ビジネスオーナー)

 I             Investor(投資家)

 

 

そして、どこに属しているかで

考え方も得られる結果もまるで違ってきます。

 

 

歯科医師に当てはめてみると、

勤務医はEmployee、開業医はSelf Employee、

となります。

 

 

ただしどちらも「時間の自由」という点に関しては

限界があるビジネスモデルとなります。

 

 

今回は

「時間の自由」を得られる可能性の高い

モデルの話となります。

続きを読む

考え方があなたを変える、わかりやすい「4つのモデルケース」2

Self-Employed

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「キャッシュフロークワドラント」

について話しています。

 

 

どんな人でも以下の4つのタイプのどれかに属して

お金を生み出しています。

 

 

 

 

E             Employee(従業員)

S             Self Employee(自営業者)

B             Business Owner(ビジネスオーナー)

I               Investor(投資家)

 

 

そして、どこに属しているかで

考え方も得られる結果もまるで違ってくるので、

あなた自身でそのことを理解しましょう!

ということを前回話しました。

続きを読む

考え方があなたを変える、わかりやすい「4つのモデルケース」1

Cashflow

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「いつも一生懸命働いているのに手元にお金がない」

「治療自体は楽しいけど、将来には漠然とした不安がある」

 

 

あなたはこんなことをふと感じたことはありませんか?

もし少しでもこういったことを感じているのなら

今日の話はそこから抜け出すヒントになるでしょう。

 

 

今の日本は昔と違って、年金等によって

我々の将来の面倒を見てくれる事はありません。

これは歯科医院の院長でもサラリーマンでも同じです。

 

 

・自分で用意しなければ歯科医師に退職金はない

・貰える年金の額は今後ますます少なくなっていく

・日本国は借金まみれで税金や社会保険料は上がっていく

 

 

ちょっと日本経済に現状や

あなた自身が置かれている状況を考えると

これくらいのことは容易に想定できます。

 

 

いわゆる金銭的・経済的な不安を解消するためには、

特に歯科医院の院長であるあなたは

まず、『お金を稼ぐ』方法の違いによる4つの生き方を知り、

将来どうなりたいかを決める事が重要です。

 

 

このことは日本でもベストセラーになった

ロバート・キヨサキ氏の著書で書かれていることです。

 

 

“近”はロバート・キヨサキ氏のことは

好きでもなんでもありません。

どちらかといえばむしろ嫌いです。

 

 

ただ、「お金に対する考え方」としてはわかりやすいので

知っておいて損はないことの1つと捉えているだけです。

 

 

例の「金持ち父さん…」も特にオススメしませんが

興味のある方はブックオフなどの中古本でも

さらっと読み飛ばす程度で十分です。

 

(参照:「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」)

 

 

歯科医院を経営しているあなたには

経済的にも時間的にも自由になれる道があります。

ただ、それに気付けなかったというのは避けて頂きたい。

 

 

この類の本を読む気になれない方は

せめてこの記事を参考にして頂ければと思います。

続きを読む